検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

「第34回横浜開港祭2015」当日の様子をレポート!

ココがキニナル!

5月30日(土)、31日(日)、6月2日(火)に開かれる「第34回横浜開港祭2015」の様子はどんな感じ?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

昨年と同様、天候に恵まれた初日は大にぎわい! 横浜らしい海の魅力だけでなく、各地の食べ物などもあり、幅広い世代が楽しめる!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

港に感謝を!



「THANKS TO THE PORT~市民が創りあげた国際港都(こうと) みんなで祝おう誕生祭~」をテーマにした「横浜開港祭2015」が、5月30日(土)に横浜市西区みなとみらいの臨港パーク周辺で始まった。「横浜開港祭2015」は5月31日(日)と6月2日(火)も開かれる。

横浜で海外との自由貿易が始まった1859(安政6)年6月2日は、いわば「横浜の誕生祝い」であり、会場には市内外から多くの人が足を運んだ。
 


多くの来場者が足を運んだ横浜開港祭の会場
 

初日の30日に行われたオープニングセレモニーには、横浜広報親善大使を務める「でんぱ組.inc」と「横浜開港祭親善大使」が登場。横浜青年会議所の中村健悟さんが「皆さんの支えで34年続けられた。横浜と共にこれから先も50年、100年と続く祭りにしたい」とあいさつし、華々しく開幕した。
 


華々しく開幕した「横浜開港祭2015」
 

会場は「マリンイベント」「ランドイベント」「ステージイベント」に分かれていて、それぞれのステージでさまざまな催しが開かれた。

なかでも人気だったのが、1回100円でエンジン付きゴムボートの操縦体験ができる「スーパーキッズ操縦体験」で、子どもたちは専門の運転手に付き添われながら、船長気分で横浜湾内のクルーズを楽しんだ。
 


 

湾内クルーズを楽しむ子どもたち
 

福島県の水族館「アクアマリンふくしま」が移動式トラックで運んできたヒトデや魚などが入ったタッチプールでは、直接魚や海の生き物に触れられるということもあって、大盛況。
 


まるで水の中に住んでいるよう!
 

さわれたかな?
 

毎回好評で、6回目となる「Yokohamaスウィーツパラダイス」は開始の午前10時前から行列。今年は横浜と石川県を舞台にしたテレビドラマが放送されていることもあり、石川県からの応援も駆けつけ、開始1時間を過ぎることには完売するブースもあった。
 


 

趣向を凝らしたスイーツがいっぱい!
 

「のと里山空港キャンペーンレディ」も登場!
 

会場にはスイーツだけでなく、フードも目移りするほどたくさんある。
 


フードブースは大盛況!
 

ありあけのハーバー
 

岩井の胡麻油
 

横浜ベイブルーイング
のビールも!