ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

町のかかりつけ医・関内編

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    最近増えてる多摩川とかのランニングのイベントで、苦しそうな表情で懸命に走るランナーを見ると声援を送りたくなります。勝手に応援したら迷惑でしょうか、、。代わりに聞いてみてほしいです。若者から高齢の方まで...

    タロー先生さん

    武蔵小杉近くのNECの玉川事業所のビルの屋上にあるヘリポートらしい出っ張りが気になります。周りから行く手段が無いように見えるのですが、使えるんでしょうか。そもそも、ヘリ1台分ぐらいの広さに見えるので、...

    タロー先生さん

    川崎市は来年、四半世紀に1回タニタが給食を提供する予定です。内容、味等、レポートお願いします。

    もまさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
2位
横浜に階段を下るタクシーがあるって本当?
3位
JR横浜駅の横須賀線ホームに潜む3つの謎に迫る!
4位
横浜にLRTが走る計画はどうなった?
5位
横浜美術館とマークイズの間のグランモール公園。リニューアル後はどうなる?
6位
【はまれぽ名作選】菊名駅近くの住宅街にあるロータリーができた経緯は?
7位
エコキャップ推進協会が事業費を役員の給料にしていたという真相は?
8位
【はまれぽ名作選】横浜で一番おいしい川の水は?
9位
2016年~2017年 大晦日から元旦にかけての電車運行状況
10位
【はまれぽ名作選】鶴見に「ねぎ坊主」と呼ばれる巨大な廃墟らしき配水塔があるって本当?
11位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
12位
狙え“億”当選! 横浜市内にある年末ジャンボ“億”続出の宝くじ売り場は“東・西・北”にアリ?
13位
山奥に向かって「ずらあ~っ」と並んだちょっと怖い横須賀の稲荷神社とは?
14位
かつて横浜市内を走っていた「トロリーバス」って?
15位
天王町イオンの隣に自動車教習所があったって本当?
16位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
17位
著名デザイナーが設計した横浜駅東口の「ポートサイド公園」にそそり立つ「円柱」と謎の「記号」とは?
18位
「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街はなぜ賑わう?
19位
実は三浦で作っていない? 名産「三浦ダイコン」の真相とは?
20位
2017年、酉年にちなんだ横浜市内で見られる珍しい鳥は?
21位
かわいい値札が目を惹く創作和菓子「濱うさぎ」とは?
22位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
23位
【はまれぽアワード2016】今年もっとも「面白かった」キニナルを発表!
24位
年末の大掃除の強い味方! 教えて○○さん! ハウスクリーニング編
25位
横浜市営地下鉄は「長後駅」から通るはずだったって本当?
26位
「人口ゼロの町」、横浜の「秘境町」はどんなとこ? 金沢区編
27位
1200人以上がマイナンバーを受け取れなかった横浜市のシステム障害の詳細は?
28位
破産した中区の伊勢山皇大神宮が三重県の伊勢神宮からまるごと社殿をもらうって本当? 「キティ守」のご利益は?
29位
「PPAP」も? 2017年、そごう横浜店の福袋の中身を大公開!
30位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年1月

横浜のココがキニナル!

横浜にこんなすごい会社があった! 第1回は日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニングをご紹介!

ライター:吉田 忍 (2013年07月26日)

世界一や日本一、日本でここだけ、世界や日本で最初に作った製品や技術を持つスゴい企業や会社が横浜にもたくさんある。その中には世界に名だたる有名企業もあれば、知る人ぞ知るという会社も。
そんな企業や会社を訪ねて、そのすごさを紹介するシリーズ、「横浜のすごい会社」。

第1回は、ちょっと変わった乗り物を日本で唯一作っている会社をご紹介。



モペットってどんなもの?

自転車にエンジンがついている乗り物を見かけたことがあるだろうか?
「モペット」と呼ばれる乗り物で、50歳以上の方は「バタバタ」という呼び名での記憶があるかもしれない。「Moped」なので、正確には“モペッド”だが、日本ではモペットという愛称で長年呼ばれてきたので、同社ではモペットとしている。
 
現代では一般に50cc以下のオートバイを「原付」と呼ぶが、「原付」は「原動機付き自転車」の略で、元々は自転車にエンジンを付けたものが最初だったのだ。

 
 


これが「モペット」。見た目は自転車だが、エンジンが付いていて免許が必要な乗り物
(画像提供:フキ・プランニング)


現在、この「モペット」を製造している日本で唯一の会社、「有限会社フキ・プランニング(資本金300万、従業員数8名)」は、横浜市瀬谷区、東名横浜インターの近くにある。
 


フキ・プランニング。ドアの中にモペットが見えている


事務所に案内していただくと、そこには最新型のモペットが。さっそく細部を見せていただく。
 


最新型の「FK310 LAⅡSport」価格は12万3900円


ビーチクルーザータイプのフレームにセミドロップハンドルのスポーツタイプ。江ノ島を眺めながら、海岸沿いをゆっくりと走る姿が脳裏に浮かんだ。すごくオシャレだ。
 


31.7cc空冷2サイクルエンジンは最高出力0.8馬力、最大トルク0.15kg・m


エンジンのみの走行、ペダルだけでの走行、そしてエンジン+ペダルアシストと、3通りの走行ができる。
 


ここだけ見ると自転車のように見える


そのほか、規格が普通の自転車と同じ部分が多いので、自転車用の各種パーツが取り付けられるのも便利なところ。
 


とてもオシャレなデザインのサドル。ガソリンタンク容量1.5リットル


ガソリンタンクは小さいが、燃費は、渋滞の多い横浜市内での実走行テストで、1リッターあたり43kmとのこと。燃料はガソリンに2サイクル用のエンジンオイルを混合して使用する。

レトロな感じがたまらなく魅力的だ。

「モペットは元々、ヨーロッパで作られたものだと思います」と、社長の畔柳(くろやなぎ)富士夫さんが話しはじめる。日本では戦後、軍用の発電機に使われていたエンジンを流用して自転車に取り付けて使い始めた。愛称は「バタバタ」。ホンダやヤマハをはじめ、当時は100社ほどモペットを作る会社があったそう。

その後、日本人の生活が豊かになるとオートバイが中心になり、また、モペットにも免許が必要になって、自然消滅的に作る会社が減っていった。

一時、「ラッタッタ」など、手軽な原付が流行した時期もあったが、ヘルメット着用が義務付けられるとその流行も終焉(しゅうえん)。一般向けの原付が少なくなり、若者向けにパワーや装備を重視したものばかりになって、大人が乗ることができるのはスーパーカブ(ホンダの主にビジネス向けバイク)くらいになった。
 
そうした中、最低限のシンプルな乗り物が必要だと思って同社がモペットを開発し、販売を始めたのがおよそ15年前。
 


社長の畔柳さん


「モペットは坂のある街中を気軽に移動できる乗り物。電動アシスト自転車にはない独特の楽しさや魅力があります。だから欲しい人は必ずいるはずだと思いました」と畔柳さん。


モペット以外にも実は意外なものを作っていた!?・・・キニナル続きは次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜の老舗企業「岩井の胡麻油」、その歴史に迫る!

神奈川区のエコ石鹸を作っている太陽油脂ってどんな会社?

「企業」に関するキニナル