ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

市内に「天王町日用品市場」「市沢日用品市場」とう長屋風の商店(ミニ市場)がありますが、現存する「日用品市場」はどれくらいありますか?全盛期にはどこにどれだけのありましたか?(町田県民さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

市場の形が残っていても空き店舗が多く、現存といえるのは5ヶ所程度。1920~30年代に58ヶ所新設され、1970年代には約90ヶ所がにぎわっていた。

ライター:山口 愛愛 (2013年03月03日)

継続の厳しさを知る
 
日用品市場といっても、想像がつかない人もいるだろう。どの地域にどのくらい存在するのか、Googleマップで「日用品市場」と検索してみたが1軒も表示されなかった。それほど馴染みの少ないものになっている。
 


「あった」と思ったがどれも「市場」違いだった


日用品市場(正式には日用品小売市場)は卸し専門の市場ではなく、小売商店(青果店、鮮魚店、雑貨店など)が集まったもので、大正時代から導入された業態だ。屋根付きで奥行きのある建物の両側に小売店が並ぶ、長屋風の商店街のようなもの。戦後に路上で野菜などを販売するヤミ市から発展した市場が多いため、このような形が主流だ。

まずは投稿にあった2つの市場を探してみよう。情報が少なく、はっきりとした場所はわからないが、保土ケ谷区の天王町へ足を運ぶ。通行人数人に市場のことを聞いてみても「わからない」と言われてしまった。
 
 


天王町シルクロードの近く。国道16号の向こうは、
松原商店街

  


天王町日用品市場へ
 
相鉄線天王町駅付近に着いたものの、場所がわからず途方にくれる。こんなときは母に電話をするしかない。松原商店街で生まれた記者。母は昭和40~50年代に天王町で喫茶店を営んでいたので、この辺の立地に詳しい。

話をすると「銭湯(保土ケ谷浴場)の前あたり」という。銭湯は2006(平成18)年で姿を消していたが、横浜信用金庫付近というヒントをもとに場所がわかったので潜入してみよう。

「え?」。その場に行ってみたが、足がすくんだ。薄暗い入口。奥からすうっとよどんだ空気が漂ってくるようだ。
 


荒んでいるが、奥にかろうじて蛍光灯がついていた

 

細い通りに古めかしい工具や空き缶、ダンボールなどが置いてある
 


「鶏肉中村屋」の看板。精肉店があったのだろう。冷蔵ケースも置き去りに

 


トタン屋根の高い天井には所々穴が


時代から置き去りにされている空間の中でゆっくりと歩みをすすめる。心細いが灯りが見えてきた。まさか、この中に営業している店があるのだろうか。近付くと、コインランドリーの看板が。
 


  


コインランドリーが営業中!洗濯機が1台まわっていた

 


ランドリー内は清潔だが、周辺には商店の廃棄物で散らかっている


通路の中央は十字になっていたので、別の出口から外へ。こんな佇まいの市場の外側に中華店があった。「休業中」とあるが、2013年に入ってからの営業日が書いてあったので、「不定休」のお知らせなのだろう。
 


「上海飯店」の前のホワイトボードに2月中の連休のお知らせが書いてあった


この実態を母に伝えると「昭和20年代は、『買い物といえば伊勢佐木モールか天王町商店街』といわれるくらいにぎわっていたのに・・・」と残念がっていた。昭和40年代は銭湯の帰りにこの市場で買い物をし、ラーメンを食べるのが楽しみだったという。中には鮮魚店もあり、アサリやカキが美味しくて近所の人がこぞって買っていたと懐かしんでいた。

市場の建物は残っていたが、現存しているとはいいがたい状況だということを確認し、この場をあとにした。
 


続いて旭区へ、今もにぎわう市沢日用品市場・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事