検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

横浜は洋食屋さんのイメージがあります。チェーン店ではなく、家族経営のアットホームな美味しい洋食屋さんを教えてください。(河童丸さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

東急東横沿線のアットホームな洋食店「洋食ポワレ」「ソフト珈琲」「SunRoad(サン・ロード)」の3軒を紹介。

  • LINE
  • はてな

2013年05月14日

ライター:クドー・シュンサク

横浜市内のアットホームな洋食店巡り。前回の横浜駅・野毛界わい編に続く第3回。東急東横線沿線にあるアットホームな1店は10年以上、ほか2店は40年ほど続く洋食店を紹介する。
 


港北区綱島「洋食ポワレ」

東急東横線綱島駅から徒歩10分程度、ひっそりとした県道沿いに存在感漂う「洋食ポワレ」。
 


落ち着いたトーンの外観


店内に入ると、昼食のピーク時を過ぎた時間帯ながら、カウンターのみの店内は満席状態。

 

静かながら明るい雰囲気のゆったりとした店内
 

食券を買うスタイル
 

厨房が忙しそうだったので、店主のオススメではなく筆者の独断で券売機上のおすすめAランチと、あまり目にしない「ドライカツ」を注文。食券をカウンターで手渡し、しばし待つ。
 


「あ・うん」の呼吸で料理をさばくキッチン内


カウンターからのぞくキッチンから、フライの揚がる音とソース類の芳醇な香りが漂ってくる。こういう臨場感も食欲を後押しする。
 


おすすめAランチ(850円)


おすすめAランチは大ぶりのエビフライとチキンソテーに目玉焼き。特製のドレッシングがかかった大盛りのサラダもうれしい。
「カラッ」と揚がったエビフライは卵をふんだんに使用しているタルタルソースで昇天。ふんわりジューシーに焼かれたチキンソテーは薄味ながら塩気がほどよくご飯に合う。コンソメスープの素朴な味わいは、ボリュームあるメインの料理を引き立てている。
そして気になるドライカツ。
 


ドライカツ(700円)


パラリと炒められたドライカレーにサクサクのポークカツ。そこにカレーがかかる。
スパイシーなドライカレーと甘みとコクの強いカレールーの異種カレー競演。食はガシガシ進む。空腹をただただ満たしたい時にはうってつけの逸品。

どっかり洋食を腹にため、店主の方に話を伺った。
 


「いいよ、いろいろ聞いてくれて」との声を背中からいただく


ここ「ポワレ」は今から11年前の2002(平成14)年に開店。それまで店主は日吉の「シュゼット」という洋食店に勤務していたとのこと。11年前に独立し、「シュゼット」で覚えた味を自分流にアレンジし、ポワレのメニューにしているという。平日はサラリーマンでにぎわい、土日は夫婦やカップル、家族連れが多く来店するそう。

淡々とした語り口の店主、こだわりを伺うと「特別にはないけど・・・ひき肉かな」とのこと。ハンバーグやメンチカツに使うパテは牛肉のみ、国産牛のスネ肉と豪州産の牛バラ肉を8:2の割合で挽いているという。
 


開店以来、「初めて」取材を受けてくれたポワレ店主の川又輝夫(かわまたてるお)さん


ドライカツは「シュゼット」で覚えたメニューで、「ウチの独自ってわけでもないけど、頼むお客さんは多いよ」とのこと。
 
 

白楽駅にひっそりとある洋食店「ソフト珈琲」は・・・次のページ≫ 
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜発祥「ナポリタン」 現在に至るまでの歴史とは?

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ?「関内」編

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

「かをり」本店を覆う緑のカーテン、一体、どこから生えている?

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

横浜の老舗「勝烈庵」、店の歴史やソースを販売しない理由とは?

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

新着記事

新横浜ラーメン博物館・平成最後の新店「八ちゃんラーメン」とは?

    • 面白かった6
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2019年06月17日

雨でも楽しい横浜!屋内スポット紹介【編集部厳選】

    • 面白かった10
    • 面白くなかった6
    • コメント0
  • 2019年06月16日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

おかえり「FREEWAY428」! 横浜発のアパレルブランドが元町に帰ってきたぞ〜

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜駅西口からほど近い、岡野町の路地裏に、最近では見かけなくなったプラモデル店を見かけました。ウイン...

  • 子安、新子安間にある「入江橋」は歴史のある橋のようです。「復興局」という銘板が気になりませんか?入江...

  • 厚木市にある「あつぎのえいがかんkiki」では6月15日で支配人を含めアルバイト従業員が全員退職とい...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング