検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

元県立野庭高校が公益財団法人かながわ考古学財団野庭出土品整理室という施設になっていますがどんな施設なんでしょう。(山下公園のカモメさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

神奈川県下の発掘調査を行い、報告書の発行や埋蔵文化財の活用などを目的とした公益財団法人。校舎の中では、貴重な出土品が整理・復元されている

  • LINE
  • はてな

2013年10月23日

ライター:河野 哲弥

現地には、高校の校舎が建っていた

投稿にあった「かながわ考古学財団野庭出土品整理室」とは、県内の考古学調査を行い、遺跡や古墳から出土した土器などを保管・研究する公益財団法人。
さっそく取材を申し込み、教えていただいた場所に向かってみると、そこには一棟の校舎があるのみだった。はたして、ここが目的の場所なのだろうか。
 


看板には同財団の名前が書かれているが、見た目は校舎そのもの


玄関には、よくある下足入れなどが並び、研究施設といった雰囲気は感じられない。受付にアポイントの旨を伝えると、「ピンポンパンポーン」と、校内放送のようなアナウンスが流れる。
そんな中、出迎えてくださったのが、同財団で調査課長を務める植山英史(ひでし)さん。
 


玄関にある展示ケースの前に立つ、植山さん


名刺交換するまでは一抹の不安があったが、どうやらこの場所で間違いないようだ。
それにしても、どうして校舎の中に、この施設が設けられたのだろう。財団の活動とともに、詳しい話を伺ってみることにしよう。



一時は廃止も検討された、財団の歴史

植山さんによれば、同財団は1993(平成5)年、公益の付かない「財団法人かながわ考古学財団」として、南区中村町の県立埋蔵文化財センター内に設立されたそうだ。
以来、神奈川県の運営する調査組織として、埋蔵文化財の発掘調査などを受託することになった。
 


整理中の出土品が大量に積まれていた


翌年の1994(平成6)年には二俣川に出土品整理室を開所。その後、2003(平成15)年に神奈川県立野庭高等学校と神奈川県立横浜日野高等学校が統合されると、二俣川の出土品整理室が別に利用されることとなり、現在の「野庭出土品整理室」を開所した。
県としても、跡地利用が喫緊(きっきん)の課題であったため、同財団に候補地として推奨。双方にメリットのある移転だった。
 


敷地内には、旧・野庭高校の記念碑が残されている


改装の時間や予算もない中、校舎を使った一見ユニークな活動拠点を得た同財団だが、2年後の2005(平成17)年に、衝撃的な出来事が訪れた。
「民間にできることは民間で」のスローガンを推進していた当時の松沢成文神奈川県知事が、発掘調査の経費削減を目指して入札制度を導入し、県の組織である財団の廃止を表明したのである。

この事態にマスコミは、「文化財調査は市場原理になじまない」などと、一斉に反対意見を報じた。また、財団の存続を望む有志らが3万人以上の署名を集め、県の教育委員会に廃止撤回の要望書を提出するに至った。

これらの動きに対し神奈川県は、ウルトラCとも思える体制変更で対応することになった。つまり、旧財団の機能はそのまま残しながらも、県から独立した運営の公益法人として、組織替え(リニューアル)したのだ。
こうして2011(平成23)年、現「公益財団法人かながわ考古学財団」が、誕生することになった。
 


元教室がそのまま、作業スペースとして使われている


では、民間組織となった今、収益はどのようにして確保しているのだろう。
植山さんによると、例えば道路や鉄道などを新たに造る場合、事業者はまず予定地に文化財が埋もれていないか確認する必要があるそうだ。その試掘調査はもちろん、仮に遺構などが発見されると、本調査が実施される。
 


保土ケ谷区の仏向町団地建て替えに伴って発掘された、縄文時代の住居跡


こうした場合の費用は、民間の開発の場合は民間事業者が、県や国が事業者の場合はその公共団体が負担する。
現在、神奈川県の実施する開発事業は、都道府県が行うものとしては全国でも珍しい発掘調査の「入札制度」を用いて、民間発掘会社からも事業者を募り選定しているとのこと。

「野庭出土品整理室」では、発掘調査のほかにも、出土品の復元や保管などを行い、最終的に「調査報告書」としてまとめることを目的としている。
 


同財団がまとめたリーフレットや小冊子など


さて、おおまかな流れが分かったところで、いよいよ整理室の内部を案内していただくことになった。ここは元校舎、いったいどんな光景が待っているのだろうか。


いよいよ内部へ潜入!はたしてどんな光景が繰り広げられているのか!?≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

南区中村町にある廃墟のような建物の正体とは!?

レアなストレッチジム「five」で身体を整えトレーニング効率アップ。ホットヨガ専用のフロアも完備! 

  • PR

磯子区にある三殿台遺跡の歴史について教えて!

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

【ニュース】「シーパラこども海育塾」塾生募集!

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

  • PR

横浜のマークにはどんな意味や由来があるの?

真の健やかさと充実した生活への自分づくりを手に入れる、東戸塚の「極真カラテ 神奈川県加藤道場」

  • PR

新着記事

社食・職食を巡る~馬車道にたたずむ第二合同庁舎のワンコイン職員食堂

    • 面白かった137
    • 面白くなかった4
    • コメント1
  • 2018年09月19日

炎上ギリギリがモットー!? ふざけたサービス満載の三和交通の内部に迫る

    • 面白かった65
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2018年09月20日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

はまれぽ編集部のイチオシ

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

30~40代のオシャレメンズ増殖中! ゆるふわパーマで印象変えよう! 美容室「S. Blanket」

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

肉の聖地から直送される高級和牛を富士山の溶岩石グリルで提供「和牛&Seafood Micio」

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • ガチチャーハンで優勝した、ふじやま亭のオムチャンの試食をお願いします

  • 吉野家の中にはそばも提供する店舗があり、近郊だと藤沢にあります。今度横浜に黒い吉野家ができるようです...

  • 横浜西口のダイエーが閉館になります。横浜西口のシンボルのひとつだったと思います。閉館前に調査お願いし...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント