ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    裏横浜に関しては、雑誌やメディアで取り上げられるケースが多くありますが、奥横浜については、ほとんど取り上げられることもなく、未だ かなりマイナーな感じがしています。是非、ハマレポで奥横浜の魅力について...

    たかし君さん

    毎年恒例の横浜開港祭の取材をお願いします!

    YAM-3さん

    横浜市の人口は370万人。その中には、生粋のハマっコもいれば、全国から転勤などで引っ越して来た人も沢山います。全国様様なところから来た人達が、故郷の味が恋しくなった時に行けるような店がどれくらいあるの...

    たかし君さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

上大岡燦々横丁に行って来て!!(黒霧島さん)

はまれぽ調査結果

上大岡燦々(さんさん)横丁は2017年4月5日オープン。5つの「粋」をコンセプトに8店舗の飲食店が営業中!

ライター:大和田 敏子 (2017年04月28日)

横丁をぐるっと1周、全店レポスタート!
 


今回は、上大岡駅側の入り口から、左回りに順にご紹介!

 


(1)「餃子と焼きそば まるき」

「野毛焼きそばセンターまるき」と姉妹店で、オーナーは横丁の責任者でもある新澤さんだ。
焼きそばを食べない人も一杯飲めるようにと、野毛店にはない餃子をメニューに入れた。なかでも「ささみとしその餃子(ササギョ)」は『横浜ウォーカー』の企画した横浜餃子100選で3位に入賞の商品だという。
 


ササギョ(480円)。1個30グラムもある!

 
ささみのパサパサ感がなく、ジューシーな味わい。ヤマイモやチーズを隠し味に使っているとか。また、「記憶に残る焼きそば!」を合言葉に生まれた同店の焼きそばは、浅草の製麺所、開花楼の特製麺を使用。

 


まるき焼きそば(770円)

 
豚バラ、タマゴ、カイワレ、きざみのりが乗った焼きそばは、見た目にもインパクトがある。コシのある太麺と甘めのソースのバランスが良く、優しい味だ。パリッと焼いた豚バラをつまんだり、目玉焼きの黄身を崩したり、変化を楽しみながら食べられるのもいい!
 


レトロな屋台風の店で、ちょっと一杯がいい感じ!

 


(2)「素揚げや ひのとり」

本店は新杉田にある「炭火焼 火乃酉(ひのとり)」だが、こちらは炭火焼ではなく、素揚げの鶏肉がメインの店。
「高温の油でカラッと揚げた素揚げした鶏、なかでも手羽先が人気! 特製の塩とスパイスで、素材の美味しさをしっかり感じてもらえると思います」と店長の伊東秀晃(いとう・ひであき)さん。
 


「横丁全体が盛り上がり、上大岡以外からも来てもらえたらうれしい!」

 
鶏肉はすべて国産を使用。ブランド鶏「匠の大山鶏」を使ったメニューもある。
また、鶏だしで10時間かけて作る白濁スープのおでんも自慢だ。

 


アツアツのおでん! 確かにスープがちょっと白っぽい


全国の地酒ワンカップを置いているのも特徴

 
「カップ酒におでん」は、横丁で一杯のイメージにぴったり。さらに気分が盛り上がりそうだ。



(3)「ミルマスタコス」

こちらはアボカド料理とメキシコ料理の店。上大岡にあるROOTS CAFEと姉妹店だそう。
タコスは全部で7種類、トッピングも追加できるので、バリエーション豊富で好みの味のタコスを楽しめる。

 


白い皿の右がABC(アボカド、ベーコン、チーズ)(450円)、左が豚肉のオレンジソース(500円)


こちらはエビアボマヨ(700円)。エビとアボカドの相性は抜群!

 
「誰でも気軽に入れる横丁で、アボカド料理とメキシコ料理をもっと身近に食べてもらえたら」と店長の佐々木将大(ささき・まさひろ)さんは話す。

 


横丁でアボカド料理のおいしさに目覚める!?

 
アメリカ、チリ、メキシコ産などのニューワールドワインを中心に、料理に合うワインを取りそろえている。レトロとか、昭和っぽいとか、そんな横丁のイメージにとらわれないおしゃれな店。女性客の人気を集めそうだ。



(4)「上大岡 やきとり ぽるこ」

上大岡の焼き鳥店「一火(いちか)」で店長を務めた高田新太郎(たかだ・しんたろう)さんが独立し、オープンした。

「空腹を幸福に変える店」と高田さん。「仕事で疲れたり、嫌なことがあった時でも、ここで焼き鳥を食べて楽しかったと思ってもらえる、老若男女が楽しめる店にしたい」と話してくれた。

 


カウンターで、やきとりといきましょう!


手前からレバー(150円)、シロ(200円)、つくね(250円)

 
シロは、臭みがなく、とろとろの食感。今までのシロのイメージを変える美味しさだ。レバーはタレが濃すぎず、素材の旨みがしっかり感じられる。ちなみに、いただいたシロとレバーは豚。

 


「プリプリのレバー、おいしい!!」

 
響きが気に入って店名に決めたという「ぽるこ」はイタリア語で「豚」の意味だとか。その名の通り、「ぽるこ(豚)」もオススメの店だ。
 
 
まだまだ食べます、飲みます! お次は揚げ物!
 

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事