ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
4位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
9位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
10位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
17位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
20位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
23位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
26位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
27位
【はまれぽ名作選】50代続く江の島の老舗旅館「岩本楼」に突撃!
28位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
29位
【I☆DB】ファイナルステージ進出決定! ハマスタに訪れたファンの様子は?
30位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月12日~10月18日)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「家系ラーメン全店制覇への道」 9回目は、家系ラーメンの中でも見た目のインパクトが強烈なラーメンを提供する、オリジナル系の「うえむらや」、独立系の「かわべ」「風々風」の3店舗をレポート!

ライター:はまれぽ編集部 (2013年11月23日)

 

横浜市内の「家系ラーメン」店を全店調査するという壮大な企画「横浜の家系を全店制覇! ~家系図を作ろう~」。前回では壱系総本山・壱六家創業当時の味が食べられる店を探すというプロジェクトを実行し、見事その謎を解決した。
 


壱六家創業当時の味を再現した「らっち家」のラーメン(650円)

また、前回より取材時でに家系マイスターのマーコ氏とジロリアン・千葉が食べてきた「家系ラーメンランキング」を発表! 波乱にあふれた、オススメランキングベスト10は以下のとおり。

 

順位 店名 オススメポイント
1位 寿々喜家 ・全てがパーフェクト!(マーコ)
味のバランスが最高!(千葉)
2位 綱島商店 ・壱系の進化バージョン!(マーコ)
・特濃スープは伊達じゃない!(千葉)
3位 近藤家 吉村家創業当時の味!(マーコ)
家系の歴史が味わえる一杯!(千葉)
4位 すずき家 ・超ストロング家系!(マーコ)
・久々に衝撃を受けた味。ライスが欲しい(千葉)
5位 らっち家 ・壱六家創業当時の一杯っ!(マーコ)
・幻の味に出会えてただただ感動(千葉)
6位 矢口家
平塚店
介一系最高峰!(マーコ)
・矢口家創業当時の味を堪能できる店(千葉)
7位 壱六家
磯子本店
壱系総本山!(マーコ)
・ここでは必ずライスを注文しないと損!(千葉)
8位 壱八家 This is マイルド!(マーコ)
どっしりしているけど、どこかマイルド(千葉)
9位 めんりゅう 介一家イズムを引き継ぐライトスープ!(マーコ)
・ホスピタリティが最高!(千葉)
10位 介一家
うりゅう
介一系のお手本のようなライト家系!(マーコ)
・毎日でも食べられるくらいあっさり家系(千葉)

前回のランキングはこちら! 今週の結果はいかに!?

  
いままでは「歴史系」「独立系」「壱系」「オリジナル系」という調査をおこなってきたが、今後は毎回違ったテーマで皆さまに家系ラーメン店の情報をお届けしようと思う。

11月某日、家系プロジェクト本部に、見た目のビジュアルが強烈な家系ラーメンがある!という情報が舞いこんできた。見た目のビジュアルといっても皆目見当もつかないが、いったいどんな家系ラーメンなのだろう・・・。
マーコ氏に相談をしたところ、どうやら心当たりのある店が横浜市内に3店舗あるらしい! そこで今回は見た目が強烈な家系ラーメンという情報を元に調査を開始した。



キャベツだけでも腹いっぱいに!? 「うえむらや」

まず最初に向かったのは「IEK(イーエーケー)48総選挙・ユーザー投票中間ランキング」でもトップ10にランクインした、都筑区池辺町にある「うえむらや」(オリジナル系)。JR横浜線鴨居駅から歩いて徒歩約20分の場所に立地する同店は、マーコ氏いわく常に客足が途絶えることのない人気店なのだそう。
 


寒いのにYシャツ1枚で取材に同行したマーコ氏


オーナー兼店主の小泉さんに話を伺った。同店が開店したのは1994(平成6)年8月のこと。以前からいつか自分の店を持ちたいと思っていた小泉オーナーは、当時家系ラーメン店が注目されていたことに目をつける。そこで一念発起し、それまで勤めていた外食産業を退職し、同店を立ち上げたそうだ。
 


笑顔が素敵な小泉オーナー


この地に同店を立ち上げた理由は、24台の車を停められる広い駐車場スペースと立地の好条件。しかし、店を立ち上げたものの、飲食店での経験はあるが家系ラーメン店では修業経験のない小泉オーナー。

