ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

新年会

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧通りの桜並木は、周辺住民の心の拠り所であり、本牧のシンボル、横浜の桜の名所のですが、最近、三之谷~二之谷バス停にかけて桜木が大量に切倒されていることに気付きました。木の老朽化の懸念はありましたが、...

    masasさん

    鶴見の三池公園の入口の通りに道路の上を土管?のようなものが通っているのですがあれはなんでしょうか?それと、私が今20代後半なのですが、私の兄が30代なのですが昔、深夜に土管の手前でクラクションを3回鳴...

    zigoさん

    便乗ネタ。調査エリアの鉄道の高架で一番高いのはどこでしょうか?三崎口手前なんか結構お勧めですが。。。できれば道路の高架、あるいは鉄道や道路の橋まで含めていただければ。地面からの高さです。橋本の先の新小...

    うにゅーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

初詣は行きましたか?

横浜市内
川崎市内
湘南
横須賀・三浦市内
そのほか
まだ行ってない
行く予定ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
横浜のオススメ初詣スポットはどこ?
3位
ついに最終回・・・。ロケ地巡り『逃げ恥』特集第2弾!
4位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
5位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
6位
みなとみらいの「インパクトがすごい」ハンバーガーショップに突撃!
7位
2年続けて大荒れだった横浜市の「成人の日を祝うつどい」、今年の様子は?
8位
【はまれぽ名作選】ラーメン二郎でニンニクマシマシの上ってどう頼むの?
9位
人口がたった1人!? 川崎区浮島の住人とは?
10位
横浜に階段を下るタクシーがあるって本当?
11位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「食べ放題」編
12位
横浜で初日の出が良く見えるスポットはどこ?
13位
一見入りづらい? 野毛の老舗喫茶店「桃屋」のカレーやきそばとは?
14位
銘酒が豊富! 横浜、駅近日本酒飲み放題のお店に突撃!
15位
野毛の怪しい映画館の中はどうなってるの?
16位
横浜港「除夜の汽笛」の正体は?
17位
みなとみらいに新しくできる「合同庁舎」の詳細は?
18位
ライター・松宮が食べまくる! 横浜中華街でギョーザが美味しいお店はどこ?
19位
JR横浜駅の横須賀線ホームに潜む3つの謎に迫る!
20位
本郷台駅の公務員住宅「南小菅ヶ谷住宅」跡地はどうなる?
21位
横浜にLRTが走る計画はどうなった?
22位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
23位
日本大通りに横浜DeNAベイスターズがオープンする新拠点「THE BAYS」の詳細は?
24位
横浜美術館とマークイズの間のグランモール公園。リニューアル後はどうなる?
25位
横浜で富士山が見えるおすすめスポットはどこ?
26位
多国籍の人々が暮らす県最大の公営住宅「いちょう団地」と一見入りにくい「超ディープ」なベトナム料理店「タンハー」に突撃!
27位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
28位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
29位
【はまれぽ名作選】菊名駅近くの住宅街にあるロータリーができた経緯は?
30位
横浜市内で無料かつ建物内にある展望台はどこ?
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年1月

横浜のココがキニナル!

横浜にこんなすごい会社があった! 第1回は日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニングをご紹介!

ライター:吉田 忍 (2013年07月26日)

世界一や日本一、日本でここだけ、世界や日本で最初に作った製品や技術を持つスゴい企業や会社が横浜にもたくさんある。その中には世界に名だたる有名企業もあれば、知る人ぞ知るという会社も。
そんな企業や会社を訪ねて、そのすごさを紹介するシリーズ、「横浜のすごい会社」。

第1回は、ちょっと変わった乗り物を日本で唯一作っている会社をご紹介。



モペットってどんなもの?

自転車にエンジンがついている乗り物を見かけたことがあるだろうか?
「モペット」と呼ばれる乗り物で、50歳以上の方は「バタバタ」という呼び名での記憶があるかもしれない。「Moped」なので、正確には“モペッド”だが、日本ではモペットという愛称で長年呼ばれてきたので、同社ではモペットとしている。
 
現代では一般に50cc以下のオートバイを「原付」と呼ぶが、「原付」は「原動機付き自転車」の略で、元々は自転車にエンジンを付けたものが最初だったのだ。

 
 


これが「モペット」。見た目は自転車だが、エンジンが付いていて免許が必要な乗り物
(画像提供:フキ・プランニング)


現在、この「モペット」を製造している日本で唯一の会社、「有限会社フキ・プランニング(資本金300万、従業員数8名)」は、横浜市瀬谷区、東名横浜インターの近くにある。
 


フキ・プランニング。ドアの中にモペットが見えている


事務所に案内していただくと、そこには最新型のモペットが。さっそく細部を見せていただく。
 


最新型の「FK310 LAⅡSport」価格は12万3900円


ビーチクルーザータイプのフレームにセミドロップハンドルのスポーツタイプ。江ノ島を眺めながら、海岸沿いをゆっくりと走る姿が脳裏に浮かんだ。すごくオシャレだ。
 


31.7cc空冷2サイクルエンジンは最高出力0.8馬力、最大トルク0.15kg・m


エンジンのみの走行、ペダルだけでの走行、そしてエンジン+ペダルアシストと、3通りの走行ができる。
 


ここだけ見ると自転車のように見える


そのほか、規格が普通の自転車と同じ部分が多いので、自転車用の各種パーツが取り付けられるのも便利なところ。
 


とてもオシャレなデザインのサドル。ガソリンタンク容量1.5リットル


ガソリンタンクは小さいが、燃費は、渋滞の多い横浜市内での実走行テストで、1リッターあたり43kmとのこと。燃料はガソリンに2サイクル用のエンジンオイルを混合して使用する。

レトロな感じがたまらなく魅力的だ。

「モペットは元々、ヨーロッパで作られたものだと思います」と、社長の畔柳(くろやなぎ)富士夫さんが話しはじめる。日本では戦後、軍用の発電機に使われていたエンジンを流用して自転車に取り付けて使い始めた。愛称は「バタバタ」。ホンダやヤマハをはじめ、当時は100社ほどモペットを作る会社があったそう。

その後、日本人の生活が豊かになるとオートバイが中心になり、また、モペットにも免許が必要になって、自然消滅的に作る会社が減っていった。

一時、「ラッタッタ」など、手軽な原付が流行した時期もあったが、ヘルメット着用が義務付けられるとその流行も終焉(しゅうえん)。一般向けの原付が少なくなり、若者向けにパワーや装備を重視したものばかりになって、大人が乗ることができるのはスーパーカブ(ホンダの主にビジネス向けバイク)くらいになった。
 
そうした中、最低限のシンプルな乗り物が必要だと思って同社がモペットを開発し、販売を始めたのがおよそ15年前。
 


社長の畔柳さん


「モペットは坂のある街中を気軽に移動できる乗り物。電動アシスト自転車にはない独特の楽しさや魅力があります。だから欲しい人は必ずいるはずだと思いました」と畔柳さん。


モペット以外にも実は意外なものを作っていた!?・・・キニナル続きは次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜の老舗企業「岩井の胡麻油」、その歴史に迫る!

神奈川区のエコ石鹸を作っている太陽油脂ってどんな会社?

「企業」に関するキニナル