ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    クリスマスの時には工場特売特価市を開催しているファミール製菓。横須賀に移転したのですが、移転後も工場特売特価市は開催されるのでしょうか?取材をお願いします。

    YAM-3さん

    JR東日本の東海道線と横須賀線なんですが、戸塚〜横浜間はほぼ線路が並走しているのに、何故か横須賀線の方が速いです。同時に戸塚駅を出発すると、横須賀線の方が加速して東海道線を置き去りにしますが、横須賀線...

    ヨスケさん

    来年の守護仏は阿弥陀如来。そこで調べてみると武蔵稲毛六阿弥陀の半分が欠番でした。https://www.amazon.co.jp/dp/B0776Y7QB5いつから欠番なのか、また埋める予定はないのか...

    みなとみらいさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

金沢区で中華鍋を作っている、山田工業所さんを取材してください。キニナル。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

山田工業所が作る中華鍋は、1個につきハンマーで5000回から8000回も叩いて作られる日本で唯一の「打ち出し式」製法の鍋だった!

ライター:はまれぽ編集部 (2012年08月20日)

「打ち出し」の極意を見学

工場内には大きな機械が並び、「ガンガンガンガン」と鉄を叩く鈍い音が絶え間なく響いている。
 


機械の細部は企業秘密の部分も多い
 

案内してくれた山田社長の二男・憲治さん


最初の工程は一枚の鉄板を鍋の形にカットするところから始まる。
 


鍋の原型となる1枚の鉄板
 

鍋型にカットされた鉄板


次はいよいよ「打ち出し」の工程に入る。打ち出し成形機という機械に鉄板を挟み、特殊なハンマーでひたすら叩いていく。平均5000回、多い時には8000回を超える回数を叩いて、鍋の形に整えていく。ハンマーが当たる部分を微妙に調整しながら形や厚みを変化させていくテクニックはまさに職人技だ。
 


作る製品によって叩く回数が変わってくる
 

鍋の形に近づいてきたが、まだまだ作業は続く


打ち出しが終わったら次は「へりあげ」。プレス機を使って鍋に深さを出す工程だ。
 


写真左手の鍋がへりあげ後の姿


続いてへりの部分を整える「へりならし」、底面を平らにする「底ならし」へ。
 


鍋の縁(へり)をきれいに整える「へりならし」
 

「底ならし」で鍋の底面をなめらかに
 

ここまできたら工程はあと少し


この後もう一度「へりならし」を行い、工程はいよいよ最終段階へ。
山田工業所が作った日本で唯一の打ち出し鍋ということを証明する「刻印」が打たれる。
 


刻印の工程は一瞬の勝負。正確な場所に印を刻む
 

打出しの文字が誇らしい同社の刻印


最後に取っ手部分の加工、研磨、ニス塗りなどを経て1枚の鍋がようやく完成に至る。
ここまでの工程に要する時間は約1時間半。まさに根気がいる作業だ。
 


完成し出荷の時を待つ中華鍋
 

両手鍋など様々な種類の鍋が並ぶ


「既製品だけじゃなく、さまざまなオーダーがうちにはきます。そのオーダーに応え、お客さんに喜んでもらえることがこの仕事のやりがいですかね」と憲治さん。素朴な笑顔と丁寧な受け答えをしてくれるその姿からは、職人としての誇りを感じることができた。



まとめ

外食産業の不況もあり、最盛期は1日に700個ほどだった生産量も今は200個ほどだという。それでも今後も「打ち出し」にこだわる姿勢を変えるつもりはない。「オンリーワンの技術でオンリーワンの製品を作ることに意味があるんだよね」と山田社長。
 


近隣の小学校からの依頼で作ったスチールドラム


同社の掲げるモットーは「チャレンジ」。
どんなオーダーがきても必ず応えられるよう、日々新しい技術の開発や研究には余念がない。

金沢区福浦の小さな工場から生み出される、日本に1つしかない「オンリーワン」の中華鍋。
今後もそのチャレンジ精神からどんな製品が作られていくのか、ぜひ注目していきたい。


―終わり―


山田工業所
横浜市金沢区福浦1-3-29
045-782-5857
http://www.yamadanabe.com/index.html
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 353 面白くなかった 3

おすすめ記事


がるしあさん2012年08月20日 19時29分
この工場は以前、タモリ倶楽部にも出てましたね。その時初めて知りました。
そう思う 28 そう思わなかった 1