ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜線の町田駅下りホームにホームドアが設置されました。効果はどうなんでしょうか。また扉の開閉にかかる時間が余計にかかるようになりました。この先、全駅で設置されると定時運行に支障をきたすのではないかと心...

    nakopapaさん

    瀬谷高校といえば、かの冬彦さんでブームになったドラマ「ずっとあなたが好きだった」のロケ地にもなっていました。当時の裏話が関係者から聞けませんか?!

    ポスポスさん

    先日、初めて舞岡駅を利用したのですが、改札を出た所から駅周辺まで物凄く家畜のウ◯コの匂いがします。何時もあんなに匂うのでしょうか?

    中区太郎さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜AIDS市民活動センターの活動内容と、同センターのマスコットでコンドームケースに住むという妖精の「コムちゃん」が激しくキニナル!(濱男児さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜AIDS市民活動センターはエイズ予防などの啓発活動を行う施設。コムちゃんには「エイズをまっすぐ見つめていこう」という思いがこめられていた

ライター:三浜 詩央 (2013年08月09日)

 エイズとは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)によるウイルス感染症のこと。ご存知の方も多いとは思うが、HIV=エイズ発症ではない。HIVに感染すると、しだいに病気に対する抵抗力が低下し、様々な病気にかかりやすくなる。普段ならかからないような感染症や悪性腫瘍を発症したときに、はじめて「エイズが発症した」という。
 


横浜AIDS市民活動センター発行のパンフレットより


HIVの主な感染経路は、セックス・血液感染・母子感染によるものだが、厚生労働省エイズ動向委員会「平成24(2012)年エイズ発生動向‐概要‐」によると、同年の新規HIV感染者報告数は1,002件で、感染経路は、同性間・異性間での性的接触が合わせて全国で904件、全体の90.2%を占める。セックスでの感染を防ぐために重要なのはコンドームの使用。しかしながらコンドームはあくまで「避妊具」という印象なのだろうか、異性間での性的接触でも年間で180件、HIVの感染が起きているというのが悲しい現状である。



関内の「横浜AIDS市民活動センター」へ

JR関内駅からすぐ、徒歩1分という好立地なビルの9階。ビルのワンフロアながら、足を踏み入れるとその資料の多さに驚く。
 


入口のすぐ左にリーフレットがずらり
 


パンフレットだけでも、1日いても読みきれない量だ 
 

エイズに対する理解と支援のシンボル、レッドリボンも入口に置かれている


まずは取材、そしてコムちゃんとの対面を快諾してくださった職員のみなさんに、横浜AIDS市民活動センターについてのお話を伺った。



横浜AIDS市民活動センターとは?
 


左から職員の菅野さん、白井さん、廣部さん


同センターは、エイズの予防や感染経路についての正しい知識の啓発活動を行い、セミナーやワークショップの開催、講演会を通じて横浜市民の生活をサポートする施設。1995(平成7)年7月7日に開館し、2010(平成22)年より公益財団法人横浜YMCAが横浜市から委託を受けて運営している。

1994(平成6)年に「第10回国際エイズ会議」がパシフィコ横浜で開催されたことをきっかけに、翌年に開館。この会議によってエイズに対する関心が高まり、横浜でも多くのボランティアが誕生したそうだ。
 


今もセンター内に貼られている、当時のポスター


20年近い歴史のなかで、HIV・エイズを含む性感染症の情報提供、青少年や一般市民への予防啓発活動、エイズに関する学校・市民活動団体・職場などの活動サポートを3本の柱として、幅広く活動してきた。

センター内は開放されており、書籍・情報コーナーやビデオ・DVDスペースのほかにも、勉強会やセミナー向けの会議室や印刷製本に便利な作業スペースなどがそろい、エイズについて学びたい・何か行動を起こしたい時にバックアップをしてくれる体制が整っている。

現在は小・中学校、高校向けの広報誌「おーぷん」の配布やセミナー開催、ワークショップ、NPO・NGO・ボランティアの活動支援(電話相談など)をメインに活動を行なっているそうだ。
 


模型を使ってコンドームの正しいつけ方を教えることも


高校や大学での講習では、正しい装着方法を記載したパンフレットとともにコンドームを配布することもある。しかしながら、センター側が啓発のつもりで提案する内容も、学校に性交渉の「斡旋」と捉えられてしまうこともあるそうだ。それが同センターの抱える悩みであり、青少年に対する啓発の難しさでもあるという。
 


電話相談も受け付けていて、相談件数は年間653件(2012年)。


主な相談内容は感染不安なのだそう。
  


セクシュアルマイノリティについての書籍も充実
 

同センターによると2012(平成24)年、横浜市内で新たに報告のあったエイズ患者は18件(男性16件、女性2件)、HIV感染者は34件(男性31件、女性3件)でだったという。特に男性の同性間での性的接触が原因であることが多く、それに対する予防の啓発も同センターでは行なっている。
 


コンドームケースに住む妖精が登場!・・・続きは次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事