検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

エコバッグの普及の時代に有隣堂が「10色のブックカバー」にこだわる理由がキニナル(スさん)/有隣堂では大きい本にカバーをかけてくれます。これは有隣堂ならではのこだわりなんでしょうか?(ハムエッグさん)

はまれぽ調査結果!

営業戦略であると同時に、レジでの会話を通してお客様とのコミュニケーションを演出する狙いも。大きな本にもかけるのは、純粋に書籍の保護のため。

  • LINE
  • はてな

2013年07月09日

ライター:松崎 辰彦

有隣堂の文庫本にはカラーカバーがついている

「カバーをおつけしますか?」──
書籍を買うと、書店のレジでこう聞かれることが多い。この言葉に「ハイ」と応えると、有隣堂では文庫の場合、「何色になさいますか?」とさらに訊ねられる。

ダークブルー・ライトブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・ピンク・ワインレッド・アイボリー・グレー・ブラックの10色の中から指定できて、たとえば「オレンジ」と伝えると、店員さんが手際よくオレンジのカバーをかけてくれる。
 


有隣堂の文庫カラーカバーは多くの人に認知されている
(画像提供:有隣堂)


このサービスに関して、初めて有隣堂で本を買った客の中には、ときにかなり驚く人もいるようである。買った本にカバーをかけてくれるサービスは他店にもあるが、カラーのカバーで色を自分で選択できるのは、ほかに例がないようだ。

こうした有隣堂の文庫カラーカバーであるが、投稿者も書いているように、エコの時代にブックカバーなんてといぶかる向きもあるかもしれない。
「エコに逆行、ですか? いいえ、そうではありません。カバーを掛けることで本を守ることができますし、そちらの方がむしろエコであると私どもは考えております」
そう明言するのは有隣堂店売事業部の飯沼清隆さん。伊勢佐木町にある有隣堂本店でお話を伺った。
 


伊勢佐木町にある有隣堂本店
 

飯沼清隆さん


「このサービスは1977(昭和52)年10月の読書週間から始まりました。当時は単行本の売り上げが主流だったのですが、そうした状況の中で文庫本を普及させることを考えたときに出されたアイデアでした」

当初は純粋な営業戦略として発案された文庫カラーカバーだったが、現在ではもう一つ、大切な存在理由がある。
「お客様との会話のきっかけになれば、と。店とお客様のコミュニケーションの糸口になればということがあります」
“カバーをおつけしますか? 何色になさいますか?”という言葉をかけることで、「いらっしゃいませ、ありがとうございました」だけでは通じないものを、伝達しようとしているようである。



10色ある文庫カラーカバー

誕生当時はダークブルー・ライトブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・ピンク・ワインレッドの7色だったものが、顧客からの「モノトーンもほしい」という声に応じてアイボリー・グレー・ブラックを加えたという文庫カラーカバー。ちょっとしたサービスと言えるが、それでも文庫本すべてに用意するとなれば、費用等もそれなりにかかるはずである。

どのカバーに人気があるか──と調べると、人気ベスト5はブラック・ダークブルー・グリーン・ライトブルー・ワインレッドの順番だとか(2009〈平成21〉年~2010〈平成22〉年)。
 


全部で10色の文庫カラーカバー




ここで伺ったのが、カバーの発注量。色ごとに分類していただいた。
半年分の枚数である。

 

ブラック 206,500枚
ライトブルー 201,300枚
グリーン 195,900枚
ダークブルー 182,350枚
ワイン 167,800枚
ピンク 137,000枚
オレンジ 136,197枚
グレー 136,650枚
アイボリー 104,000枚
レモン 87,779枚


どの色を見ても相当数、使用されていることがわかる。



それぞれの楽しみ方がある

それでは肝心の顧客の感想はどうなのだろう。
「何冊か買われるときに、一冊ずつどの色にするかを楽しんで選ばれる方が多いです」と飯沼さん。さらには「本を10冊買われるときに、すべての色をご指定されるお客様がおられます」と、なかなか熱心なファンもいるようだ。

「いつも同じ色を選ばれる方、季節で違う色を選ばれる方、ご主人のものとお子様のものとご自分のもので色分けされる方など、お客様それぞれの楽しみ方があるようにお見受けします」
 


読者にはおなじみの有隣堂の文庫カラーカバー


当然ながら“文庫だけでなくハードカバー用のカラーカバーはないの?”という声もあるが、単行本は大きさが一定でなく、そしてやはり費用面での負担を考えると、実現は難しいとのことだった(もちろん投稿者も記しているように、通常の大きさの単行本にも、有隣堂独自の落ち着いた色調のブックカバーが用意されており、また大型本にも、希望すればカバーをつけてもらえる。これはこだわりというよりも、あくまで本の保護であり、純粋にお客様へのサービスということのようである)。


カバーに使用されている紙の秘密とは?・・・続きは次のページ≫
 

おすすめ記事

藤棚町にある「第七有隣堂」、有隣堂からのれん分けされた経緯は

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

伊勢佐木町には古書店が多いの?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

かつて戸塚区にあった人工スキー場「アストロ横浜スキー場」って何?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

コワい人の家?それともクラブ!?ライター松宮が関内にある“正体不明の黒い建物”に突撃!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

新着記事

サラリーマンの憩いの場。創業42年、山下町の昭和喫茶「バンビ」でナポリタンはいかが?

    • 面白かった262
    • 面白くなかった7
    • コメント0
  • 2018年06月25日

イセザキ・モールの違法駐輪対策の現状は? 設置された駐輪場の効果とは

    • 面白かった11
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年06月26日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

天ぷらはもちろん、新鮮なお刺身や一品料理、そして日本酒も! 旬の味を気軽に楽しめる「天八」

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

  • PR

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 今度はとうとう横浜市立大学附属病院でもCT検査結果がムダになる医療事故が発表。以前はキチンと報道され...

  • 横浜港のライバルであり盟友である(?)神戸港からは、九州へ3航路の長距離カーフェリーが毎日運行されて...

  • 天王町駅の仮設(?)トイレのある場所にかつて本屋がありまして、「そうてつブック」って名前だったような...

あなたはどう思う?

トップページをリニューアルしたPCサイトの感想は?

最近のコメント