検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

矢部の湯が閉店するそうです。銭湯らしい銭湯がまた一つ消えてしまいます。(山下公園のカモメさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

9月30日に惜しまれながらも閉店。閉店理由は、客の減少に燃料不足、経営者の高齢化や時代の移り変わりによる苦情があった

  • LINE
  • はてな

2017年09月17日

ライター:はまれぽ編集部

横浜でまたひとつ、昭和の名残が消える。戸塚区矢部の銭湯「矢部の湯(やべのゆ)」が2017年9月30日に閉店するという。
戸塚区には銭湯が1軒しかないという過去の記事があった。その戸塚区唯一の銭湯が戸塚駅のほど近く、旧東海道沿いにある矢部の湯なのだ。

 

JR戸塚駅東口から徒歩4分ほど
 

看板から昭和の臭いを感じる
 

入口には閉店のお知らせと牛乳石鹸と書かれたのれん
 

お話を伺ったのは、江尻伸子(えじり・のぶこ)さん。夫婦で矢部の湯を営んでいる。

 

お忙しい中、ご対応ありがとうございます
 

まずは、伸子さんにお店の成り立ちを聞くと、「1936(昭和11)年から銭湯を始めました。また、1960(昭和35)年からは『有限会社矢部の湯』として営業しております」と話してくれた。

銭湯を始めたきっかけについては「主人のおじいさんが、元々八王子や川崎で銭湯をやっていました。昭和の初めごろ、おじいさんの兄弟が、土地・建物の売買や仕事などを紹介する周旋屋(しゅうせんや)をやっていて、その時にこの場所を紹介され、銭湯を始めたそうです」と当時を振り返る。

 

バスも通る旧東海道沿い
 

親戚も銭湯を営んでいたそうで、1973(昭和48)年ごろは、親戚だけで9軒の銭湯を経営していたそう。「今月でうちが閉店するので、残りは大倉山と生麦にある2軒になってしまいますね」と伸子さんは話してくれた。

伸子さんに閉店する理由についてお伺いすると、「客の減少」と「燃料不足」、伸子さんご夫婦が高齢化したことによる体力面の不安のほか、後継ぎがいないことも理由だという。

また、ここ2~3年ぐらいから、煙突から出る煙についての苦情も増え、閉店を決断したそう。

 

煙突からの煙が問題視されているという
 

矢部の湯は、薪を燃やしてお湯を沸かすことが特徴の銭湯である。そのため、薪を燃やした煙が近隣の方などにとって、不快だったようで、役所からも注意されることがあったそう。

伸子さんは、廃材を燃やしているので、煙が出るのは仕方ないという。「無垢材であれば、煙は出ないのですが、大工さんや工務店さんなどが持ってきてくれる木材は、ほとんどが合板です。ペンキなどを使用しているので、合板は燃やすと煙が出てしまうのです」と話してくれた。

 

お湯を沸かす燃料となる廃材
 

その奥では、薪が燃やされていた
 

煙突からモクモクと立ち上る煙こそが、昔ながらの銭湯の風情を醸し出しているのではと思うが、近年の駅周辺の開発によりマンションなどが増え、これまで問題視されなかった煙が、地域の問題になってしまったのかもしれない。

ただ、伸子さんは「薪で沸かしたお湯がよいと言ってくれるお客さんは多いです」と話す。
薪で沸かすと、お湯がまろやかになり、温かいとのこと。体の芯まで温まるので湯冷めしにくいと、人気があったそうだ。

 

お湯は48度と熱め
 

今後は、3階建てのアパートに建て替えるそうで、10月初旬に建物の取り壊しが開始される。
伸子さんは最後に「矢部の湯が閉店することで、戸塚区の銭湯がなくなってしまうのは残念」と寂しそうにつぶやいていた。
 
 
続いては、老舗銭湯の風格が漂う浴室へ・・・キニナル続きは次のページ≫
 

おすすめ記事

横浜市内に趣のある銭湯はどこにある?第3弾

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

綱島の歴史ある温泉施設「東京園」閉店の経緯とは?

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

白楽の昭和の香り漂う銭湯「親松の湯」に突撃!

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

西区花咲町に複合型住宅が誕生する理由は?

和田の三本の矢で「ワダノミクス」!? 保土ケ谷区「工藤不動産株式会社」

  • PR

新着記事

提供中止になったはずの「コンビニで生ビール」が東戸塚で飲めた!

    • 面白かった44
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年07月19日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

安い旨いの理由はフレンチ出身のシェフにあり!豪快かつ繊細な料理に目と舌に喜びを「横浜ビストロZIP」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 川崎駅のホームを拡幅する為に新しい線路を作っているが、どうやって運行に支障なく新しい線路が使えるよう...

  • 横浜からは少し離れてしまいますが、2014年に箱根の函嶺洞門が閉鎖になり隣にバイパスが通るようになり...

  • 神奈川災害ボランティアセンターがボランティアバスを出す事を決めたそうです。既に募集は終了しており、ま...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント