検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

見た目のインパクトが強烈な家系ラーメンがあるらしい!?~横浜の家系ラーメン全店制覇への道 其の九

ココがキニナル!

「家系ラーメン全店制覇への道」 9回目は、家系ラーメンの中でも見た目のインパクトが強烈なラーメンを提供する、オリジナル系の「うえむらや」、独立系の「かわべ」「風々風」の3店舗をレポート!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

家系ラーメン&サンマーメンの夢のコラボ! 「風々風」 (つづき)

では、同店のインパクト大なメニューはなにがあるのか? 久保田店長によると、横浜が誇る「サンマーメン」を家系風にアレンジした「もやしそば(700円)」があるのだとか。これは胸が高鳴るではないか! そこでさっそく注文してみた。
 


横浜名物の夢のコラボ! 見た目のインパクトはちょっと薄いかも


一口食べてみたところ、これが実に美味い! 横浜の名物である「家系ラーメン」と「サンマーメン」が合わさるとここまで美味くなるとは! あまりの美味さにレンゲが止まらん状態に!

そんな興奮状態の中、マーコ氏からとんでもない情報が。「実はここ(風々風)の味噌ラーメンって全国の家系ラーメン店の中でもトップクラスの味なんですよ」とのこと。・・・本当ですか?
 


これが噂の味噌ラーメン(680円)


濃厚な味噌味の中に甘味とコクがあり、これまたぐうの音も出ないくらい美味い! なんでもこの味噌は久保田オーナーのおじいさんの代から続いているものらしく、60年以上の歴史があるのだとか。それを家系ラーメンと味噌を合わせ、さらにアレンジを加えることによって、この味を引き出したという。
 


家系ラーメン店で鍋をふっている姿を見れるのは同店だけ


これって、サイドメニューのレベルじゃないですよね!? とマーコ氏に確認したところ、「味噌ラーメン店専門店レベルの味ですよ」と太鼓判。ではその結果は!?

>家系マイスター・マーコ氏
家系ラーメンとサンマーメンの夢のコラボを味わえただけでなく、味もスカウターを破壊するレベル!。 野菜の甘み・旨みがとんこつしょう油スープへ絶妙にマッチングし、もはやレンゲが止まらない状態に! また、サイドメニューの味噌ラーメンも“味噌ラーメン専門店が出来る”と言っても過言ではない家系ラーメン店において史上最強の味噌ラーメンだ。

>編集部・千葉
サンマーメンも美味いが、個人的には味噌ラーメンのインパクトが強い! 北海道生まれなので味噌ラーメンにはちょっとうるさいけど、いままで食べた味噌ラーメンの中でベスト3に入っていいくらい。

<今回の採点>ネ タ 度 :☆☆☆☆★(星4つ)
既食メニュー:もやしそば(700円)、みそラーメン(680円)
 


珍しいトッピングの焦がしネギ(無料)もあった


「たしかに美味かった。・・・だが見た目のインパクトではまだまだ足りない」。そう言い残し店を出るマーコ氏。だが、その横顔には笑みさえあった。きっと次の店には確信めいたなにかがあるに違いない! マーコ氏の背中を追い、次の店へ向かった。



ド迫力のステーキに驚愕!! 「かわべ」



最後に訪れたのは野毛にある「かわべ」(独立系)。JR根岸線桜木町駅から徒歩10分ほどの場所に立地する同店。さっそく取材の旨を伝えると、営業中にもかかわらず二つ返事で取材OKとのこと! さっそく詳しい話を伺ってみることに。
 


「かわべ」外観。夜道にネオンがまぶしい


対応してくれたのは店長の川邉さん。20歳のころに家系ラーメンの道に進み、「たかさご家」「うえむらや」「吉村家」と家系ラーメン店だけでなく、佐賀のとんこつラーメンの名店「れんげ」で修業を積んできたのだそう。
 


店長の川邉さん(35歳)


いつか自分の店を持ちたいと思っていた川邉店長は、2011(平成23)年3月8日、実家の喫茶店を改装し、「麺屋真(まこと)」という店名で開店。だが、ラーメン専門店としては厳しいため、定食や丼ものなどのメニューを増やし、それにともなって現在の店名である「かわべ」と変更し、同じ場所で再スタートを切ったそう。
 


店内は喫茶店のような雰囲気だった


テーブルに目を向けると、そこにはラーメン以外のメニューが。その中でひときわ目を引くものがある。その名も「炙りチャーシュー」。まさかこれは・・・そう思いながら横にいるマーコ氏を見てみると、同じく「炙りチャーシュー」の箇所を睨んでいる。どうやら彼も確信に変わったようだ。
 


「生姜焼き定食(850円)」は喫茶店時代の人気メニューなのだとか


あらためてラーメンのメニューを見てみると、「炙りチャーシューラーメン(1000円)」の表記を発見! まさかこれが・・・そう思いながら、今回の調査に終止符を打つべく、さっそく注文してみることに。すると川邉店長から「(肉を)焼くところを見てみますか?」と提案が。
 


えっ!?
 

これってチャーシューのレベルじゃないですよね?
 

でた! これぞ探し求めていた「ビジュアル」ナンバー1の家系ラーメン!


もはやチャーシューというよりステーキといった感じだが、麺もなかなかの強者。なんとソフト麺を製造している埋金製麺の特注極太麺を使用しており、食べごたえも抜群だ。
 


埋金製麺の極太麺。パスタに使うデュラム・セモリナという小麦粉を使用している
 


お分かりいただけただろうか? 常識を覆す肉の大きさに思わず絶句!


>家系マイスター・マーコ氏
もはやこのラーメンでスープと麺の説明はいらないであろう。とにかくチャーシューのビジュアルフックおよび食った感が凄まじすぎる!
[マーコ用語]フック・・・味の強さ

>編集部・千葉
なんでしょう、このパンチ力・・・。ラーメンがメインなのか、チャーシューがメインなのかどうでもよくなるくらいインパクト大! チャーシューだけでご飯が食べられそう。

<今回の採点>ネ タ 度 :☆☆☆★★(星3つ)
既食メニュー:炙りチャーシューラーメン(1000円)



今週のランキング結果は!?



今回3店舗を実食した結果、そのランキングを発表する。はたして今週のランキングはどんな順位となるのか!?
 

順位 店名 オススメポイント
1位 寿々喜家 ・全てがパーフェクト!(マーコ)
味のバランスが最高!(千葉)
2位 綱島商店 ・壱系の進化バージョン!(マーコ)
・特濃スープは伊達じゃない!(千葉)
3位 風々風 ・夢のコラボレーション!(マーコ)
・ちょっと邪道だけど、納得の味!(千葉)
4位 近藤家 吉村家創業当時の味!(マーコ)
家系の歴史が味わえる一杯!(千葉)
5位 すずき家 ・超ストロング家系!(マーコ)
・久々に衝撃を受けた味。ライスが欲しい(千葉)
6位 らっち家 ・壱六家創業当時の一杯っ!(マーコ)
・幻の味に出会えてただただ感動(千葉)
7位 矢口家
平塚店
介一系最高峰!(マーコ)
・矢口家創業当時の味を堪能できる店(千葉)
8位 壱六家
磯子本店
壱系総本山!(マーコ)
・ここでは必ずライスを注文しないと損!(千葉)
9位 壱八家 This is マイルド!(マーコ)
どっしりしているけど、どこかマイルド(千葉)
10位 めんりゅう 介一家イズムを引き継ぐライトスープ!(マーコ)
・ホスピタリティが最高!(千葉)

まさかの風々風が近藤家を抜きベスト3にランクイン! それによって、介一家うりゅうが残念ながら圏外へランクダウン! まさかのダークホースの出現に大荒れとなった家系ランキングの行方はどうなるのか!?



取材を終えて



今回は、見た目のビジュアルを重視し、マーコ氏の情報をもとに3店舗調査してきたが、どの店舗もそれぞれ個性あるメニューを提供していた。また、見た目だけでなく味も個性があるので、興味があればぜひ各店舗の味を堪能してみてはいかがだろうか。

次回は横浜市外の家系ラーメンが食べられる!? その名も「家系版逆輸入」の3店舗紹介する予定。はたしてどんな店舗が登場するのか? そして大波乱のランキングの行方はどうなるのか!? こうご期待!!
 


2013年11月23日時点の家系図
<クリックして拡大>



―次回に続く―


次回の更新日は12月中旬を予定しています。お楽しみに!

 
<取材協力>
神奈川のラーメンを盛り上げよう!会

マーコの辛口ラーメンチェック
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 風々風もお父様のお店も私の口には合わないせいか美味しく感じたことが無いですね。

  • 是非、横須賀の長谷川家を訪れて下さい。先代が吉村家にて修行し1983年に地元横須賀の地で独立開店したお店です。今は息子さんが後を継ぎがんばっています。自分は何店もの家系を食べてきましたが長谷川家が一番好きです。

  • もう打ち切りになっちゃったんですかねー横浜市民としては興味深いシリーズだったのですが^_^;

もっと見る

おすすめ記事

横浜市内でもっとも古くからある「ラーメン店」はどこ?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

横浜中央市場内にある超人気店「もみじや」が突如閉店! その理由とは!?

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

超レア? 横浜の老舗料理店も愛する「横浜生まれの焼酎」ってどんなもの?

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

関内にレジェンド・加藤鷹さんが監修した「しお」ラーメンがあるって本当!?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

こんな記事も読まれてます

福富町の陶芸家が営むバー六反の正体とは?

かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編

鶴屋町のラブホ街に佇む日本酒バル!? 神奈川県13蔵の地酒が飲める「UMAMI」とは?

お酒の「シメ」に!? 磯子区杉田の「(食)盛岡製パン」でコッペパン三昧

中華街の大声を出してオーダーする「パクチー専門店」とは?

元町「ウチキパン」、その人気の秘密とは!?

2015年、横浜市内で忘年会におすすめのお店はどこ? 予算別に調査!

横浜中央市場内にある超人気店「もみじや」が突如閉店! その理由とは!?

新着記事