ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    クリスマスの時には工場特売特価市を開催しているファミール製菓。横須賀に移転したのですが、移転後も工場特売特価市は開催されるのでしょうか?取材をお願いします。

    YAM-3さん

    JR東日本の東海道線と横須賀線なんですが、戸塚〜横浜間はほぼ線路が並走しているのに、何故か横須賀線の方が速いです。同時に戸塚駅を出発すると、横須賀線の方が加速して東海道線を置き去りにしますが、横須賀線...

    ヨスケさん

    来年の守護仏は阿弥陀如来。そこで調べてみると武蔵稲毛六阿弥陀の半分が欠番でした。https://www.amazon.co.jp/dp/B0776Y7QB5いつから欠番なのか、また埋める予定はないのか...

    みなとみらいさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

エコバッグの普及の時代に有隣堂が「10色のブックカバー」にこだわる理由がキニナル(スさん)/有隣堂では大きい本にカバーをかけてくれます。これは有隣堂ならではのこだわりなんでしょうか?(ハムエッグさん)

はまれぽ調査結果

営業戦略であると同時に、レジでの会話を通してお客様とのコミュニケーションを演出する狙いも。大きな本にもかけるのは、純粋に書籍の保護のため。

ライター:松崎 辰彦 (2013年07月09日)

有隣堂の文庫本にはカラーカバーがついている

「カバーをおつけしますか?」──
書籍を買うと、書店のレジでこう聞かれることが多い。この言葉に「ハイ」と応えると、有隣堂では文庫の場合、「何色になさいますか?」とさらに訊ねられる。

ダークブルー・ライトブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・ピンク・ワインレッド・アイボリー・グレー・ブラックの10色の中から指定できて、たとえば「オレンジ」と伝えると、店員さんが手際よくオレンジのカバーをかけてくれる。
 


有隣堂の文庫カラーカバーは多くの人に認知されている
(画像提供:有隣堂)


このサービスに関して、初めて有隣堂で本を買った客の中には、ときにかなり驚く人もいるようである。買った本にカバーをかけてくれるサービスは他店にもあるが、カラーのカバーで色を自分で選択できるのは、ほかに例がないようだ。

こうした有隣堂の文庫カラーカバーであるが、投稿者も書いているように、エコの時代にブックカバーなんてといぶかる向きもあるかもしれない。
「エコに逆行、ですか? いいえ、そうではありません。カバーを掛けることで本を守ることができますし、そちらの方がむしろエコであると私どもは考えております」
そう明言するのは有隣堂店売事業部の飯沼清隆さん。伊勢佐木町にある有隣堂本店でお話を伺った。
 


伊勢佐木町にある有隣堂本店
 

飯沼清隆さん


「このサービスは1977(昭和52)年10月の読書週間から始まりました。当時は単行本の売り上げが主流だったのですが、そうした状況の中で文庫本を普及させることを考えたときに出されたアイデアでした」

当初は純粋な営業戦略として発案された文庫カラーカバーだったが、現在ではもう一つ、大切な存在理由がある。
「お客様との会話のきっかけになれば、と。店とお客様のコミュニケーションの糸口になればということがあります」
“カバーをおつけしますか? 何色になさいますか?”という言葉をかけることで、「いらっしゃいませ、ありがとうございました」だけでは通じないものを、伝達しようとしているようである。



10色ある文庫カラーカバー

誕生当時はダークブルー・ライトブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・ピンク・ワインレッドの7色だったものが、顧客からの「モノトーンもほしい」という声に応じてアイボリー・グレー・ブラックを加えたという文庫カラーカバー。ちょっとしたサービスと言えるが、それでも文庫本すべてに用意するとなれば、費用等もそれなりにかかるはずである。

どのカバーに人気があるか──と調べると、人気ベスト5はブラック・ダークブルー・グリーン・ライトブルー・ワインレッドの順番だとか(2009〈平成21〉年~2010〈平成22〉年)。
 


全部で10色の文庫カラーカバー




ここで伺ったのが、カバーの発注量。色ごとに分類していただいた。
半年分の枚数である。

 

ブラック 206,500枚
ライトブルー 201,300枚
グリーン 195,900枚
ダークブルー 182,350枚
ワイン 167,800枚
ピンク 137,000枚
オレンジ 136,197枚
グレー 136,650枚
アイボリー 104,000枚
レモン 87,779枚


どの色を見ても相当数、使用されていることがわかる。



それぞれの楽しみ方がある

それでは肝心の顧客の感想はどうなのだろう。
「何冊か買われるときに、一冊ずつどの色にするかを楽しんで選ばれる方が多いです」と飯沼さん。さらには「本を10冊買われるときに、すべての色をご指定されるお客様がおられます」と、なかなか熱心なファンもいるようだ。

「いつも同じ色を選ばれる方、季節で違う色を選ばれる方、ご主人のものとお子様のものとご自分のもので色分けされる方など、お客様それぞれの楽しみ方があるようにお見受けします」
 


読者にはおなじみの有隣堂の文庫カラーカバー


当然ながら“文庫だけでなくハードカバー用のカラーカバーはないの?”という声もあるが、単行本は大きさが一定でなく、そしてやはり費用面での負担を考えると、実現は難しいとのことだった(もちろん投稿者も記しているように、通常の大きさの単行本にも、有隣堂独自の落ち着いた色調のブックカバーが用意されており、また大型本にも、希望すればカバーをつけてもらえる。これはこだわりというよりも、あくまで本の保護であり、純粋にお客様へのサービスということのようである)。


カバーに使用されている紙の秘密とは?・・・続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事