ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「日本ポールウォーキング協会」の事務局が馬車道駅近くにありました。本部は鎌倉市にあるようです。はまれぽエリア内なので、活動内容について実際に参加してのレポートをお願いいたします。

    羽後人さん

    横浜駅西口繁華街エリアの狭い路地にある、「いけばな 小原流教授」という看板を出している古いおうちが気になる!横浜駅西口を出て、橋を渡ってすぐのビックカメラ横浜西口店の角を左折して、FEELCYCLEと...

    hiziriyaさん

    戸部駅前の居酒屋NAGATOが気になります。戦艦の写真があったりで、中が気になるのですが、二階にあって外から覗けないので、是非調査お願いします!

    あずいちさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

その昔入江(湾)だった神奈川湊。しかし鎌倉時代までさかのぼると、今の横浜新道近辺まで入り海が広がっていたってホント? また、そのころの神奈川湊の範囲は?(yamaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

縄文時代まで遡ると横浜新道の辺りまで海だった。奈良時代から近代まで、人工的な埋め立てを除き、本来の海岸線や湾の範囲に大きな変化はない。

ライター:ほしば あずみ (2012年08月14日)

横浜新道は国道1号線のバイパス。
ざっくり横浜新道近辺というと、保土ヶ谷~戸塚間あたりになるだろう。
言うまでもなく現在は内陸部で、決して海が近いとはいえない場所だ。
 


紫のラインが横浜新道。今の海岸線まで一番近い場所でも3キロほどある


現在の海岸線は多くが埋め立てられたものであり、みなとみらい地区のように近代以降のものもあれば、江戸時代の新田開発によってできた埋立地もあるのはこれまでも何度かはまれぽでお伝えしたとおり。
だが、それらは河口付近の話。果たして横浜新道近辺まで入海だったというのは本当なのか?
調べてみると、横浜の内陸部分まで海岸線がある地図があった。
 


提供:(公財)横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センター

 

現在の地図を重ねてみると横浜新道近辺に海岸線があるのがわかる


だが、この海岸線は縄文時代のボーリングや発掘などの調査と土地の海抜にもとづく推定海岸線を参考にしたもの。縄文時代といえば今から約6000年前。約800年前の鎌倉時代よりさらに時代が遡っている。
横浜新道近辺が入海状態だったのはいったいどの時代までなのか、まずはこの海岸線の画像元である、横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センター(以下、埋文センター)に話をうかがってみる事にした。



詳しい歴史の話を聞きに埋文センターへ。詳細は次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事