ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    何人か投稿してますが六角家が閉店っぽい。

    山下公園のカモメさん

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
18位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
19位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
23位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
26位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
30位
知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

港北土木事務所の「どぼくねこ」というゆるキャラが気になります。是非調査して下さい。(poipoiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

公式サイトの開設がきっかけ。「ネコでも安心して歩ける道づくり」を目標にキャラクターを模索していたとき、手元にちょうど、ネコの着ぐるみがあった

ライター:河野 哲弥 (2013年06月03日)

なぜネコなの? どんなネコなの?

今回登場する「どぼくねこ」。作業着風のパンツにヘルメットを着用した姿でおなじみ、港北土木事務所独自のゆるキャラだが、誕生のきっかけは何にあったのだろう。プロフィールなどはあるのだろうか。
 


これが「どぼくねこ」、港北土木事務所のサイトより


まずは、生みの親となる港北土木事務所を訪ねてみることにした。
約束の時間より前に着いてしまったので、敷地内を見渡していたところ、こんな景色が目に入った。
 


ゴミのようなものが、分別されて置かれている


家庭用のゴミであれば、資源循環局が管轄部署となるはずなのに、なぜここに置かれているのだろう。「とぼくねこ」に限らず、土木事務所の業務内容なども、伺ってみることにしよう。



目標は「ネコでも安心して歩ける道づくり」

取材を受けていただいた同事務所の川口さんによれば、「あのゴミは、道路などに不法投棄されていたもので、土木事務所が回収してきたんです」とのこと。

港北土木事務所の主な仕事は、区内にある道路・下水道・公園などの快適な環境を守るため、これらを安全に維持・管理すること。区民から寄せられた要望の対応はもちろんのこと、1日2回自らパトロールをして、不法投棄物の発見と撤去に努めているそうだ。
 


粗大ゴミの投棄が目立つのは、有料になったからか


こうした作業を土木事務所が行っていること自体、あまり、住民に知られていないのではないだろうか。
その理由について川口さんは、「土木事務所は、もともと道路局の出先機関だったこともあり、独立したサイトなどを持っている事務所が少ないんです。たいていは、道路局のサイト中に埋もれてしまい、情報発信量も少ない」と話す。

そこで、港北土木事務所は2004(平成16)年、他区に先がけて独自のサイトを立ち上げることになったそうだ。また、「お堅い業務内容」をもっと身近に感じてもらおうと、何かいいアイデアがないか検討することになったらしい。ちょうどその時、中区役所から借りていた着ぐるみが、偶然同事務所内にあったのだという。
 


こうして初代「どぼくねこ」が誕生、ネコというよりイヌっぽい


「今でこそゆるキャラがブームになっていますが、当時は流行するとは思っていなかったので、いろいろな意味でアバウトなところがあります」。写真を見ながら川口さんは、そう続ける。
ネーミングについては、道路を気楽に散歩するネコをイメージし、イベントなどで子どもたちにも親しまれるよう、ひらがな表記の「どぼくねこ」にしたそうだ。



現在のキャラは、市の職員が描いたもの

初代「どぼくねこ」は、2004(平成16)年から、港北区内のイベントなどで活動を始めた。しかし、正直、今ほどの人気は出なかったそうだ。
そこで3年後の2007(平成19)年、当時の港北区役所職員が描いたイラストを元にリニューアルしたのが、現在の「どぼくねこ」となる。

 

パトロールカーにも乗っちゃう、新「どぼくねこ」


なお、この写真を見ると、首以下の部分は初代のままであることが分かる。予算の関係から、頭の部分しか作成できなかったそうだが、「過去の経緯を知っていると、何だか、アンバランスですよね」と川口さん。
 


しかし、現場では大人気となった新キャラ
 

そのプロフィールなど


一時は年齢や血液型などのプロフィールも決めようとしたが、有名になるにつれ「子どもたちに夢を与える」ことも重要と、今ではあえて設定していない。出現場所は、毎年秋に行われる「ふるさと港北ふれあいまつり」ほか、今年3月に行われた市営地下鉄グリーンライン開通5周年イベントなど、港北区にまつわる行事が中心となっている。


こうして「どぼくねこ」は世間の注目を浴びていくが・・・キニナルその後は次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事