ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜西口から8分くらい?少し前までシャグンというカレー屋さんがあった場合の隣にカフェ風スナックという店がオープンしました。外からは少しだけ中が見え、お客さんはいるようですが、どんな店だか全く分かりませ...

    たかし君さん

    日産スタジアムと横浜スタジアムが改修工事に入りますが、改修工事終了後はどのようになるの?

    ナチュラルマンさん

    ニュースなどでどきどき話題になっている「こども食堂」。身近な所にもあるのかな?と調べてみたところ元住吉に「木月こどもキッチン」武蔵新城に「てらこみーる」があるみたいです。残念ながら私には子供がいないの...

    ぴろさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
「11月25日今日は何の日?」
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「ハングリータイガー」は、アミューズメント的なノリで気になる存在。起源や歴史を知りたい!(mania、ドラくん)/当時横浜ベイスターズとコラボした商品がありました。今後もある?(コビン・ケスナー)

はまれぽ調査結果

アメリカのレストランスクールで学んだオーナーが、おいしいお肉をたっぷり食べて欲しいという思いで43年前に開店。現在コラボ企画の話は無いそう。

ライター:吉川 ゆこ (2012年11月12日)

白煙と油飛び散る名物ハンバーグ

まさしく地域密着型。本店である保土ケ谷店を含む全6店舗(保土ケ谷店、若葉台店、日野店、港北センター南店、トレッサ横浜店、横浜モアーズ店)がすべて横浜市にある。ハングリータイガーはハマっ子に愛されるレストランだ。
 


ハングリータイガー保土ケ谷本店


筆者、吉川はハングリータイガー未経験。まずは食べてみないと始まらないと、店に出向き看板商品であるハンバーグ(ランチ・レギュラーセットで1200円)を注文。

まずは店員さんがテーブルセッティング。大きな紙ナフキンが登場した。おまけに「油が飛び散るといけないので、お荷物をカバーしてください」と布を渡された。荷物を布で覆わなければいけないほど油が飛び散るのか?
 


紙ナフキンを胸もとまで上げて60秒ほど待つ・・・ってどういうことだ


来た! 店員さんが運んでくるハンバーグは鉄板の上で白煙を上げている。そして店員さんが、まん丸なハンバーグを半分に割り、その割った部分を鉄板に伏せるようにしてからソースをかけてくれた。
ハングリータイガーではこれを鉄板上での最終調理と呼んでいる。

さらに立ち上る白煙。油がぴちぴちと飛んで来る。
キニナルにもあった“アミューズメント的なノリ”って、このことか!
 


カメラが壊れるかと思うほど油が飛んでくる


紙ナフキンにあったように、60秒ほど経ってやっと落ち着いてきたので食べてみる。
噛みごたえのあるハンバーグだ。肉がごろごろしている。やわらか~いハンバーグをウリにしているハンバーグ専門店が目立つ昨今、ここまで無骨な感じのするハンバーグも珍しい。
 


ハンバーグは中までしっかり火が通っている


ハングリータイガーの代名詞ともなっている、この鉄板上での最終調理。実は保土ケ谷本店がオープンした当所は行っていなかったそうだ。

業務管理部の中藤さんの話によると、五感に訴えかける料理の提供をと従業員の発案からスタートしたそうだ。正確にいつからスタートしたのかは定かではないが、オープン後まもなく始めて、それが定着していった。

「お客様の8割はハンバーグを注文されます。単品だけでなく、ハンバーグとチキンなどを盛り合わせにしたメニューもあるので、圧倒的にハンバーグが出ます。もちろん当店のおすすめも、ハンバーグです。つなぎを使用していない牛肉100%のハンバーグを炭火でじっくり焼いています。当店オリジナルのハンバーグソースをかけてお召し上がりください。おいしいお肉をたっぷり食べていただきたいので、ハンバーグは1個220gのお肉を使用しています」(中藤さん)
 


注文を受けてから約10分かけてハンバーグを焼く


ステーキなどほかのメニューも自信を持って提供されているのだが、ハンバーグにかける思いは半端ない。おいしいお肉をたっぷり食べてほしい。そんな思いから生まれたハンバーグはどのようにして生まれたのだろうか?


外食産業の先駆け的存在だった!ハングリータイガーの歴史は次のページ 

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事