ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    実質は活動の中心が東京となっている地元横浜/神奈川の放送局「アール・エフ・ラジオ日本」。既に多くのAM放送局が導入しているFM補完放送(ワイドFM)は周波数割り当てされているにもかかわらず未だに開始さ...

    よこはまいちばんさん

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

    日曜日のNHKの『小さな旅』で大岡川が特集されていました。大岡川の桜で染めた着物や帯を作っている着物屋さんが紹介されていました。かなりこだわったお店だそうです。呉服店には中々入りにくいので、ぜひ変わり...

    あらたたけるさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

【はまれぽ出版特別企画】 わんこそば108杯に挑戦して煩悩を飲み込み、はまれぽ本ベストセラー祈願!

はまれぽ調査結果

ライター松宮は85杯、編集長・吉田氏は23杯食べて計108杯を完食! 煩悩を飲み込むとともにまたまた、はまれぽ本ベストセラーを祈願した!

ライター:松宮 史佳 (2012年12月30日)

12月某日。バンジーとの死闘を終え、ベッドの上で数日間ぐったりしている松宮に一本の電話が! 半分寝ぼけたまま電話に出ると、メガネを掛けた悪魔(編集部・吉田氏)の声!イヤな予感がして飛び起きると・・・

「お前、頑張ってバンジー飛んだからメシおごってやる!(by吉田氏)」と上機嫌な様子。「・・・もうこんな珍事は一生巡ってこないだろう」と思い、吉田氏が待ち合わせ場所として指定した東急東横線東白楽駅へ。
 


「あれ?!」吉田氏の姿がない!
  

「・・・もしや忘れたとか? あり得る・・・」と思っていると、悪びれもせず遅れて吉田氏が登場! 謝りもせず、「ほら行くぞ!」といつもの調子で先に歩いて行く。住宅街を抜け、駅から数分でおそば屋さんの「たち花」に到着!
 


「やった!年越しそばだ!」と中へ
 

すると、吉田氏はニヤリと笑い「そばはそばでも、お前が食べるのは『わんこそば』だっ」と一言。

「えー!!!」と大声を張り上げる松宮。
 
“食事へのご招待”の本当の意図は「煩悩の数と同じ108杯のわんこそばを食べ、煩悩を飲み込むとともにはまれぽ本が売れるように祈願しろ!」ということだったのだ!

 
実は松宮、「音を立ててそばをすする」ことができない。しかもそばをよく噛まないと飲み込めないので、「そばを食べるのが非常に遅い」。・・・飲むようにテンポよく食べなくてはいけないわんこそばにとって、致命的なのでは・・・?

 
「絶対無理!」と言うが、「取材で6kgのパフェも食っただろっ」と意に介さない吉田氏。

 
「たち花」店主の小清水浩一さんによると、「毎日、少なくとも一組はわんこそばを食べに来る」とのこと。関東でわんこそばを食べられるのは「おそらくここだけ(小清水さん)」。なので、「土日はわんこそばを食べるお客さんの予約でいっぱい」だとか!

 


「たち花」店主の小清水浩一さんと女将の恵子さん
 


2階にある店舗の真下でそばを打っている
 

小清水さんによると、「わんこに使うそばも自家製麺で通常のそばと同じもの」だとか。そば粉は3種類をブレンドしている本格派。
「たち花」では、「手打ちざるそば」や“そば・茶そば・天ぷら山菜”などが付いた「みちのくそば」(1200円)など、わんこそば以外のメニューも人気が高いそうだ。
 


1976(昭和51)年創業の「たち花」には多くの有名人が来店している
 
 
 

108杯のわんこそばに挑戦!
 
と、お店のことをいろいろ伺ったところで、いよいよわんこそばに挑戦することに!
 


わんこそばにも天ぷら・山菜・ねぎなどの薬味が付いている
 

「頑張るぞ!って感じでポーズ決めろ(by吉田氏)」
 

・・・ここまできたらやるしかない。「はまれぽの取材で何度覚悟を決めたのだろう」と今年を振り返る松宮。
 
トレーに大量のわんこそばが載せられてくる。

 


まずは1杯目! 「わー、美味しそう!」

 
わんこそばに使われているそばは“そば殻”も入っている。そばそのものの風味が楽しめて美味しい! お椀の中にそばつゆは入っておらず、そば自体に味付けされている。
 
わんこそばの量はひと口サイズ。「わんこそば15杯で通常のそば1枚分」と女将さん。100杯食べるのには「だいたい20分くらい」。女性が完食できる平均は60杯ほど。「女性は80杯、男性は100杯食べると岩手の記念品がもらえる」そうだ。
 


常に次のそばが準備されている
 

「そばを飲み込むように食べる→お椀にそばを入れる→また食べる」というのが大量にわんこそばを食べるコツらしい。
 
だが、松宮の場合、普段の100倍速で食べてはいるものの、「なんとか口にそばを入れる→噛んでそばを分解→やっと飲み込む…」という“通常の食事と同じペース”になっている。
 


なかなかそばを飲み込めない


吉田氏と女将さんに見つめられる中、自分1人だけ「そばを食べ続ける」というのは心理的な圧迫感がある。わんこそばは4名以上から予約可能。「確かに1人では食べにくいですね。皆で賑やかに食べた方が食べやすいですよ」と女将さん。
 


食べたら「はい!」「どんどん!」「それ!」とすぐに次のそばが!

 
これまでの生涯にないスピードでそばを食べまくる松宮。
 


が、20分でまだ30杯目=通常のそばの2枚分!
 

お椀につゆは入っていないものの、つゆにくぐらせて味付けをしている。そのため、お椀には少しずつつゆが溜まっていくので、ほかの器につゆを入れる。
 
・・・30杯目にしてかなりお腹いっぱい。ペースがさらに落ちた松宮に「ゆっくりだとそばのカサが増すので、早く食べた方がいいですよ」とアドバイスをしてくれる女将さん。
 


と、いうことで手がブレルほどスピードアップ!
 

あれだけ食べまくってまだ40杯!?と愕然 

こんなペースで108杯完食できるのか!?・・・次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事