検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

港北土木事務所の「どぼくねこ」というゆるキャラが気になります。是非調査して下さい。(poipoiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

公式サイトの開設がきっかけ。「ネコでも安心して歩ける道づくり」を目標にキャラクターを模索していたとき、手元にちょうど、ネコの着ぐるみがあった

  • LINE
  • はてな

2013年06月03日

ライター:河野 哲弥

なぜネコなの? どんなネコなの?

今回登場する「どぼくねこ」。作業着風のパンツにヘルメットを着用した姿でおなじみ、港北土木事務所独自のゆるキャラだが、誕生のきっかけは何にあったのだろう。プロフィールなどはあるのだろうか。
 


これが「どぼくねこ」、港北土木事務所のサイトより


まずは、生みの親となる港北土木事務所を訪ねてみることにした。
約束の時間より前に着いてしまったので、敷地内を見渡していたところ、こんな景色が目に入った。
 


ゴミのようなものが、分別されて置かれている


家庭用のゴミであれば、資源循環局が管轄部署となるはずなのに、なぜここに置かれているのだろう。「とぼくねこ」に限らず、土木事務所の業務内容なども、伺ってみることにしよう。



目標は「ネコでも安心して歩ける道づくり」

取材を受けていただいた同事務所の川口さんによれば、「あのゴミは、道路などに不法投棄されていたもので、土木事務所が回収してきたんです」とのこと。

港北土木事務所の主な仕事は、区内にある道路・下水道・公園などの快適な環境を守るため、これらを安全に維持・管理すること。区民から寄せられた要望の対応はもちろんのこと、1日2回自らパトロールをして、不法投棄物の発見と撤去に努めているそうだ。
 


粗大ゴミの投棄が目立つのは、有料になったからか


こうした作業を土木事務所が行っていること自体、あまり、住民に知られていないのではないだろうか。
その理由について川口さんは、「土木事務所は、もともと道路局の出先機関だったこともあり、独立したサイトなどを持っている事務所が少ないんです。たいていは、道路局のサイト中に埋もれてしまい、情報発信量も少ない」と話す。

そこで、港北土木事務所は2004(平成16)年、他区に先がけて独自のサイトを立ち上げることになったそうだ。また、「お堅い業務内容」をもっと身近に感じてもらおうと、何かいいアイデアがないか検討することになったらしい。ちょうどその時、中区役所から借りていた着ぐるみが、偶然同事務所内にあったのだという。
 


こうして初代「どぼくねこ」が誕生、ネコというよりイヌっぽい


「今でこそゆるキャラがブームになっていますが、当時は流行するとは思っていなかったので、いろいろな意味でアバウトなところがあります」。写真を見ながら川口さんは、そう続ける。
ネーミングについては、道路を気楽に散歩するネコをイメージし、イベントなどで子どもたちにも親しまれるよう、ひらがな表記の「どぼくねこ」にしたそうだ。



現在のキャラは、市の職員が描いたもの

初代「どぼくねこ」は、2004(平成16)年から、港北区内のイベントなどで活動を始めた。しかし、正直、今ほどの人気は出なかったそうだ。
そこで3年後の2007(平成19)年、当時の港北区役所職員が描いたイラストを元にリニューアルしたのが、現在の「どぼくねこ」となる。

 

パトロールカーにも乗っちゃう、新「どぼくねこ」


なお、この写真を見ると、首以下の部分は初代のままであることが分かる。予算の関係から、頭の部分しか作成できなかったそうだが、「過去の経緯を知っていると、何だか、アンバランスですよね」と川口さん。
 


しかし、現場では大人気となった新キャラ
 

そのプロフィールなど


一時は年齢や血液型などのプロフィールも決めようとしたが、有名になるにつれ「子どもたちに夢を与える」ことも重要と、今ではあえて設定していない。出現場所は、毎年秋に行われる「ふるさと港北ふれあいまつり」ほか、今年3月に行われた市営地下鉄グリーンライン開通5周年イベントなど、港北区にまつわる行事が中心となっている。


こうして「どぼくねこ」は世間の注目を浴びていくが・・・キニナルその後は次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

資源循環局にイラストの上手なおじさんがいるって本当?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

音楽が聞こえない野毛の「音楽通り」、音楽との関係性は?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

はまれぽヒストリー! ○年前の今日はどんな記事?(12月3日)老舗「勝烈庵」はソースの販売をしないの?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.6 アルバイト代で夕ごはんを! 粋な「横浜橋商店街」歩き

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった181
    • 面白くなかった4
    • コメント2
  • 2019年01月16日

新横浜プリンスホテル、「傾いてません」! 開業以前からささやかれる噂の真相とは

    • 面白かった41
    • 面白くなかった10
    • コメント0
  • 2019年01月17日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

レアなストレッチジム「five」で身体を整えトレーニング効率アップ。ホットヨガ専用のフロアも完備! 

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 片瀬江ノ島駅の竜宮城風の駅舎が1/19で閉鎖されるそうです。リニューアルするようですが、どんな感じに...

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング