ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    日吉と綱島の駐輪場料金が高い理由は?新横浜や菊名、大倉山は80円なのに綱島、日吉は120円。だから違法駐車も後を絶たないのでは。港北区や横浜市はどのうように考えているのか知りたい。

    coco茶さん

    やまゆり園襲撃事件をきっかけに新曲「ワンダフル世界」を出したバンド「サルサガムテープ」を取材してください。

    ホトリコさん

    あともういっちょウルバヌスさんネタ 「横浜復活の教会」は決して「地位が低下した横浜を復活させる『協会』」じゃありません。そういうのは青年会議所とかがよくやってる。「復活」といえばもうキリスト教的には欠...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
ロボットにかける青春! 「学生ロボコン」の横浜代表チームに突撃!
5位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
9位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
10位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
11位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
12位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
13位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
14位
相模原市が市内の全小中学校にエアコン完備! 現場の教諭や保護者の反応は?
15位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
18位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
21位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
22位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
23位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
24位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
25位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
26位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
27位
横浜のマークにはどんな意味や由来があるの?
28位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
29位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
30位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市内で使える『秘密の想い出チケット』が発売されました。かわりに体験してきてください!またこの企画の裏話もぜひ聞きたいです。(すがひこさん、リンダのママさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「秘密の想い出チケット」は「秘密の想い出プラン」に名前を変えてリニューアル。今回は氷川丸のバックヤードツアーに潜入! 本邦初公開部分もあり!

ライター:すがた もえ子 (2014年12月24日)

「秘密の想い出チケット」として2013(平成25)年に発売されていた横浜観光コンベンション・ビューロー主催の観光プランが、今年もスタートらしい。
 


「秘密の想い出プラン」ポスター


それを耳にした編集部・宮城より「せっかくですし、なにか体験して来てくださいよ~」と連絡が入った。

何か体験って・・・だいぶ大雑把だ。そんなことでいいんだろうか・・・。
一抹の疑問を抱いたまま、主催の横浜観光コンベンション・ビューローへと向かった。
 


入口には「秘密の想い出プラン」のポスターが


今回の取材でご対応いただいたのは、横浜観光コンベンション・ビューローの滝田さん。
 


とても感じの良い方だ


まずは「想い出プラン」を企画した背景を伺った。
「横浜は、土日は多くの人が来るんですけれど、平日にも来てほしいんです。特に冬はクリスマスを除くと閑散期に当たります。この時期にどうやって観光客を呼び込むかということを考えて、2013(平成25)年に横浜の観光名所をお得に体験できる『想い出チケット』を企画したんです」と滝田さん。

「想い出プラン」は、チケット制だった昨年の「想い出チケット」のシステムをチケットレスに変更し、予約不要なプランも多数盛り込んで進化させたもので、今年で実質的には2年目になるのだという。
 


左が2013(平成25)年の「想い出チケット」パンフレットで、右が今年の「想い出プラン」のもの


「昨年はチケット制で、1枚500円のチケットの6枚セット(3000円パック)と、10枚セット(5000円パック)の2種類のみの販売でした。販売窓口が限られますし、体験したいお客様がチケットを買いに行く手間や、チケットを全部使いきれなかったりという声もありました。それで今年は想い出プランと名前を変えて、チケットレスにしてリニューアルしたんです」と滝田さん。
 


昨年は365セットのチケットを販売した


利用者はカップル・ご夫婦がダントツで、去年の実績で言えば女性65パーセント、男性35パーセントの割合で、20代・30代の利用が多かったとのことだ。
ちなみに、アンケートによると81%の方が内容に満足したという結果だったそうで、かなりの利用者が満足感を感じる内容のようだ。

チケットレスとなった今年は、想い出プランのページをプリントアウトするかスマホ画面で表示、またはパンフレットを持参するだけなので気軽に参加できる。
予約が必要なプランは事前に申し込みが必要だ。

中でも横浜の夜景をヘリコプターで体験する「横浜スカイクルーズ」(夜景5分コース、1人1万1980円)などが注目度が高く、また「霧笛楼」の平日限定特別ディナーが1人3500円(2人1組、1日3組限定、税抜き、サービス料別、要予約)でいただけるプラン、ホテルニューグランド「ル・ノルマンディ」の、昭和初期のフルコースを再現したクラシックディナーがいただけるプラン(1人1万2000円、税抜き、サービス料別、要予約)などがこの時期、このプランだけの限定メニューだ。
 


横浜スカイクルーズ(写真提供:横浜観光コンベンション・ビューロー)


興味を引かれたのが「プロポーズプラン」の見出し。
「もう申し込みとかあるんですか?」と興味津々でおたずねすると、今年の実績はまだまとまっていないという。

しかし、昨年は多くの利用があったり、実際に横浜でのウェディングに結び付いたケースもあったのだそう。
「今年もラインアップに加わっているブリリアショートショートシアターさんのプランでは、大画面にプロポーズのメッセージを映し出す事ができるので、人気があるみたいですよ」とのこと。
ほかにもアンヴェルセルみなとみらい横浜の大聖堂チャペルでプロポーズプランなんていうのもあった。


ブリリアショートショートシアター(写真提供:横浜観光コンベンション・ビューロー)


今年は全部で66のプランが用意されているそう。さらに昨年と大きく違う点は「日帰り周遊ツアー」として旅行会社とタイアップしたプランも別途できたことだ。
「単なる割引にはしたくなかったんです。横浜で特別な体験をしていただきたかったので」と滝田さんは笑顔で語った。


66種類のプランが用意されている


「ナイトメニュー」には複数のダイニングバーも名前を連ねており、想い出プランオリジナルカクテルの提供やライブハウスでシャンソンを聞きながらお酒を飲んだりと、当日OKのプランも充実しまくっている。

もちろん夜だけではなく昼間も楽しむことができるので、上手く組み合わせるとかなりお得に横浜を堪能できるのではないだろうか。

たとえば当日プランだけを組み合わせるとしても、横浜美術館や横浜人形の家、カップヌードルミュージアムを見学し、ホテルJALシティ関内横浜「シルク」やカリフォルニアダイナープレイヤーズ、YCCカフェでランチを楽しみ、えの木ていやカフェエリオットアベニューでお茶を楽しみ、マリンルージュのクルーズやマリンタワー、スカイガーデンで夜景まで楽しめる。
 


カップヌードルミュージアムを楽しんで・・・
 

YCCカフェでランチして・・・
 

スカイガーデンからの夜景を堪能する!


せっかくなので何か体験させてくださいとお願いしてみると、「じゃあ氷川丸のバックヤードツアーをご案内しましょう」というお言葉が!

横浜近辺にお住まいのみなさん、氷川丸か・・・なんて思わないでいただきたい。
今回体験させていただくのは「氷川丸バックヤードツアー」(大人300円:入館料のみ)。つまり、普段は一般公開されていない部分も見ることができるのだ。



本邦初公開ゾーンも含む氷川丸バックヤードに潜入します!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

思い出の学校給食の味といえば!?

横浜博覧会は今の横浜にどんな影響を残してる?

「氷川丸」に関するキニナル