ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市内、もしくははまれぽエリア内に釣り堀はどのくらいあるのか?また、ニジマスなどお持ち帰りして食べられる魚が釣れる釣り堀がないか?取材して下さい!

    ナチュラルマンさん

    菊名駅に駅ナカのお店ができるという計画を以前耳にしましたが、現時点でその気配が感じられません。東急は駅コンビニと渋そばを、JRはいろり庵きらく、崎陽軒売店、横浜土産店、ミニスーパー(生鮮品販売) 、書...

    ナチュラルマンさん

    「日本ポールウォーキング協会」の事務局が馬車道駅近くにありました。本部は鎌倉市にあるようです。はまれぽエリア内なので、活動内容について実際に参加してのレポートをお願いいたします。

    羽後人さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「家系ラーメン全店制覇への道」 今回お送りするのは、クリーミーでマイルドな家系ラーメンが食べられる「九ツ家」「源泉」「大岡家」の3店舗をご紹介!!

ライター:はまれぽ編集部 (2014年03月25日)

横浜市内の「家系ラーメン」店を全店調査するという無謀とも呼べるこの企画。前回は一風変わったラーメンを扱う家系ラーメン店、「味王」「半蔵」「三國家 南本宿店」の3店舗を紹介した。
 


家系なのに二郎!?(写真:三國家南本宿店)


「家系ラーメンといってもひとくくりにできないんですねぇ~。感心します!」
そうつぶやくのは新人ライター・千葉こころ(以下:チバコロ)。今回から家系プロジェクト本部より、家系全店制覇の取材を手伝うように言われ、心躍るさまを隠せない様子。

だが、その横で編集部・千葉がなにやらソワソワしている・・・。なにやら何かを言いたくてたまらないようだが、話しかけてもどこか上の空。はたして今回の取材は大丈夫なのだろうか? と思った矢先、最後の最後で衝撃的な事実が発覚した!!
 


チバコロと編集部・千葉との間にいったい何があったのか!?




開店当初の味がクリーミー系へと大変身! 「九ツ家@六角橋」

2014年某日、携帯電話にマーコ氏から着信が――
彼いわく、「最近、ガッツリパンチの効いた家系ラーメンばかりだったので、今回はクリーミー系かつマイルドなものが食べたい」とのこと。そこで今回はテーマをそれらに絞り3店舗紹介することにする。
 


最近、暴君になりつつあるこの男、マーコ氏


まず最初に向かったのは、京急線白楽駅から歩いて10分ほどの場所にある「九ツ家(ここのつや)」。話を伺ったのは店長の清田秀樹(きよたひでき)さんで、聞くところによると現在3代目の店長を務めているとのこと。
 


店主の清田さん。若いのにしっかりしている青年だった


初代の店長が吉村家の直系店「横横家」から独立し、2008(平成20)年に同地へオープン。その後、初代店長が2年、2代目店長が3年勤め、昨年2013(平成25)年10月に清田さんが3代目店長として店を任されることになる。
 


クラシックな店内


直系店の味の特徴といえば、しょう油感が強いことが挙げられるが、同店もそのような味なのだろうか。しかしその答えはNo。以前は直系店の味で勝負していたそうだが、2代目店長のころからクリーミー系スープの味へとシフトし、現在に至るそうだ。
 


以前は丸山製麺だったが、1年前より大橋製麺を使用している


同店は神奈川大学の近くにあるということで、訪れる客は学生がメイン。そのため、腹いっぱい食べてもらえるようにとの心遣いから、ラーメンを注文した客にはライス食べ放題のサービスをおこなっている。
 


炊飯器から自分が好きなだけご飯を盛ることができる

 

「若いモノには負けん!」・・・大人げないですよ、マーコさん


では肝心のラーメンを食べてみることにしよう。はたして直系の味からクリーミー系の味にシフトしたその破壊力やいかに!?
 


見た目がとってもクリーミー! ラーメン(650円)


>家系マイスター・マーコ氏
一瞬、何が起こったのか? と言葉を失ってしまうくらい、以前のラーメンとは異なる一杯。商品力だけで言えばこれはこれで旨いのだが、やはり、九ツ家と言えば直系の味が食せる店だっただけに残念である。

>編集部・千葉
元・直系店からの独立店舗とは思えぬほどのクリーミーさ。ただ、インパクトが少し薄いのでしょう油感がほしいかも。あと、ご飯食べ放題はとても嬉しいところですね。

既食メニュー:ラーメン(650円)
ネタ度:★★☆☆☆(星2つ)
 


そんなにガッツかなくてもご飯は逃げませんよ
 

食べても食べても飽きないクリーミーなラーメンを求める旅は続く≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事