検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

今マンガやドラマで深夜食堂というのがやっていますが、野毛にはまさにリアル深夜食堂と言われるようなお店が結構あるそうです。しらべてきてくれませんか?(Ichiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

午前1時からオープンする野毛の「シベール」では下ごしらえからすべて丁寧に作られた洋食をおいしくいただける。

  • LINE
  • はてな

2015年01月18日

ライター:山崎 島

午前1時からの洋食店

大衆食堂に社員食堂、いろんな食堂がありますが、深夜にどっしりした洋食をいただける、深夜食堂ならぬ深夜洋食レストランが野毛にあるとのこと。2012(平成24)年1月に「野毛には、リアルな深夜食堂がある?」で取材した際に、コメントでも「シベールもいいですね」と投稿があった洋食店に編集部・山岸と寒さに身を寄せ合いながら行ってまいりました。

夜中の福富町を宮川町に向かって早足であるっていると・・・
 


見えてくる
  

黄色い看板の
 

「シベール」。JR関内駅から徒歩7分・日ノ出町駅から徒歩5分
 

この時はまだ開店前。開店は午前1時
 

中の様子をちらり
 

お店の佇まいからすでに心を掴まれた。深夜の野毛は意外と静かで、シベールのひっそりとした雰囲気は良くなじんでいる。入る前から良いお店なのが分かったのって初めて。

お店の前で待っていると、午前1時ちょうど、ナイスな白髪の男性が中に入れてくださった。
 


中はカウンター席
 

お湯が沸いてる
 

電気がつきました
 

店内はこぢんまりとしていて、使い込まれたカウンターや調理器具が良い味を出している。無言で写真を撮りまくるザキヤマギシ。
 


店主の河合さん
 

はじめ、取材をお願いした時は少し乗り気でなかった河合さん。「以前テレビに取り上げられたとき、一見さんが一気に増えたのはありがたいんですが、常連さんが入れなくなってしまって困ったんです」と、いつも来ているお客さんに対しての思いやりが分かる。はまれぽや今回の取材についてご説明し、受けてくださることに。どうぞよろしくお願い致します。

開店したばかりで忙しいなか「コーヒーでも飲みながら」とやさしい河合さん。
 


おいしいコーヒー(400円)は、なんとおかわり自由
 

さっそくお店についてお話をお伺いしました。

栃木県ご出身、東京育ちの河合さんはもともと製薬会社で薬を作る研究をなさっていた。“職人”として生きていきたい、という思いから会社を辞め30歳で調理師学校に入学。料理の勉強を始めた。

「本当は宮大工になりたかったんです。でも、30歳から始めるには難しく、和食の世界へ入ろうと思った。でもね、30歳をすぎると料亭には入れないんですよ」と、淡々と飾らずに当時のことを振り返られた。しかし洋食なら遅くないと、10年ほど修行。中区海岸通の名店「レストランスカンディヤ」で調理場に立ち、その後系列店である今はなき中華街のバー「コペンハーゲン」の料理長に抜擢された。同店ではお酒の知識も学ぶためにバーテンダーも経験されたという、とても勤勉な方。そして、今から28年前の1987(昭和62)年、40歳で独立。

ギリシア神話に出てくる“自然を守る女神”を由来に「シベール」と名付けられ同店が誕生した。
 


まな板を熱湯で殺菌しているご様子
 

開店直後は福富町で営業。深夜も営業しているというスタイルは当初から。当時は午後10時から翌朝の8時までお店を開けていた。「28年前は深夜にやっているお店がなかったんです。コンビニやファミリーレストランも午後10時で閉店する時代でした。深夜やっているお店と言えば焼き鳥とか寿司屋とかラーメン屋だけで。洋食屋はなかったので、それが理由です」

なんだか、なんだかわかんないけど痺れた!! 
 


素敵です河合さん
 

「本当は店を持つ気はなかったんです。本を書きたかったんですよ。“コックの嘘”っていう」
職人気質で、ユーモアもあわせ持つお人柄。

「シベール」は今から18年前、福富町から現在の宮川町に移転し、現在に至る。
 


横浜に来たのは「調理師学校の先生に横浜のお店を紹介されたからです」
 

客層の95パーセントは夜遅くに働いていらっしゃる方々。職人さんやクラブのママさん、接待飲食店の従業員をしている男性客などが多いのだそう。
  

深夜食堂でいただける洋食の絶品メニュー≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

新丸子にある「三ちゃん食堂」ってどんな店?

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

知る人ぞ知る山下町の老舗洋食店「ホフブロウ」について教えて!

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

【編集部厳選】こだわりが光る! 横浜の専門店特集!

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった64
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年01月16日

横浜市の成人式、当事者の新成人の思いは? 運営する「記念行事実行委員会」に聞いた

    • 面白かった48
    • 面白くなかった9
    • コメント0
  • 2019年01月15日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 相鉄線星川駅が高架化しましたが、今までホームのあった地上階は今後どのようになるのでしょうか? スーパ...

  • 川崎で多く見かける「LIVLA」のマークはいたずら書き?メッセージ?誰が何の目的で書いていてどんな意...

  • ブルーラインの新百合ヶ丘への延伸計画の最新進捗情報がキニナル。

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング