検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜AIDS市民活動センターの活動内容と、同センターのマスコットでコンドームケースに住むという妖精の「コムちゃん」が激しくキニナル!(濱男児さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜AIDS市民活動センターはエイズ予防などの啓発活動を行う施設。コムちゃんには「エイズをまっすぐ見つめていこう」という思いがこめられていた

  • LINE
  • はてな

2013年08月09日

ライター:三浜 詩央

 エイズとは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)によるウイルス感染症のこと。ご存知の方も多いとは思うが、HIV=エイズ発症ではない。HIVに感染すると、しだいに病気に対する抵抗力が低下し、様々な病気にかかりやすくなる。普段ならかからないような感染症や悪性腫瘍を発症したときに、はじめて「エイズが発症した」という。
 


横浜AIDS市民活動センター発行のパンフレットより


HIVの主な感染経路は、セックス・血液感染・母子感染によるものだが、厚生労働省エイズ動向委員会「平成24(2012)年エイズ発生動向‐概要‐」によると、同年の新規HIV感染者報告数は1,002件で、感染経路は、同性間・異性間での性的接触が合わせて全国で904件、全体の90.2%を占める。セックスでの感染を防ぐために重要なのはコンドームの使用。しかしながらコンドームはあくまで「避妊具」という印象なのだろうか、異性間での性的接触でも年間で180件、HIVの感染が起きているというのが悲しい現状である。



関内の「横浜AIDS市民活動センター」へ

JR関内駅からすぐ、徒歩1分という好立地なビルの9階。ビルのワンフロアながら、足を踏み入れるとその資料の多さに驚く。
 


入口のすぐ左にリーフレットがずらり
 


パンフレットだけでも、1日いても読みきれない量だ 
 

エイズに対する理解と支援のシンボル、レッドリボンも入口に置かれている


まずは取材、そしてコムちゃんとの対面を快諾してくださった職員のみなさんに、横浜AIDS市民活動センターについてのお話を伺った。



横浜AIDS市民活動センターとは?
 


左から職員の菅野さん、白井さん、廣部さん


同センターは、エイズの予防や感染経路についての正しい知識の啓発活動を行い、セミナーやワークショップの開催、講演会を通じて横浜市民の生活をサポートする施設。1995(平成7)年7月7日に開館し、2010(平成22)年より公益財団法人横浜YMCAが横浜市から委託を受けて運営している。

1994(平成6)年に「第10回国際エイズ会議」がパシフィコ横浜で開催されたことをきっかけに、翌年に開館。この会議によってエイズに対する関心が高まり、横浜でも多くのボランティアが誕生したそうだ。
 


今もセンター内に貼られている、当時のポスター


20年近い歴史のなかで、HIV・エイズを含む性感染症の情報提供、青少年や一般市民への予防啓発活動、エイズに関する学校・市民活動団体・職場などの活動サポートを3本の柱として、幅広く活動してきた。

センター内は開放されており、書籍・情報コーナーやビデオ・DVDスペースのほかにも、勉強会やセミナー向けの会議室や印刷製本に便利な作業スペースなどがそろい、エイズについて学びたい・何か行動を起こしたい時にバックアップをしてくれる体制が整っている。

現在は小・中学校、高校向けの広報誌「おーぷん」の配布やセミナー開催、ワークショップ、NPO・NGO・ボランティアの活動支援(電話相談など)をメインに活動を行なっているそうだ。
 


模型を使ってコンドームの正しいつけ方を教えることも


高校や大学での講習では、正しい装着方法を記載したパンフレットとともにコンドームを配布することもある。しかしながら、センター側が啓発のつもりで提案する内容も、学校に性交渉の「斡旋」と捉えられてしまうこともあるそうだ。それが同センターの抱える悩みであり、青少年に対する啓発の難しさでもあるという。
 


電話相談も受け付けていて、相談件数は年間653件(2012年)。


主な相談内容は感染不安なのだそう。
  


セクシュアルマイノリティについての書籍も充実
 

同センターによると2012(平成24)年、横浜市内で新たに報告のあったエイズ患者は18件(男性16件、女性2件)、HIV感染者は34件(男性31件、女性3件)でだったという。特に男性の同性間での性的接触が原因であることが多く、それに対する予防の啓発も同センターでは行なっている。
 


コンドームケースに住む妖精が登場!・・・続きは次のページ≫ 
 

おすすめ記事

横浜市内で活動している「神奈川子宮頸がん予防プロジェクト」と

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

“夜のひとときに彩りを添える”大人の雑貨店に突撃!

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

横浜橋通商店街のテーマソングってどんな曲?

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

2011年、サマージャンボの当選結果はどうなった?

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

新着記事

新横浜駅に暴力団の「武器庫」!? 問題のビルや周辺の様子は?

    • 面白かった20
    • 面白くなかった102
    • コメント0
  • 2018年06月21日

被害者の前に姿を現さず。振り袖業者「はれのひ」社長、異例の債権者集会欠席

    • 面白かった14
    • 面白くなかった112
    • コメント2
  • 2018年06月20日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

天ぷらはもちろん、新鮮なお刺身や一品料理、そして日本酒も! 旬の味を気軽に楽しめる「天八」

  • PR

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

保険の疑問や不安に応えてくれる地域密着の保険ショップ「保険ラウンジ mioka上大岡店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市営バスの平戸行きは何で片道しか運行しないのですか。帰りはどうすればいいのか。あとはどういう人が...

  • 最近海の公園や野島でアマモ?がたくさん打ち上げられているのを見かけます。今年は特にその量が多いと思い...

  • 神奈川県は自転車の損害賠償保険加入を義務付ける条例を年度内に制定を目指す方針と発表しました。確かに全...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント