ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

    ushin さん(2017.11.17 PM6:14)貴方が答えて下さっても皆様の知識にはなりませんので「はまれぽさんが記事にする」事を希望しています。そして狐猫のキニナルは「IC改札機がある 無人駅...

    狐猫さん

    狐猫 さん 2017.11.14 AM10:25 建前は「有人改札で乗車駅から現金で支払って、入場記録消去」ICカードの取扱い自体不可能な場合は、その旨の証明を貰えるので、自分の近所の駅で入場記録消去...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
10位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
11位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
12位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
13位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
17位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
18位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
19位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
20位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
21位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
29位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
30位
2学期制って良くなかったの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

金沢区で中華鍋を作っている、山田工業所さんを取材してください。キニナル。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

山田工業所が作る中華鍋は、1個につきハンマーで5000回から8000回も叩いて作られる日本で唯一の「打ち出し式」製法の鍋だった!

ライター:はまれぽ編集部 (2012年08月20日)

金沢区福浦に中華鍋を専門に製造する会社がある。その名も「山田工業所」。事前にインターネット等で調べたところ、「打ち出し式」という製法で中華鍋を作る日本で唯一のメーカーだという。
「打ち出し」とは一体? 一般の中華鍋との違いは?
キニナル疑問を解決するため現地へ向かった。




「打ち出し」とは?

シーサイドライン「産業振興センター」駅を降りてすぐ、金属加工の各種メーカーが集まる横浜金属団地の一角にある山田工業所へ到着。
 


約20社が集う横浜金属団地
 

看板にはしっかりと「中華鍋製造卸」の文字


「暑い中ご苦労だね~」と笑顔で迎えてくれたのは代表取締役社長の山田豊明さん。
まずは同社が誇る日本で唯一の製法「打ち出し」について聞いてみることにした。
 


山田工業所の2代目、山田豊明社長


「打ち出し」とは、一枚の平らな鉄板をハンマーが付いた特殊な機械で何度も何度も叩き、鍋型に整えていく製法のことをいう。一つの中華鍋を作るのになんと5000回、サイズの大きいものでは8000回もハンマーで叩く必要があるので、当然手間も時間もかかる。
 


事務所にはこれまでに作った鍋のサンプルが多数


一方、流通する中華鍋のほとんどはプレス機で鍋の形を一気に押し出す「プレス式」という製法で作られている。もちろんこちらの製法の方が、短時間で大量生産が可能だ。
なぜ製造効率の悪い「打ち出し」にこだわるのか?

「中華料理は火力が勝負でしょ。打ち出しだと鉄の厚みを場所によって薄くすることができるから、熱の伝わりやすい鍋ができるんだよ」と山田社長。また、何度も何度も叩くことで表面に凸凹ができ油の馴染みが良くなること、鉄の粒子が細かくなることによって強度が増すことも「打ち出し」にしかできない芸当だという。
 


プレス式(写真上)の鍋より軽く、長時間の調理でも疲れない


「打ち出し」にこだわるのにはもう一つ理由がある。
それは同社の成り立ちと深く関わるものだった。



ドラム缶から鍋を作った先代社長

山田工業所の創業は1957(昭和32)年。父である先代社長の故・山田久男氏が保土ヶ谷区西久保町に中華鍋を作る工場を建てたのが始まりである。戦後すぐだった当時は材料となる鉄が不足していたため、ドラム缶の鉄底をハンマーで叩いて一つひとつ鍋を作っていたのだという。
これこそが今に続く同社の「打ち出し式」製法の原点だ。

鍋そのものが貴重だった時代、手作りの鍋は料理人の間でも評判を呼び、全国各地から注文が入るように。その後、機械化にも成功し、一日4~5個作るのが限界だった中華鍋を数百個作れるようになった。「作った鍋を何枚も背中に担いで売り歩いていた父の姿を覚えている」という。1983(昭和58)年には現所在地へ工場を移転。父親のもとで職人として働いていた豊明さんが社長を受け継いだ。
 


技術を生かし中華鍋以外の製品を作ることもある

現在、工場で働く職人は自身の息子3人を含む7人。取引を行う問屋は100社以上。専門店やネットショップにも流通しているので、プロアマ問わず愛用者は多い。直販でないため市場での価格はまちまちだが、一般的な鍋(片手中華鍋で1500~3000円程度)より少しばかり値は張る。しかし、横浜中華街にある中華料理店の多くが同社の鍋を使用しているという話もあるほどだ。
「数ミリ単位の注文など毎回違ったオーダーがくるんだよ。それをどうやって作ろうかと頭にイメージするのがおもしろい。ものづくりの楽しさだよね」と山田社長は話す。

ここで社長から、「工場の様子でも見学していくかい?」とありがたい提案が。
中華鍋が作られる工程を実際に見せていただけることになった。


「打ち出し」の極意を学びに工場へ! 詳細は次のページ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事