ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    戸塚駅周辺では。多数のマンションが建設中です。タワーマンションが林立する武蔵小杉駅周辺でも開発が継続しています。次に建設ラッシュが起きそうなのは何駅でしょうか?

    ほわりんさん

    瀬谷にある田園釣り堀が気になります!ドラマ、映画とかにも出ていて芸能人もたくさん来ているようです!取材してきてください!

    はまっこさん

    市営バスが大型二種免許の取得から支援する養成バス乗務員の採用を始めたそうです!どういう研修があったりするのか気になります!

    はまっこさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

テーマを設定し、ピンポイントで深く家系ラーメンを取材する企画。今回のテーマは「家系“直系風”の味を追求する店」。中区長者町の「勝鬨家」と磯子区上中里町の「王道」をご紹介。

ライター:はまれぽ編集部 (2017年02月27日)

超ベテラン家系ラーメン職人が作る“直系直伝”の味「王道」

JR根岸線洋光台駅よりバスで約10分。「上中里郵便局前」バス停で下車するとすぐに見えるのが「王道」だ。オープンしたのは2015(平成27)年11月。
 


家系ラーメンとしてはかなり大きな店舗


広いエントランスと、これまた広い駐車場


新聞、雑誌も充実


広くて、きれいな店内。席はカウンター14席、テーブル16席

 


吉村家に惚れ込んで

店主のお名前は鶴巻孝平(つるまき・こうへい)さん。家系の総本山・吉村家で2年間修行したのち、吉村家の直系店である環2家で16年間店長をつとめた、超ベテランの家系ラーメン職人だ。

修行時代について尋ねると「最初はきつかったですね。ふざけるな! と思ったことももちろんあります(笑)。親父(吉村家創始者・吉村実<よしむら・みのる>さん)は怖いし・・・でも、親父のことが大好きで、本当に惚れ込んでいました」と嬉しそうに話してくれた。

「念願だった自分の店を出すことになって、環2家で働いていた時の後輩が自分より先に『王道家』という店を出店していたので、協力してやっていくことにしました。それで店名を「王道」にしたんです」とのこと。

と、ここでフラグが立ちました。「家系家系図」入りです!!
 


「家系家系図」にお店の名前を記入していただいた


家系図と一緒にパチリ


「王道」の名前が家系図に刻まれた ※クリックで拡大

 
この場所に出店した経緯を伺うと「ほんと、たまたまいい場所を見つけた感じです。駐車場を用意できるのも大きかったですね。ファミリー客が多いし、年齢層も幅広いので客層を意識して味を作ってきました」とのことだった。

味についてのこだわりをお伺いすると「直系店の味を守りつつもカスタマイズしていきたい」ときっぱり。麺は自家製麺(王道家の麺)を使用している。あと、吉村家では麺の湯切りの際「平ざる」を使っていたが、この店では「振りざる」を使っているとのこと。「湯切りひとつで味がぶれてしまうし、平ざるは扱いが難しく技術を習得するのに何年もかかる。オペレーションをシンプルにすることも大切」との言葉が印象的だった。
 


券売機を見てほくそ笑むマーコ氏。トッピング安すぎ・・・

 
「王道」のメニューには、ラーメンのほか、チャーシュー麺、つけ麺があり、サイドメニューとして餃子やチャーシュー丼、たまご丼などがある。
特筆すべきメニューとして「素ラーメン」をぜひ紹介しておきたい。文字通りラーメンとスープのみで、具材は一切乗っていないメニューだ。生み出された背景としては、「学生さんに気軽に食べてほしい」との店主の願いから提供されているメニューとのことだ。

それでは、そのこだわりのラーメンをさっそくいただくとする。



“親しみやすくバランスが取れた一杯”を実食

同店の基本のメニューともいえる「ラーメン(670円)」をお願いした。あわせて、非常にキニナル「素ラーメン(500円)」も用意してもらうことに。
 


丼を温めています(左)。カメラ目線ありがとうございます!


ラーメンを仕上げていく


着丼。具材の絶妙なバランスが美しい


麺リフトアップ


「素ラーメン」とともに

 
「ラーメン」と「素ラーメン」が着丼。2つのラーメンを並べてみると、あまりの違いに思わず笑ってしまう。まずは「ラーメン」を啜りつつ、取材班のそれぞれが感想を語った。

マーコ氏:王道家系列店ということで、あの良い意味での「狂暴な味」を想像していたんだけど、このラーメンはとてもバランスがとれたタイプに大変身していて驚愕の一言です。

編・大日方:店主によるとファミリー客が多い店舗ということで、ニーズを汲み取っていったのですかね? 味はお客さんの反応を見ながらカスタマイズしてきたとのことでしたし。

編・広瀬:家系初心者の私にとっては、親しみやすい味で、さらにさまざまなトッピングメニューがあるので、何度も来店していろいろなトッピング試したいと思いました。
 


「素ラーメン」を食べる広瀬。ラーメンには大きなチャーシューが

 
マーコ氏:あと、ありそうでなかった家系の「素ラーメン」。日本でここにしかないんじゃないかな? でも、具材がない分"純家系スープ"が楽しめる一杯といえると思います。

編・広瀬:味の話じゃないんですけど、店内が広く、ファミリー用にゆったり4人がけのボックス席があるのもいいですね。老若男女問わず、来店しやすそうだと思いました。

実食を終え、店主に今後の夢をお伺いすると、「王道家系列店を増やしていきたい」とのこと。「直系直伝」味を受け継いだ若者たちが各地で活躍していくことを期待したい。
 


カウンターをバックに鶴巻さんをパチリ

 
・鶏油(チーユ)の量 ★★★
・しょうゆ感 ★★★
・豚骨感 ★★★
・製 自家製麺(王道家の麺)
・ライス 並(100円)、大(150円)
 (★=5つが最大)
 
 
家系ラーメンにおける「ライス」とは・・・キニナル続きは次のページ≫
 

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事