検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 湘南育ちの兄弟デュオ「ブレッド&バター」ってどんな人たち?
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ご飯食べ放題! ワンコインで食べられる! 「激安家系ラーメン」を探せ!~横浜の家系ラーメン全店制覇への道 其の拾八

ココがキニナル!

「家系ラーメン全店制覇への道」。第18回は激安で食べられる「銀家(ぎんや)」「こん」の2店舗を紹介!

  • LINE
  • はてな

ライター:秋山 千花

ドSな人間に忍耐を強いるのは恐ろしく危険なことだ。
彼らに「耐え忍ぶこと」の美学は通用しない。抑圧された欲望は、その身体の中で増殖し、いつしか形を変えて吐き出される。侮るなかれ! 彼らの強大な欲望は、決して消えることなどないのである。

だから、そう・・・
ドSな吉田編集長に「ダイエット」企画を持ちかけてはいけない。
ましてや、その苦痛に顔を歪める姿をここぞとばかりにおもしろがってはいけない。
 


この男のように・・・

 
ようするに、筆者の担当編集者・松山氏は「やっちまった」のだ。
大好きなおやつを禁じられてストレス全開の吉田編集長を前にして、「ボク、小食っすからぁ~、ボクサー体系っすからぁ~」とヘラヘラ「やっちまった」のだ。あぁ、なんて命知らずのお馬鹿ちゃん・・・。
 


大好きな「おやつ」

 
この瞬間、ドSな悪魔の腹の中で溜まりに溜まった食べたい欲求は、「ちょっぴり系の松山氏にガッツリを!」という新たな企てとなって吐き出されたのである。



まさかの呼び出し。しかも・・・



そんなわけでドS編集長・吉田とドM松山氏のSMプレイに巻き込まれる形で呼び出されたのは、食欲おう盛な若者の集う日吉駅。
 


日吉駅名物「銀玉」

 
松山氏が編集長・吉田から「ガッツリ食べてこい」と指示されたのは、「はまれぽ」のグルメ企画の中でもかなりガッツリ色が強い家系ラーメン。

しかし、ここでまた、へなちょこならではの問題が浮上。この男、人をわざわざ日吉駅まで呼び出しておいて「実は、給料日前で手持ちがあんまりないんですよ~」とのたまわうではないか!?
待ち合わせ場所が日吉駅だったのは、学生街ならではのリーズナブルな価格設定を期待してのことだったよう。

ああ、これはもう筆者一人の手に終える問題ではなさそう。

そこで、今回は「例のあの人」にご同行いただき、「家系ラーメン全店制覇への道・其の拾八」として取材を敢行。リーズナブルな価格で食べられる家系ラーメン店を紹介していただくことに。
 


我らが救世主・家系ラーメンコンサルタントのマーコさん
 

「リーズナブルな価格」とうたってはみたものの、家系ラーメンの相場価格がどの程度の物なのかもわからない家系ラーメン初心者の筆者。襟足がちょっぴり気になる彼が言うには、その相場はだいたい600円台後半とのこと。

ガッツリ入った豚骨やたっぷり浮かんだ鶏油(ちーゆ)など、材料費を考慮すればやむを得ない価格なのかもしれないが、日ごろ家系ラーメンを食べ慣れない筆者にとっては、やはりちょっと高いなというのが正直な感想。

隣には小銭「だけ」で膨らんだ財布をこっそり確認する松山氏の姿も・・・
 


助けてください、マーコさん!