ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市内全駅全下車の「はま旅」第62回は、チェーン店に負けない個人商店を応援したくなる、岸根公園駅の旅。

ライター:山口 愛愛 (2012年06月02日)

横浜市営地下鉄ブルーラインの岸根公園駅。両隣の片倉町駅と新横浜駅、東横線の妙蓮寺駅、白楽駅まで、それぞれ約1.5kmしか離れていない。この狭い範囲に岸根公園以外の名所はあるのだろうか・・・。他の駅の縄張りを荒らさないように気をつけて、さぁ出発!
 


横浜上麻生道路沿い、岸根公園入口に近い2番出口から出発



旅の始まりは住宅街に隠れた珍店

2番出口から左に進み、横浜上麻生道路を環状2号線の方へ向かって歩いてみたが、目立つものといえば、ファミレスや結婚式場のソシア21くらい。個人店もいくつかあったが撮影を断られてしまったので、駅に戻って聞き込みをすることに。

通りがかりの主婦におすすめのスポットを聞いてみたが予想通り、岸根公園との答え。しかし、4人目のおばさまから「変てこな中華屋があって、昔テレビにも出たらしいわよ」と情報をゲット。

横浜上麻生道路から、坂を上り住宅街へ入っていく。そして、その家は突然現れた。この外観。店ではなく、思わず家といってしまう。
 


のぼりとメニューはあるものの、どう見ても民家だ
 

半紙に「いらっしゃいませ」の文字。恐る恐る「お、おじゃまします」


いや、やっぱり、店ではないよね?危ないよね?自問自答しながらも、ゆっくり中へ。すると「いらっしゃぁい」と男性と女性の声がした。人はいるらしい。
「す、すみません。ここお店ですか?」
「ははは、お店ですよ。ちゃんとメニューもあるから。どうぞ、ゆっくりしていってください」とご夫婦が迎えてくれ、取材も快諾してくれた。ひと安心だ。

聞けば、その昔は六角橋で中華屋を営み、その後は原宿や中目黒に移ったが、ご夫婦の年齢も70才を超え、自宅でできる範囲にしようと6年前に自宅の1階を改装して始めたとのこと。もちろん営業許可も取っている。
 


慣れてくるとくつろげるリビング
 

「さて作るか」と店主の上重朋文(じょうじゅうともふみ)さん


看板の「上重朋文」が目に入ったとき、一瞬、中国の四字熟語かとも思ったが、店名は店主の名前であった(笑) 記者はタン麺(800円)を注文。鶏ガラと豚骨や野菜を13時間煮込んでスープを作っていると聞き、特別に厨房へ潜入させてもらった。
 


ぐつぐつと煮込んでいる真っ最中。骨だけで15kgもある
 

店主が丁寧に作る具だくさんタン麺は、旨みが凝縮したスープと細麺がマッチ


「テレビに出たと聞きましたが?」
「『ぶらり途中下車の旅』ね。なんでこんなところに来たのかわからないけど、放送後にお客さんが押し寄せてすごかったよ」と朋文さん。
「お客さんがたくさん来てくれて3日間も徹夜になってね、過労で1週間入院したのよ。世話ないよね。ははは」と奥さん。80才を超えるというが、お若くて元気。
「東京の店には、ハマショー(もちろん浜田省吾です)、稲葉ちゃんとか松ちゃん(いうまでもなくB’zです)とかもよく来てくれて楽しかったけど、この店も楽しいわよ」

有名人も訪れる中華の名店を経営していた仲良しご夫婦が、岸根公園の自宅でひっそりとラーメン屋を営んでいたのだった。怪しいと思われた店は、なんとも微笑ましい店であった。

ご夫婦の話がおもしろくつい長居してしまったが、散策をしなくては。駅名の通り、岸根公園は外せないので、歩いてみよう。

第二次世界大戦後、米軍が駐留し、野戦病院があった「岸根キャンプ」が返還され公園になったのが、ここ岸根公園。1972年まで米軍が滞在していたという。
広い芝生や神奈川県立武道館、野球場のあるこの公園が米軍キャンプの跡地と思うと趣が違って見えてくる。
 

芝生の広場とは雰囲気が異なり、武道館の入口は日本庭園を思わせる凛とした空気
 

水辺の周辺はウッドデッキに。散歩途中のレオ君(9才)もひとやすみ


「アスファルトの道で公園内を周遊できるので、ランニングやベビーカーでのお散歩にもいいですね。武道館もあるので子どもに弓道や柔道も習わせてみたくなりますね」と若いママさんが話してくれた。


個性的な小さな店があちらこちらに!続きは次のページ 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事