ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    https://www.youtube.com/watch?v=wc4QEcHKgCUこちらの動画で見たのですが、首都圏の中で神奈川県警の「遺体の取り扱い方」がかなり違法性が高く、死亡診断書等遺族への...

    とくもりさん

    三浦のほうで、駆除対処になってた迷惑ウニに廃棄野菜あたえたら食べられるようになったらしいです。実際、味はどうなんでしょうか?商品化したらウニを安く食べられるようになるんでしょうか?気になります

    ykmrcさん

    横浜を代表するヒップホップアーティストのサイプレス上野さんがプロデュースしているというミュージックバー「what's good」が戸塚駅近くにあるようです。店は2階にあるようで、外からはどんな感じなの...

    ねこみくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月23日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
5位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
6位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
7位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
弘明寺の謎の店「弘明人」でうっかり絶品カレーを食してびっくり!
10位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
11位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
12位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
13位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
14位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
15位
横浜では絶滅危惧種!? 「たぬきケーキ」を探せ!
16位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
17位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
18位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
19位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
20位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
21位
一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
22位
鎌倉の市境にある大船駅笠間口の再開発事業の進捗は?
23位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
24位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
25位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
26位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
27位
「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえないって本当?
28位
【編集部厳選】マシマシで! 「26日」だから「二郎」の日!
29位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
30位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

岩井のごま油をロスの日系マーケットで見つけました。横浜の歴史ある会社のようですが、横浜出身の私は今まで知りませんでした。商品の特徴、歴史などを調べていただけると嬉しいです。(M@LAさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

岩井の胡麻油は、昔ながらの方法でじっくり時間をかけ、職人の匠の技によって伝統の味が保たれていた。

ライター:吉澤 由美子 (2012年12月20日)

熱帯サバンナ原産のゴマは、5千年以上も前からエジプトで栽培され、トルコからインドに、そして中国へと広まっていった作物。

日本にもかなり早い段階で伝わっていたらしく、縄文時代の遺跡からもゴマが出土している。平安時代に記された「延喜式」には、ゴマは料理や菓子に、ゴマ油は食用、薬用、灯火用に使用されていたと書かれている。

ゴマ油は古くから日本人になじみ深い存在だった。

また最近では、ゴマに含まれるセサミンやセサモールが、生活習慣病を引き起こす原因と言われている活性酸素を除去する効果を持つなどが知られるようになり、さらに人気が高まっている。

そんなゴマ油を製造する老舗メーカーが横浜にある。これはぜひお話を伺いたいということで、神奈川区山内埠頭のコットンハーバーにある「岩井の胡麻油株式会社」に向かった。


コットンハーバーにある岩井の胡麻油


岩井の胡麻油の歴史や現在の商品ラインナップについて教えてくださったのは、代表取締役社長の岩井徹太郎さん。


ゴマ油について情熱たっぷりに詳しくお話くださった岩井社長




岩井の胡麻油創業と歴史

1857(安政4)年、千葉県佐倉市で搾油業を創業した岩井家。3代目が、明治維新を迎え開港景気に沸く横浜を訪れ、国内外の物資が豊富に集まって華やかに賑わうさまを見て「今後事業を拡大するなら横浜だ」と確信し、神奈川区御殿町に搾油工場を設立したのが1893(明治26)年のこと。


明治時代の搾油風景


あまり知られていないことだが、胡麻はほとんどを輸入に頼っている作物。港が近く、原料の入手もたやすい横浜は、工場を作るのにぴったりの場所だった。

1900(明治33)年には会社組織となり、以後、横浜でゴマ油を作り続けている岩井の胡麻油。創業155年を越え、横浜市に移転してからの歴史もすでに120年近いハマの老舗だ。


昔のポスターなどが入口に飾られていた


大正時代には、胡麻油の家庭用化粧小缶が大正博覧会で金賞を受賞。それを記念したゴマ油の缶は、今も現役で使われ続けているデザインだ。


モダンで印象的なデザインは今も古びない


工場の場所は、御殿町、青木町、星野町、そして2005(平成17)年には現在の橋本町と神奈川区内での移転はあったが、一貫して昔ながらの製法を用いた高品質のゴマ油を作り続けている。


敷地の緑化や地域貢献など幅広い活動で受賞や認定を受けている本社工場


作っているゴマ油は、昔ながらの製法で作られたもの。


昔使われていた機械が飾られていた


焙煎や搾油などの工程がコンピューター制御となった今も、味を決める大事な見極めは職人が耳と目と舌で行い、その都度微妙な調整を行って品質を保っている。


大正時代から1967(昭和42)年まで使われていた「玉締搾油機」


「焙煎、圧搾、濾過(ろか)というゴマ油作りの基本コンセプトは昔のまま。機械は新しくなっていますが、作り方は変えません」と岩井社長。
 


定番の「金岩井純正胡麻油 金口」


味見してみると、香り高さ、コクがあるのに軽い後味などそのおいしさに驚く。

岩井社長は、「ウチの商品は、一般的に流通しているものより少し高い。でも、試食販売をすると強いんです。10人が試食すると6~7人が買ってくださる。スーパーやデパートの方は驚かれますね」と教えてくれた。
 


横浜開港祭限定で発売が始まった横浜特選純正黒胡麻油と横浜胡麻辣油


次は、このおいしさを生み出すゴマ油の材料や作りかたについて、詳しく教えていただくことに。


ゴマ油、その基礎知識をご紹介!・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

神奈川区のエコ石鹸を作っている太陽油脂ってどんな会社?

伝統の味を守る「日本味噌」とは!?