ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    くっきーさんのキニナルに追加で、横浜が寄贈したものも海外まで探しに行って頂けたらとおもいます。

    かにゃさん

    姉妹都市のサンディエゴから寄贈された山下公園の水の守護神は有名ですが、その他の姉妹都市間寄贈品はありますか?以前サンディエゴに在住していた際に発見したのですが、サンディエゴのシェルター島西端には横浜か...

    くっきーさん

    最近のシェアハウスは、コンセプト型が多いと聞きましたが、横浜のシェアハウスでは、どんなコンセプトがありますか?

    マンチカンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月28日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
4位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
5位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
6位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
7位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
8位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
9位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
10位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
11位
横浜市には打つ手はあるか? ごみ屋敷の実態に迫る!【後編】
12位
【はまれぽ名作選】激安商店街と名高い「松原商店街」と「大船商店街」。一体どちらが「本当の激安」なのか?
13位
【ニュース】相鉄が9年ぶりに新型車両を導入!
14位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
15位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
16位
横浜市電が海に沈んだ? 車両の魚礁化計画があったって本当!?
17位
青葉区にあるコーヒー通販「ブルックス」は元々日本茶店だったって本当?
18位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
19位
【はまれぽ名作選】某街番組でも取材拒否!? 保土ケ谷区のとあるビルの上にある謎の岩の正体に迫る!
20位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
21位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
22位
神奈川県の観光情報サイトなのに、なぜ「東京」!? いったい、どういうつもり?
23位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
24位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
25位
【はまれぽ名作選】風情ある門前町「弘明寺駅」と「弘明寺商店街」の歴史について教えて!
26位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
27位
【ニュース】架線トラブルで横須賀線に遅延
28位
一見分かりにくい!? 市営バスの系統番号はどうやって決めているの?
29位
【ニュース】三和交通が今年も「心霊スポット巡礼ツアー」を実施!
30位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

エコバッグの普及の時代に有隣堂が「10色のブックカバー」にこだわる理由がキニナル(スさん)/有隣堂では大きい本にカバーをかけてくれます。これは有隣堂ならではのこだわりなんでしょうか?(ハムエッグさん)

はまれぽ調査結果

営業戦略であると同時に、レジでの会話を通してお客様とのコミュニケーションを演出する狙いも。大きな本にもかけるのは、純粋に書籍の保護のため。

ライター:松崎 辰彦 (2013年07月09日)

有隣堂の文庫本にはカラーカバーがついている

「カバーをおつけしますか?」──
書籍を買うと、書店のレジでこう聞かれることが多い。この言葉に「ハイ」と応えると、有隣堂では文庫の場合、「何色になさいますか?」とさらに訊ねられる。

ダークブルー・ライトブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・ピンク・ワインレッド・アイボリー・グレー・ブラックの10色の中から指定できて、たとえば「オレンジ」と伝えると、店員さんが手際よくオレンジのカバーをかけてくれる。
 


有隣堂の文庫カラーカバーは多くの人に認知されている
(画像提供:有隣堂)


このサービスに関して、初めて有隣堂で本を買った客の中には、ときにかなり驚く人もいるようである。買った本にカバーをかけてくれるサービスは他店にもあるが、カラーのカバーで色を自分で選択できるのは、ほかに例がないようだ。

こうした有隣堂の文庫カラーカバーであるが、投稿者も書いているように、エコの時代にブックカバーなんてといぶかる向きもあるかもしれない。
「エコに逆行、ですか? いいえ、そうではありません。カバーを掛けることで本を守ることができますし、そちらの方がむしろエコであると私どもは考えております」
そう明言するのは有隣堂店売事業部の飯沼清隆さん。伊勢佐木町にある有隣堂本店でお話を伺った。
 


伊勢佐木町にある有隣堂本店
 

飯沼清隆さん


「このサービスは1977(昭和52)年10月の読書週間から始まりました。当時は単行本の売り上げが主流だったのですが、そうした状況の中で文庫本を普及させることを考えたときに出されたアイデアでした」

当初は純粋な営業戦略として発案された文庫カラーカバーだったが、現在ではもう一つ、大切な存在理由がある。
「お客様との会話のきっかけになれば、と。店とお客様のコミュニケーションの糸口になればということがあります」
“カバーをおつけしますか? 何色になさいますか?”という言葉をかけることで、「いらっしゃいませ、ありがとうございました」だけでは通じないものを、伝達しようとしているようである。



10色ある文庫カラーカバー

誕生当時はダークブルー・ライトブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・ピンク・ワインレッドの7色だったものが、顧客からの「モノトーンもほしい」という声に応じてアイボリー・グレー・ブラックを加えたという文庫カラーカバー。ちょっとしたサービスと言えるが、それでも文庫本すべてに用意するとなれば、費用等もそれなりにかかるはずである。

どのカバーに人気があるか──と調べると、人気ベスト5はブラック・ダークブルー・グリーン・ライトブルー・ワインレッドの順番だとか(2009〈平成21〉年~2010〈平成22〉年)。
 


全部で10色の文庫カラーカバー




ここで伺ったのが、カバーの発注量。色ごとに分類していただいた。
半年分の枚数である。

 

ブラック 206,500枚
ライトブルー 201,300枚
グリーン 195,900枚
ダークブルー 182,350枚
ワイン 167,800枚
ピンク 137,000枚
オレンジ 136,197枚
グレー 136,650枚
アイボリー 104,000枚
レモン 87,779枚


どの色を見ても相当数、使用されていることがわかる。



それぞれの楽しみ方がある

それでは肝心の顧客の感想はどうなのだろう。
「何冊か買われるときに、一冊ずつどの色にするかを楽しんで選ばれる方が多いです」と飯沼さん。さらには「本を10冊買われるときに、すべての色をご指定されるお客様がおられます」と、なかなか熱心なファンもいるようだ。

「いつも同じ色を選ばれる方、季節で違う色を選ばれる方、ご主人のものとお子様のものとご自分のもので色分けされる方など、お客様それぞれの楽しみ方があるようにお見受けします」
 


読者にはおなじみの有隣堂の文庫カラーカバー


当然ながら“文庫だけでなくハードカバー用のカラーカバーはないの?”という声もあるが、単行本は大きさが一定でなく、そしてやはり費用面での負担を考えると、実現は難しいとのことだった(もちろん投稿者も記しているように、通常の大きさの単行本にも、有隣堂独自の落ち着いた色調のブックカバーが用意されており、また大型本にも、希望すればカバーをつけてもらえる。これはこだわりというよりも、あくまで本の保護であり、純粋にお客様へのサービスということのようである)。


カバーに使用されている紙の秘密とは?・・・続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

藤棚町にある「第七有隣堂」、有隣堂からのれん分けされた経緯は

伊勢佐木町には古書店が多いの?

「本」に関するキニナル