ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    羽衣町にワンタンスープ専門店「くぬぎ屋」があります。券売機を見たら雲呑麺は無く雲呑スープだけがある事がわかりました。何故スープだけなのかがキニナリます。

    bjさん

    三ツ境のOKストア裏手にある「イレブン」というお店は、カラオケだけでなく骨盤矯正を売りにしている模様で前を通るたびにキニナります。更に結婚式を無料で挙げられる!らしいのですが、果たして実績があるのか、...

    町田県民さん

    横浜駅の東急線改札の上にいつの間にか出来てる「ロイヤルラウンジ 横浜」。あれは何でしょう?何もない場所にラウンジとは?ちょっと近寄りがたい雰囲気なので調べて欲しいです。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

今年の横浜DeNAベイスターズは何位? CS出場可能?

まだあきらめない! ここから優勝でしょ!
2位に入って、目指せ! 本拠地CS開催!
今年も3位で、CS出場!
4~5位に転落するかも!?
まさか・・・最下位?
興味ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
3位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
4位
【随時更新】横浜市長選挙の詳細をレポート!
5位
日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!
6位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
7位
横浜市の住民税って高いの?
8位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
9位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
10位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
11位
横浜市職員の給料は高いのか!?
12位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
13位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
14位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
15位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
16位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
17位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
18位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
19位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
20位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
21位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
22位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
23位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
24位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
25位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?
26位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
27位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
28位
本郷台駅の公務員住宅「南小菅ヶ谷住宅」跡地はどうなる?
29位
川崎と横浜とのイメージの違いとは?
30位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市民税と神奈川県民税がまた増額。震災対策事業のため今後10年間1000円増やすそう。意味のある増税ならいいのだけど、どこにどれだけお金を使うの?(bausackさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜市は市立学校の耐震化に53億円、県は警察署の建て替えに約26億円など、市民・県民の安全・安心に直結するインフラ耐震化などに充てる

ライター:はまれぽ編集部 (2014年07月28日)

強烈な揺れ、一瞬にしてすべてを奪っていった津波・・・。2011(平成23)年3月11日、日本の観測史上最大規模の地震が発生した。あれから早3年。死傷者は1万8000人(2014〈平成26〉年7月時点)を超え、被災地の傷痕はいまだ癒えていない。
 


震災後の被災地の様子(フリー素材より)

 
政府は2011(平成23)年12月2日、早期の被災地復興かつ各地方自治体が緊急に取り組まなければならない防災施策に必要な財源を確保するため、2014(平成26)年度から2023年度までの10年間、個人住民税の税率を引き上げるための臨時特例法を施行した。

「個人住民税」とは、各都道府県民税と市町村税を合わせたもので、2013(平成25)年度までは神奈川県の県民税が年額1300円(2016年度まで上乗せされる年額300円の「水源環境保全税」を含む)、横浜市の市民税が年額3900円(2018年度まで上乗せされる年額900円の「横浜みどり税」を含む)となっている。
今回は、各都道府県民税と市町村税を500円ずつ、計1000円を上乗せした形だ。
 


増税分の比較

 
また、これまでは退職所得(退職金)に係る個人住民税の10%を控除されていたが、臨時特例法によって2013(平成25)年1月1日以降に退職した分の控除を恒久的に廃止。廃止による増収分を2021年度まで各自治体の震災対策に充てることとした。
 


退職金の控除分も震災対策事業に(フリー素材より)

 
今回の増税はその一環で、いくらの財源が集まり、どのように使われるのか、まずは横浜市の担当課に話を伺った。
 


「意味ある増税」か?

 


10年で120億円

対応してくれたのは税制課の中川譲(ゆずる)企画係長と、財政課の森隆行担当係長。
 


(左から)中川係長と森係長

 
まずは、増税に至った経緯について中川係長から。

中川係長によると、増税の根拠は前述の臨時特例法で、横浜市は同法に基づいて2012(平成24)年9月の市会定例会で「横浜市市税条例」を改正した。これによって、個人住民税の引き上げが可能となった。

2011(平成23)年の震災発生から3年経ったこのタイミングで増税した理由について、中川係長は、「国会で特例法に基づいて税制改正をしたのが2012(平成24)年のため、新税制が適用されるのは翌2013(平成25)年からになります。さらに、住民税は前年度(この場合は2013年度)の収入に基づいて算出されるため、正規な法改正の手続きを経ても最短で今年度からの増税ということになったのです」と説明してくれた。
 


正規な法改正手続きによる税制(フリー素材より)

 
中川係長によると、横浜市では臨時特例法に基づく条例改正によって、2023年度までの10年間で市・県民税の引き上げで均等割の引き上げ分約90億円、退職所得控除廃止による増収分で約30億3000万円の計約120億3000万円の税収を見込んでいる。
 


年度別の税収見込み(横浜市ホームページより)

 

120億円の使途は?・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事