ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    羽沢横浜国大駅が出来る前に、駅からの路線バスの開通がどうなるか気になります!

    majestyさん

    横浜市は災害時に亡くなられた方を納める用に段ボール製の棺を準備しております。区のスポーツなど各区特定の場所に保管していると防災訓練などで役所の担当者がお話されています。どの様な棺が保管されているのか凄...

    choberyさん

    横浜市立大学で31歳の教授が誕生したそうです。どんな研究をしているのか医学部の武部貴則准教授を取材して下さい。

    nobaxさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

藤沢のB級グルメってどんなものがあるの? 是非取材してください。キニナル。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

食材や味付けにこだわりぬいた「地域限定焼きそば」からミシュラン掲載の「絶品カレーうどん」まで「足を運ぶ価値あり!」の味を召し上がれ♪

ライター:大野 ルミコ (2016年12月07日)

編集部・山岸から「藤沢のご当地グルメを調べて!」との依頼が来た。藤沢のグルメというと「海= 魚(特にシラス)」というイメージが強いのだが、すでに知れ渡っている情報なのでつまらない。
 


確かに、シラスを使ったご当地メニューも美味しいですけどね・・・

 
いわゆる「B級グルメ」というと、焼きそばなど“麺”を使ったメニューが多いのだが・・・藤沢にはそういう「麺モノご当地メニュー」はないのだろうか。

そんな素朴な疑問を解消すべく、今回は「藤沢限定の麺メニュー」に絞り、調査することにした。



まさに地域密着! 素材にもこだわり抜いた絶品焼きそばに舌鼓!

ということで訪れたのは、各線湘南台駅からバスで15分の場所にある「秋葉台公園」。ここで行われる「藤沢市民まつり」で毎年人気を集めているという“ご当地焼きそば”を味わうためだ。
 


公園内で行われていた「地産地消屋台村」は、朝から来場者でいっぱい!


藤沢産の食材や海の幸を使った料理がズラリ。あれこれと目移りしそう

 
大にぎわいの会場内で、まず向かったのは、地元のNPOが藤沢市と一緒に開発したという「藤沢炒麺(ちゃーめん)」の屋台。
 


オレンジの幟(のぼり)が、会場内でもひときわ目を引く

 
仕込みで大忙しの中、訪れたわれわれを笑顔で出迎えてくれたのは、NPO法人地域魅力の理事長・田中美乃里(たなか・みのり)さん。

2006(平成18)年に設立されたNPO法人地域魅力は、地元・藤沢の魅力を伝える“シティプロモーション”や、災害や犯罪から身を守るための「藤沢防犯ポータル」の開設・運営など、その名のとおり「魅力ある地域づくり」のためのさまざまな活動を行っている。
 


注文殺到中のため、仕込み中にお話を伺うことに

 
今回出店している「藤沢炒麺」は、2009(平成21)年から3年間に渡り、藤沢市と協働で行ってきた「藤沢の『食』によるシティプロモーション事業」により誕生したもの。

現在、市内4店舗で提供されているほか(実食可能店舗は記事末尾に記載)、今回のように、年間30回程度のイベントに出店、販売しているという。
 


多い時には「1日で500食以上売れることもある」というほどの人気の味

 
「藤沢炒麺」のこだわりは、ズバリ“地産地消”。「藤沢産小麦で作った地粉麺を使用」し、「野菜やお肉など、藤沢産の食材を2品以上使う」ことを定義としているという。
 


藤沢産の食材を使い、藤沢の魅力を「食」で伝えることを目的としている


藤沢産の小麦を使った「地粉麺」を使用。小麦のふすま(外皮)の栄養もたっぷり

 
この日、提供されていた「藤沢炒麺」は、市内の製麺所で“藤沢炒麺のために”作られた麺を使い、味つけもソースではなく、鶏ガラや豚骨などで取った、まさにラーメンで使われるようなスープが味のベースとなっている。これで350円? と驚くほどのクオリティなのだ。
 


鶏ガラや豚骨を使ったスープが味を決める。このままラーメンにも使えそう・・・


スープと麺を強火で一気に絡ませる。食欲をそそる香りがたまらない♡

 
「藤沢には海もあって山もある。魚だけでなく肉や野菜、そして小麦もとれます。藤沢炒麺を通じて“藤沢の味”を知っていただき、藤沢の魅力を感じてもらえれば・・・」と語った田中さん。

たっぷりの“藤沢愛”が詰まった「藤沢炒麺」、いただきます♪
 


早速、出来たてをお買い上げ!

 
そして、会場内でもう1店舗、どうしてもキニナル焼きそばが・・・
 


その名も「村岡マヨ焼きそば」。マヨネーズ+焼きそば、不味いわけがない!


村岡地区の飲食店に勤める二神真(ふたがみ・まこと)さん(左)にお話を伺った

 
こちらの「村岡マヨ焼きそば」は、藤沢市村岡地区から誕生した地区限定の味。今から5年ほど前に村岡公民館と地域内の飲食店が協力し“地域活性のために”と考案したメニューだという。

「村岡マヨ焼きそば」の定義は、「マヨネーズとラー油、オイスターソースを使うこと」。そして、できる限り藤沢産の食材を使い、「村岡への郷土愛を込めて作ることが大切」なのだとか。
 


おそろいのTシャツの背中には「村岡マヨ焼きそば」の定義がプリントされていた

 
現在、この「村岡マヨ焼きそば」は、村岡地区を中心に、実食可能店舗は市内に5店舗ある(記事末尾に記載)。

しかし基本的に「マヨネーズ、ラー油、オイスターソースを使っていればOK」という定義のゆるさもあって、使っている食材や隠し味が各店舗で大きく異なる。そのため見た目も味も「かなりバラエティーに富んでいる」らしい。
 


二神さんも「その“ゆるさ”が村岡マヨ焼きそばの魅力のひとつ!」と笑う

 
この日提供された焼きそばは、オイスターソースで味付けされたもっちり太麺の上に、マヨネーズで和えた野菜炒めとラー油をプラス。「それを混ぜながら食べると、美味しいんですよ!」という自信作だ。

 

焼きそばの上にマヨネーズで和えた野菜炒めをのせ・・・


最後に“食べるラー油”をプラスして完成!

 
たっぷりのラー油は麺や野菜に混ぜるのではなく「後のせ」なので、自分で辛さを調整しながら食べられる。これなら、辛いものが苦手な人やお子さんでも食べられそうだ。

藤沢市内5店舗、年間10ヶ所程度のイベントでしか食べられない“知る人ぞ知る”ご当地グルメだが、地元・村岡公民館でのイベントでは二神さんいわく「毎回、バカ売れする」というほどの人気を誇っているという。

 

村岡マヨ焼きそばのキャラクターもいるらしい・・・

 
それにしても藤沢の一つの「地区」から、こうしたご当地グルメが誕生している、そのこと自体に驚いてしまう。早速その“村岡愛”たっぷりの焼きそばもいただくことにした。

 

村岡マヨ焼きそば(左)と藤沢炒麺、いざ実食!

 
鶏ガラ&豚骨で取ったスープと塩、コショウで味付けされた「藤沢炒麺」は、予想以上に上品な美味しさ。正直、屋台で提供される焼きそばとは思えない繊細な味わいだ。

藤沢産小麦を使った少し太めのモチモチ麺と、これまたシャキシャキの藤沢産野菜との相性もバツグン。しっかり“藤沢の味”を堪能させていただいた。

 

「一味違う美味しさですねー」と編集部・山岸も「藤沢炒麺」の上質な味わいに感心

 
一方、「村岡マヨ焼きそば」は、まさに“間違いのない”味。普通のソースではなく、オイスターソースを使っているからかマヨネーズたっぷりでも脂っぽさやしつこさを感じさせない。

それに・・・マヨネーズとラー油の組み合わせ、いいですね~。旨みプラス&辛さマイルドな味わいはハマる人が続出しそうな味わい。これは地元で「バカ売れする」というのも分かるなぁ。

 

最後に残るラー油の香りと辛味が、これまた「クセになりそう」な美味しさ

 
地元・藤沢への愛とこだわりがつまった焼きそば2品、すっかり楽しませていただきました!
 
 
激うまカレーうどん! その味はミシュランガイドに掲載されるほど!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事