ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    都筑区で日産GTR MY2018(11/16発売の新車)が見れるショールームは、ありますか?

    MIYAVIさん

    都筑区茅ヶ崎東4丁目13にある、お地蔵さんに関して情報を教えてください。名称とか、わかりません。

    MIYAVIさん

    ・JR逗子駅にはかつて、天皇陛下御召列車専用の0番線ホームがありました。今も辛うじて名残があるので、取材して残してください。

    あきやんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜AIDS市民活動センターの活動内容と、同センターのマスコットでコンドームケースに住むという妖精の「コムちゃん」が激しくキニナル!(濱男児さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜AIDS市民活動センターはエイズ予防などの啓発活動を行う施設。コムちゃんには「エイズをまっすぐ見つめていこう」という思いがこめられていた

ライター:三浜 詩央 (2013年08月09日)

 エイズとは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)によるウイルス感染症のこと。ご存知の方も多いとは思うが、HIV=エイズ発症ではない。HIVに感染すると、しだいに病気に対する抵抗力が低下し、様々な病気にかかりやすくなる。普段ならかからないような感染症や悪性腫瘍を発症したときに、はじめて「エイズが発症した」という。
 


横浜AIDS市民活動センター発行のパンフレットより


HIVの主な感染経路は、セックス・血液感染・母子感染によるものだが、厚生労働省エイズ動向委員会「平成24(2012)年エイズ発生動向‐概要‐」によると、同年の新規HIV感染者報告数は1,002件で、感染経路は、同性間・異性間での性的接触が合わせて全国で904件、全体の90.2%を占める。セックスでの感染を防ぐために重要なのはコンドームの使用。しかしながらコンドームはあくまで「避妊具」という印象なのだろうか、異性間での性的接触でも年間で180件、HIVの感染が起きているというのが悲しい現状である。



関内の「横浜AIDS市民活動センター」へ

JR関内駅からすぐ、徒歩1分という好立地なビルの9階。ビルのワンフロアながら、足を踏み入れるとその資料の多さに驚く。
 


入口のすぐ左にリーフレットがずらり
 


パンフレットだけでも、1日いても読みきれない量だ 
 

エイズに対する理解と支援のシンボル、レッドリボンも入口に置かれている


まずは取材、そしてコムちゃんとの対面を快諾してくださった職員のみなさんに、横浜AIDS市民活動センターについてのお話を伺った。



横浜AIDS市民活動センターとは?
 


左から職員の菅野さん、白井さん、廣部さん


同センターは、エイズの予防や感染経路についての正しい知識の啓発活動を行い、セミナーやワークショップの開催、講演会を通じて横浜市民の生活をサポートする施設。1995(平成7)年7月7日に開館し、2010(平成22)年より公益財団法人横浜YMCAが横浜市から委託を受けて運営している。

1994(平成6)年に「第10回国際エイズ会議」がパシフィコ横浜で開催されたことをきっかけに、翌年に開館。この会議によってエイズに対する関心が高まり、横浜でも多くのボランティアが誕生したそうだ。
 


今もセンター内に貼られている、当時のポスター


20年近い歴史のなかで、HIV・エイズを含む性感染症の情報提供、青少年や一般市民への予防啓発活動、エイズに関する学校・市民活動団体・職場などの活動サポートを3本の柱として、幅広く活動してきた。

センター内は開放されており、書籍・情報コーナーやビデオ・DVDスペースのほかにも、勉強会やセミナー向けの会議室や印刷製本に便利な作業スペースなどがそろい、エイズについて学びたい・何か行動を起こしたい時にバックアップをしてくれる体制が整っている。

現在は小・中学校、高校向けの広報誌「おーぷん」の配布やセミナー開催、ワークショップ、NPO・NGO・ボランティアの活動支援(電話相談など)をメインに活動を行なっているそうだ。
 


模型を使ってコンドームの正しいつけ方を教えることも


高校や大学での講習では、正しい装着方法を記載したパンフレットとともにコンドームを配布することもある。しかしながら、センター側が啓発のつもりで提案する内容も、学校に性交渉の「斡旋」と捉えられてしまうこともあるそうだ。それが同センターの抱える悩みであり、青少年に対する啓発の難しさでもあるという。
 


電話相談も受け付けていて、相談件数は年間653件(2012年)。


主な相談内容は感染不安なのだそう。
  


セクシュアルマイノリティについての書籍も充実
 

同センターによると2012(平成24)年、横浜市内で新たに報告のあったエイズ患者は18件(男性16件、女性2件)、HIV感染者は34件(男性31件、女性3件)でだったという。特に男性の同性間での性的接触が原因であることが多く、それに対する予防の啓発も同センターでは行なっている。
 


コンドームケースに住む妖精が登場!・・・続きは次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事