そこで近くに店を構える介一家・港北店(現在・介一家うりゅう)の味をヒントに自分の感性を信じて現在の味を創り上げたという。
 


広々とした店内。週末には家族連れのお客も多いのだそう


同店の特徴といえば、メニューに新鮮な野菜をふんだんに使用していること。地元の農家と提携し、その日に採れた新鮮野菜(ほうれんそうホウレンソウ、ネギ、キャベツなど)をラーメンやチャーハン、餃子ギョウザなどに使っているのだとか。
 


とれたて新鮮野菜。写真の野菜も取材当日の朝に採れたものだそう


店ができた経緯や特徴は分かった。だが、インパクトのある家系ラーメンは食べられるのだろうか? 小泉オーナーに伺ったところ、「キャベ玉ラーメン」のことだと思いますよとのこと。そこで、マーコ氏と目を合わせながらおそるおそる注文してみた。
 


キャベツのインパクトがすごい! 「キャベ玉ラーメン」(700円)
 

サイドメニューも充実! ギョウザ(350円)、半チャーハン(300円)


まさにインパクト大! 写真では見たことがあったが、実際に目の当りにすると、このキャベツの量に圧倒されてしまう。味もキャベツが新鮮なためか、その甘味が口いっぱいに広がる。見た目のインパクトもさることながら、ボリューム感がいい感じ。では今回の結果発表だ。
 


キャベツの量に思わず顔がほころんでしまう


>家系マイスター・マーコ氏
とんこつ感・しょう油感・チー油感とすべてに関しておとなしい。しかしながら、人気店であるのも周知の事実のため、“店は味だけが全てでない”と言える代表的な店だ。

>編集部・千葉
キャベツの量に思わず圧倒! ただ、家系ラーメンとしてはあっさりし過ぎている。こってり味が苦手な人にはオススメ。あと店の雰囲気が明るいので家族連れや女性にいいかも。

<今回の採点>
ネ タ 度 :☆☆★★★(星2つ)
既食メニュー:キャベ玉ラーメン(700円)

じっくり採点しながらふと横を見ていると、マーコ氏が「インパクトがまだまだ足りない・・・」と眉間にシワを寄せながらつぶやいた。これ以上のインパクトを超える店がほかにもあるのだろうか?
 


後ろ姿が寂しいですよ、マーコ氏?




家系ラーメン&サンマーメンの夢のコラボ! 「風々風」

続いて向かったのが、東急東横線綱島駅からバスで10分、トレッサ横浜のすぐ近くにある「風々風(ふうふうふう)」(独立系)
 


風々風の外観。見た目はまるで中華料理店


さっそく店の扉を開け取材の旨を伝えたところ、快く応じてくれた。今回、取材にご協力いただいたのは、同店のオーナーである久保田さん。さっそく同店が開店した経緯にふれてみよう。
 


白のユニホームがお似合いの久保田オーナー


久保田オーナーの実家は川崎で中華料理店「中華村」を営んでいるが、家業を継ぎたくないと反発し、大学卒業とともにサラリーマンの道を選ぶ。だが、仕事をしている中で自分が本当にやりたいことは何か? と自問自答した結果、中華料理店の手伝いをしていた経験を生かせるラーメンへの道を進むことになったそう。
 


少し広めの店内


そこで修行先として目をつけたのが、六角家からの独立店で東京都目黒区に本店を構える「円満家」。知り合いを通じて2003(平成15)年に入店し、円満家目黒店で2年、蒲田店で2年半の修業を積み、家系ラーメンの基礎作りを当時の店長に叩き込まれたとのこと。
 


「修業時の経験が今の僕を作ってくれた」という


こうした経緯を得て、2008(平成20)年3月16日に念願の店をもつことになる。店名の由来は久保田オーナーのラーメン作りに対する3ヶ条「真風」「新風」「心風」の“風”を3つつなげたもの。ちなみに風風風にしなかったのは、全部“風”の文字にしてしまうと、見た目が重くなるからということだのこと。
 


店名の由来はこれ!



次のページではいよいよ驚愕のビジュアルを誇る家系ラーメンが登場!!≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事