検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
  • 横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comに、あなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜市の防災ライセンス事業はいい取り組みだと思いますが、市民でないと講習が受けられません。横浜在勤や横浜で活動する団体にも対象を広げる予定はないのでしょうか?(ちぐささんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

災害時における応急活動のリーダーを育成して地域防災力の向上を図ることが目的で、横浜市民以外も講習は受けられるが、備蓄資機材は各自治体で異なる

  • LINE
  • はてな

2014年03月11日

ライター:はまれぽ編集部

横浜防災ライセンス事業とは?

万が一、大地震が発生した時、自分の身を守るのは日ごろの備えと地域の助け合いが重要となる。横浜市では震災発生時、被害を少しでも軽減するために独自の取り組みを行っている。

今回のキニナル投稿にある「防災ライセンス事業」とは、いざという時、小中学校など市内に454ヶ所ある「地域防災拠点」に備蓄してある防災用の資機材を適切に取り扱うことができる技術を市民に習得してもらおうというもの。

受講は無料で、受講者には「横浜防災ライセンス証」が交付される。
 


実際に交付される「横浜防災ライセンス証」


さらに詳しい話を聞くために、横浜市総務局危機管理室危機管理課の佐々木優(まさる)防災拠点・帰宅困難者対策担当係長にお話を伺った(写真はNG)。
 


防災関係の取材でお世話になっている危機管理室


佐々木担当係長によると、事業は、もともと地域防災拠点に備蓄してあった防災資機材の取り扱い方法をより多くの市民に知ってもらい、災害の発生に備えようという主旨で2004(平成16)年度から市職員のアントレプレナーシップ(起業家精神)事業での提案から始まったもので、これまで(2012〈平成23〉年 度末時点)に延べ6113人が受講した。正式名称は「横浜防災ライセンス」というそう。

ライセンスには、移動式炊飯器や仮設トイレと いった避難生活に必要な資機材を取り扱う「生活資機材取扱リーダー」、レスキュージャッキや発電機、投光器などの救助活動に必要な資機材を扱う「救助資機 材取扱リーダー」のほか、各ライセンスリーダー講習会で市民を指導する「資機材取扱指導員」の3種類がある。

「資機材取扱指導員」の講習会を受けるには、「生活資機材取扱リーダー」と「救助資機材取扱リーダー」の両方を受講する必要がある。
 


ライセンスごとに証明書が異なる


受講者は災害時、防災拠点に備蓄してある資機材を率先しての取り扱うことで防災活動などのリーダーとして地域防災力の向上に寄与することが求められる。

しかし、最寄りの防災拠点にリーダーがいないなど、地域によって取得者数にばらつきがあるそう。
このため、市では454ヶ所の各地域防災拠点に10名以上のライセンスリーダーを確保できるよう、消防などの関係機関と協力して人材育成に注力している。

投稿にあった横浜市以外の人でも受講できるかという点について、佐々木担当係長によると、「基本的には受講可能です」とのこと。

ただし、「いざ災害という時のため横浜市が備蓄している防災資機材の取り扱い方法について、皆様に身につけていただき、災害時の応急活動や平常時の防災訓練の場でのリーダーとなる人材を養成して、地域防 災力の向上を図ることを目的としている講習会ですので、講習内容が受講された(市外の)自治体で備蓄している防災資機材に活用できるかは分かりません」と いう。

また、市外の人にはライセンス証の発行もしていないとのこと。

ライセンス事業の内容が分かったところで、実際にどういう講習が行われているのか。講習の内容を見せていただいた。



講習会の様子は?

講習は毎年各区で1回ずつ(中区と西区は合同)17会場で実施し、16歳以上のを対象に市の広報などで参加者を公募している。
「生活資機材取扱リーダー」「救助資機材取扱リーダー」ともに3時間の講習だが、12月8日(日)に南区の市立日枝小学校・共進中学校で行われた講習会には定員の30人を大幅に上回る65人が参加した。
 


早朝から多くの参加者が集まった講習会


磯子区岡村西部第3自治会・防災部のメンバー4人で参加したグループは、「自治会には500世帯以上あり、こういった防災の知識を持った人が一人でも多くなってくれればと思い参加した」という。


実際の講習会場を見学!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

関東大震災で焼失した山下町「グランド・ホテル」の栄華を教えて

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

大地震を想定したゲーム「J-DAG」ってなんだ?

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

反町公園は昔、遊園地のようだったというのは本当!?

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

中華街の美容室内で発生した殺人未遂事件のその後は?

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

新着記事

締切迫る!相鉄新型車両12000系に一番最初に乗りたい人、急げ~!

    • 面白かった47
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2019年03月26日

2020年春開業!「ビルボードライブ横浜」が馬車道の「生糸絹物専用倉庫」に登場

    • 面白かった48
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2019年03月26日
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.com無料掲載のお知らせ

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • あざみ野駅構内にリニューアルオープンしたetomoあざみ野について調査してください。

  • しばらく前に大型ライブハウスのZeppがみなとみらいにできると聞いたのですが、現在の進捗はどうなって...

  • ラグビー発祥地の横浜の記念碑が中華街の山下町公園に建立されるそうですが、なぜ中華街なのですか? 日本...

あなたはどう思う?

「横浜スタジアム」のことをなんて呼びますか?

最近のコメント

アクセスランキング