検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜市と大和市の所に外国人が多く住むいちょう団地を調べてください。団地内の様子もお願いします(JOKERさん)タンハーというベトナム料理屋店がディープすぎて入りづらいので突撃してください。(たこさん)

はまれぽ調査結果!

横浜市と大和市にまたがる公営住宅いちょう団地は居住者の2割が外国籍。タンハーは超入りにくいが本格的なベトナム料理が格安で味わえる店だった!

  • LINE
  • はてな

2014年07月24日

ライター:松宮 史佳

投稿によると、横浜市と大和市に「いちょう団地」という外国人が多く住む集合住宅があるらしい。「いちょう団地」を管理する神奈川県住宅営繕事務所に問い合わせてみると・・・。

なんと、「明日なら(取材)OK」とのこと! 最近、いつもにも増して突撃取材が多い松宮。が、これは行くしかない! 



県最大の公営住宅「いちょう団地」

早速、県営住宅部入居管理課課長・橋本さんと募集担当・児玉さんにお話を伺う(残念ながら写真はNG)。

児玉さんによると、「いちょう団地」は“神奈川県最大の公営住宅”とのこと。
 


県内最大の公営住宅「いちょう団地」の広さは27万2476.9平方メートル
 

境川を挟み、住所が横浜市側の「上飯田」と大和市側の「下和田」の2つに分かれている


建てられたのは今から約40年前の1971(昭和46)年。以後、改築や増築を行い、現在の棟数は1から84棟まで。
 


そのうち、横浜側が1~48棟、大和側は51~84棟(49から50棟は欠番)


規模は横浜側の方が大きく、入居率は93%と高い。
 


「いちょう団地」が建てられた当初1971(昭和46)年の写真


団地の種類は低層階(5階建て)・高層階(12階・15階建て)の3つ。入居戸数は横浜側が2096戸、大和市側は1287戸。戸数は横浜側が2238戸、大和市側は1394戸。

2003(平成15)年に施行された「指定管理者制度」(株式会社をはじめとする団体に公の施設の管理・運営を代行させること)に基づき管理するため、基本的に居住者からの相談や苦情の一時的対応は民間サービス業者が行う。業者が対応できない場合は県が対応するそうだ。
 


団地内には民間のサービスセンターがある


「いちょう団地」を含むすべての県営住宅の入居条件は下記の3つ。

1. 県内に6ヶ月以上居住していること
2. 月収が15万8千円以下であること(総収入ではなく、控除などを入れて計算したもの)
3. 住宅困窮度-「現在、他人の家に間借りしている」「住宅用でない建物に住んでいる」など。こちらは自己申告制だが、後日二次審査までに調査される。

上記の3つすべてに当てはまれば、応募する際に国籍や年齢は関係ない。しかし通常公営住宅は家族向けであり、単身者向けの応募は60歳以上が対象。応募者は書類審査と面接を経て、入居可能となる。家賃は収入に応じて異なるそうだ。



外国人が入居するようになった歴史的背景

もともと、公営住宅は戦争で家を失った人や引揚者のために建てられるようになった。『かながわ公営住宅40年のあゆみ』によると、県で最初に公営住宅が建てられたのは1948(昭和23)年。当時は海外引揚者寮と言われており、団地名は「立花荘」と記載されている。だが、建てられた場所は記載されておらず、不明。
 


『かながわ公営住宅 40年のあゆみ』
 

県で最初に建てられた海外引揚者寮(公営住宅)「立花荘」と・・・
 

「走水(はしりみず)改良住宅」

 
ちなみに「走水改良住宅」は“走水改良アパート”として現存するそうだ(写真は昭和38年に撮影)。

「いちょう団地」の入居が開始された1973(昭和48)年当時、入居者はほとんど日本人だった。ではなぜ外国人の入居者が増えたのか? さらに詳しく伺うと「大和定住促進センターがあったからでは」と答えてくれる児玉さん。

大和市出身の松宮。「確かに定住センターがあった!」と思い出す。

大和定住促進センターは1975(昭和50)年の南ベトナム共和国崩壊により、大量に難民となったベトナム・ラオス・カンボジア人を受け入れるため、政府によって1979(昭和54)年に大和市南林間に開設された。同センターでは1998(平成10)年に閉所するまで2090人が日本語教育を受け、1045人が斡旋によって就職。社会に巣立っていった(大和市HPより)。

つまり、ベトナム・ラオス・カンボジアを中心とした外国人が大和市周辺に増え、いちょう団地に入居するようになったのは「1979(昭和54)年以降」と考えられる。
 


日本はベトナム・ラオス・カンボジアから難民を受け入れていた


児玉さんいわく、現在、いちょう団地の入居者は「全体の約2割が外国籍の方」とのこと。
外国籍の方の中には日本語がまったくわからない人も多い。そのため県では入居に際し、居住者に「暮らし方のマニュアル」を配っている。
 
「暮らし方のマニュアル」はいちょう団地の自治会から要請があり、1999(平成11)年より配布を開始。マニュアルは日本語のほか、英語・ベトナム語・中国語・韓国語・スペイン語・カンボジア語・ラオス語があるそうだ。ラオス語はめずらしい言語で、印刷部数が少ないため「1冊作るのに3000円ほどの費用がかかった」とか!
 


英語や中国語など、職員の方が翻訳できる言語から翻訳を開始した

 
ここで自治会について伺うと(自治会は)棟ごとにあり、連合自治会がまとめている。それぞれ確認しないといけないため、この場ではわからない」とのこと。・・・これは再び「いちょう団地」へ突撃するしかない! 
 
いちょう団地に突撃取材を決行!!≫
 

おすすめ記事

横浜のディープな街「福富町」の歴史とは?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

横浜にタイタウンがある!?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜市内に趣のある銭湯はどこにある?第2弾

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

本郷台にある「だいちゃん広場」の地下には何がある?

    • 面白かった8
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年07月17日

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

    • 面白かった189
    • 面白くなかった6
    • コメント3
  • 2018年07月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

店の縁、人の縁。関内駅前にある、行けば何かが待っている愛嬌酒場「えにし」

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

一切れで酔えると噂の「Happy Rummy」のアルコールケーキ製造現場に密着。つまみとの相性検証も

  • PR

90年以上続く酒販店で、豊富な日本酒や焼酎を試せる。酒蔵の心を伝える「福屋尾崎商店」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 都筑区の勝田橋付近に『バ〜ニラ♪』の高収入で有名なバスやトラックが停まっている駐車場があるのですが、...

  • 藤沢市川名にラーメンビックというお店がありますが子供不可、両替不可、撮影不可だそうです。はまれぽなら...

  • 逗子海岸にある「キン肉マン海の家」の取材をお願いします。限定メニューが食べれたり、限定アイテムなどが...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント