検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

開業当初の京急「上大岡駅」は簡素で無人駅、利用者は20人足らず。開発前の上大岡駅と周辺の様子は?(抹茶さん/ねこぼくさん)/地下鉄上大岡の銀色の亀ってなくなってしまう?由来は?(はまれぽ初心者さん)

はまれぽ調査結果!

1930年開業当初の上大岡駅周辺は一面田んぼ。その後花街があった時代もあるが名残はない。銀の亀は地下鉄開業記念の壁画レリーフでなくならない

  • LINE
  • はてな

2014年05月13日

ライター:ほしば あずみ

昔の上大岡駅周辺とは?


横浜の副都心とも呼ばれる上大岡。京浜急行の前身である湘南電気鉄道が開通して上大岡駅が開業したのは1930(昭和5)年。湘南電気鉄道の記録によると、確かに信号所があるだけの無人駅で駅舎もなくホームは一面のみ、利用者も1日20人程度。辺りは一面に水田が広がり駅裏は雑木林で人家もまばらだったのが開業当初の上大岡駅周辺だったという。
横浜市の統計によると同年の横浜駅の1日の利用者数は約1万6400人あまりである。

寒村ではあったが、後年湘南電鉄と京浜電鉄との連絡駅となる日ノ出町駅と、車庫等がある金沢文庫駅のほぼ中間地点であり、鎌倉街道(旧道)と湘南電鉄が交差する小高い丘は駅を置くのに適当な立地だった。

 

戦時中の上大岡駅前で撮られた出征前の集合写真(提供:渡辺渥美)
 

1947(昭和22)年ごろの上大岡駅周辺にもまだ田んぼが広がっている
(国土地理院地図・空中写真閲覧サービスに一部加筆)
 

1955(昭和30)年から上大岡に住み、歯科医を開業している渡辺渥美さんは鉄道の写真撮影が趣味で、長年撮りためた膨大な量の写真は今や歴史を今日に伝える貴重なものとなっている。

 

郷土資料や鉄道史の書籍などに写真提供することもある渡辺渥美さん
 

1933(昭和8)年生まれの渡辺さんの家は、市電の麦田車庫の目の前にあった。市電と共に育つうちに鉄道ファンになっていったそうだ。

 

診察室には撮影した写真が飾られている
 

子どもが喜びそうなNゲージのディスプレーも
 

「上大岡の駅前は、かつては田畑が広がって閑散としていたそうですが」と尋ねると、渡辺さんは一枚の写真を見せてくれた。

 

本当に・・・ここはどこでしょう?
 

「昔は弘明寺のトンネルを抜けると、中里のあたりに一部人家が見えるくらいであとは一面畑。こんな光景が広がっていたんだよ」と渡辺さん。上大岡駅のプラットホームからは富士山も見えたという。

 

1959(昭和34)年、雪の日の上大岡駅構内(提供:渡辺渥美)
 

かつては、改札を通るとプラットフォームに向かうには踏切を渡らなければならなかった。ホームへ地下を通っていけるようになったのは、駅舎を建て直し1963(昭和38)年に駅ビルがオープンした時からだ。

 

1961(昭和36)年、ホーム側から踏切越しに見た駅舎(提供:渡辺渥美)
 

改札の向こう側に不動産屋の看板が見える。このころから分譲地販売が盛んになりはじめ、不動産屋が軒を連ねていた。1958(昭和33)年、森が丘住宅地(磯子区)の宅地分譲を皮切りに、京急による上大岡駅周辺は小規模な宅地開発や、京浜工業地帯の大企業の社宅建設が次々進められた時期である。

 

京急のチラシにあった森が丘住宅地開発の様子(提供:渡辺渥美)
 

外観。左側の人物が立っているところは荷物受付所(提供:渡辺渥美)
 

田んぼが広がっていたことからもわかるように、この地はもともと湿地帯だった。昭和30年代までは大雨が降るとたびたび大岡川が氾濫し、道路が冠水して川のようになったという。渡辺さんの家も畳が浮き上がるような水害に遭ったそうだ。

「1961(昭和36)年6月の氾濫が一番ひどかった。あまりの被害に家を建て直したんだ。水があがってこないように床を高くした。でも1981(昭和56)年に分水路ができてから建て直した後に氾濫は起きていないんだよ」と渡辺さん。

 
次ページでは、渡辺さんより貴重な上大岡の写真をご紹介!≫

 

おすすめ記事

上大岡駅近くの歩道橋に佇む謎のお地蔵さん!その存在理由は?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

「上大岡」があって「下大岡」がないのはなぜ?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

【年末特集2013】2013年はまれぽ重大ニュース(事件・事故編)

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【編集部厳選】連休中に家族サービスで疲れた・・・。そんなお父さんが一人でホッとできるバー特集!

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

新着記事

みなとみらいで鳴る「モスキート音」は「超音波」? その正体は

    • 面白かった95
    • 面白くなかった6
    • コメント4
  • 2018年08月14日

ラグビーワールドカップを応援! 「横浜西口街バル」が8月16日から開催

    • 面白かった7
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2018年08月14日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
はまれぽ.com無料掲載について
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽで記事を書きたい人集ま〜れ

はまれぽ編集部のイチオシ

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

走ることが自己表現だった、あの頃・・・当時のバイクをビンテージとして復刻する「スキャン」

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

環境を考えること=クリエイティブ!? 中高生がゴミを作品に生まれ変わらせる「かんきょう文化祭」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 新しい箱根海賊船は、水戸岡鋭治が手がけることになりました。岡部憲明氏でなくて何故水戸岡氏なのか?小田...

  • 新横浜の隠れた名店?立ち食いそば屋さんの矢萩が、2018/8/19で閉店するそうです。よく通っていた...

  • 京急は「三崎口駅」を「三崎マグロ駅」にしたり、北斗の拳とのコラボでは「京急蒲田駅」を「京急かぁまたた...

あなたはどう思う?

みなとみらいで行われるピカチュウのイベント見に行く?

最近のコメント