検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

伝説のジャズ喫茶「ちぐさ」が復活したって本当?

ココがキニナル!

野毛にあった伝説のジャズ喫茶「ちぐさ」が復活したそうですが、どんな様子でしょうか。一般の人でも行くことができますか?(まるもりさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

かつての「ちぐさ」にあった店の看板やスピーカー、テーブルなどもそのまま復活!若い人でもはじめての人でも、気軽に訪れてほしいとのことでした。

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

店内には、あの名物スピーカーが



この日訪れていたのは、招待状をもらった常連がほとんどのようだ。
皆さん目をつぶるようにして「ちぐさの音」に聞き入っている。
 


20席ほどのこぢんまりとした店内の様子
 

その音源は当然アナログ、LPは約5,000枚を数えるそうだ

 
この日お店を手伝っていたのは、「ちぐさ会」の有志たち。今後は、アルバイトに応募してきた被災地の方の雇用も決まっており、日程を調整しながら、いずれお店を任せていく方向だという。
 


このスピーカーから、「ちぐさの音」が響いてくる
 

タイル地のテーブルも、以前と同じもの

 
同店を訪れていた市内の男性によれば、「オヤジさんにあこがれ、オヤジさんの流す曲以外はジャズじゃないと思っていた。今こうして当時の曲を聞くと、青春時代を思い出す」と、感慨深げだった。



「ちぐさの音」の基本は「鑑賞」



「ここしばらくは常連ばかりかもしれないけど、若い人の姿も店内にぼちぼち見かける。ジャズに興味がある人なら、はじめての方でも気軽にいらしてください」と、遊佐さんは話していた。なお、店内で頼めるメニューは、コーヒー、紅茶、コーラなどのドリンク5品が中心で、いずれも500円となっている。
 


以前の看板には、「モダンジャズ鑑賞店」とある

 
ジャズを鑑賞する店だという「ちぐさ」。
今後は、同店2階にあるギャラリーなどで、震災地の写真展なども随時行う予定とのこと。

伝説の「ちぐさの音」と合わせて、ぜひ「鑑賞」しに訪れてみてはいかがだろうか。
そして、横浜にジャズが広まるきっかけとなった同店の雰囲気を、ぜひ体感してほしい。



―終わり―


◆ジャズ喫茶「ちぐさ」
横浜市中区野毛町2-94
TEL:045-315-2006
営業時間:11:00~22:00
定休日:月曜日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • おいお前!もっと席詰めろ!こっち聴け! 当時はそうでしたが? 店のルールが守られていて良かったかな?

  • 軟骨さんの意見は?。オヤジは喜んでいると思います。ちぐさ復活!おめでとうございます。

  • 隣にはピアノジャズのリヨン、30メートル離れてジャズバー「ダウンビート」などががんばって営業している中でちぐさの再開する意味がわかりません。街中でトラブルも起こしているようなので、うわべの記事は書かないほうがよいと思います。オヤジ、吉田衛も望まなかったと思います。

おすすめ記事

音楽が聞こえない野毛の「音楽通り」、音楽との関係性は?

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

野毛には、リアルな深夜食堂がある?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜市内の縁日や酉の市に出没する謎の「何でも100円おじさん」の正体は?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

かつて金沢八景にタカナシ乳業の牧場があったって本当?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2014年3月4日~3月10日)

【編集部厳選】連休疲れは「ガッツリ飯」で乗り切れ! ボリュームいっぱいのご飯集めました!

【編集部厳選!】暑い夏を一発でヒンヤリ、ゾクゾクっとする横浜にまつわる怪談話!?

いつまで経っても閉店セール! 上大岡にある洋服屋さんの実態は?

海辺にたたずむ「使用中止」踏切は何のため? 塩を運んだ中区かもめ町の線路を辿る

【編集部厳選】今はなき横浜の風景! かつて存在した横浜の風景!

横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】

横浜市内の縁日や酉の市に出没する謎の「何でも100円おじさん」の正体は?

新着記事