ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町駅、横浜駅、山下公園周辺で23:00以降も営業している喫茶店、カフェで、女性も安心して行けるお店があれば教えてください分煙か禁煙かもわかると嬉しいです(^^)/

    トッシーさん

    桜木町の新改札の進展状況が知りたいです桜木町の、新庁舎周辺の開発状況もわかれば(^^)/

    トッシーさん

    来る10/21にJR鎌倉車両センターが解放されます。内部は普段なかなか見られないので、この機会に是非レポートお願いします。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
6位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
7位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
8位
大人の色気が漂う!ゴージャス系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第3弾】
9位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
10位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
11位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
12位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
13位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
14位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
15位
【編集部厳選】お酒やフードだけじゃない! 知られざるショービジネスの世界!
16位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
17位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
18位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
19位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
20位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
23位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
24位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
30位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

中華街を歩いていると栗を売っている屋台がすごく多いことに気づいたんですが、なぜそんなに多いのでしょうか?(kagrraさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

“儲かる術”を知った中国人が一挙に押し寄せたから!!

ライター:立原 麻里 (2010年11月01日)

冗談抜きで、異常に多い
 
確かに、あっちにもこっちにも乱立している。こうして意識してみるとなおさら目につく。

栗屋台の隣に栗屋台があって、その向かいに栗屋台があってその隣に栗屋台があったりするのだから、激戦区もはなはだしい。さらに、中国人の売り子が道行く人を「サービススルヨ」などと甘い言葉で誘惑し、試食させ、巧みに交渉していく。
 

なかなかにしつこい。



とうとう捕まってしまった。
 

よく見ていると、もともと陳列してある栗入り袋(一袋千円)の中に、大量の栗をドバドバドバーッと注ぎこんでいる。

そして、パンパンになった袋を見せ、「コレデセンエンデイイヨ」と、すごいことを言っている。え!
だってそれ、倍くらいアルヨ!さっそく我々は、その辺にいた売り子のお兄さんに話を伺った。

たどたどしい日本語で一生懸命に答えてくれたお兄さんによると、ここに屋台を出したのは3、4年前。
隣接するレストランの店先を間借りしているという。時給千円で雇われているそうだ。

しかし、肝心の「なんでこの辺に栗屋台が多いの?」という質問になると、まるで言葉が通じないといった顔で小首をかしげるばかり。「一日の売上は?」と聞いても、「シャチョウニキカナイトワカラナイ」の一点張り。

そして、“シャチョウ”は今日は来ないのだという。うーん、臭うぞ。



「あの辺の屋台は全部インチキですから」
 
次に我々がやって来たのは老舗中国料理店「聘珍樓(へいちんろう)」前。
ここの店先に店舗を構え、売っているのがその名も「聘珍大甘栗」。ここでも、お兄さんが試食の栗を手渡してくれた。

栗屋が多いことについて聞いてみると、「ああ、あの辺にいっぱいある屋台は全部インチキですから」とバッサリ。
その後も、そんなこと言っちゃって大丈夫?と心配になるような事実を暴露してくれた。それは以下のようなことだ。
 


忙しいところ取材に応じてくれたスタッフの皆さん
(壁紙に張られた、注意書きに注目)


       ●袋に屋号が記載されていない店はインチキ
       ●屋台では売れ残った栗を何日も使いまわす
       ●屋台の栗には賞味期限が記載されていない

 

左が「聘珍樓」のもの、右が屋台で使われるポピュラーなタイプ

 
なるほど、屋台で売られている栗の袋を見ると、屋号のようなものは見当たらない。
店名がないということだ。これでは、たとえ製品に不備があっても、どこへ問い合わせていいかわからない。
 
で、ここからが屋台のインチキたる所以なのだが、あの、袋から袋に栗を移し替える“サービス”は、言わば見る人を心理的に騙す錯覚のようなもので、そもそも元の袋には栗が半分以下しか入っていないのだという。

しかもそれがひと際古い栗なのだとか。そこへ、やや新しめの栗を足し、上半分だけはかろうじて新鮮味を保とうという魂胆らしい。だから、購入者はそれが古い栗だとは気づかない。まあ、仮に気づいたとしても訴える術はないのだが。
 
また、その日のうちに売りきれなかった栗は、食品衛生上捨てるのが通常。だが、そんなふうに捨てられた栗をこっそり盗み拾ってきて、翌日、何食わぬ顔で売っている悪質な屋台まで存在するというのだ。原価ゼロ、そりゃあ儲かるわけだ…。
 
でも、焼き立ての栗を食べさせられれば、おいしいと錯覚してしまいそうな気もする。しかも、一度おいしいと思ってしまったら、それが質の低い栗かどうか判断しにくい。聘珍樓さんによると、実際に栗を手に取ってみれば、いい栗か悪い栗かは一目瞭然なのだそうだ。使いまわされ、何度も焼き直された栗は水分を失って縮まり、皮と実の間に隙間ができる。だから振るとカラカラ音がする。

聘珍樓さんは言う。「悪質な屋台が増えてきたせいで、私たちのようにまともな売り方をしている店舗が迷惑しているんです。私たちはあんな風に押し売りだってしませんしね。商品に自信と責任を持って商売してますから」

 
中華街の ドン’が語る栗屋台の実態 ががは次のページ ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事