ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    中華街にある老舗喫茶「ブラジル」が最近ずっと閉まっています。タマゴサンドとコーヒーが絶品の、常連客の多い知る人ぞ知る名店で、90歳近い老夫婦が経営しています。心配なので応援かねて取材してください!

    Dixhuitさん

    中区の根岸加曽台に、長年(20年くらい?)放置されたままの開発途中の広大な土地があり、キニナっています。分譲住宅かマンションを建てようとしていたようにも見受けられますが、どういう経緯で開発が中止になっ...

    濱俊彦さん

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
2位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
3位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
4位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
5位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
6位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
7位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
8位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
9位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
10位
【はまれぽ名作選】口からはみ出るほど巨大サイズのシューマイを出す中華料理店が白楽にあるってホント?
11位
野毛に突如現れた、A5ランクの肉が1枚から食べられる立ち食い焼肉「治郎丸」に突撃!
12位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
13位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
14位
【はまれぽ名作選】横浜に12球団別の飲食店はあるの?
15位
ラッパーのサイプレス上野がプロデュースするバー「WHAT’S GOOD」ってどんな店?
16位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
【編集部厳選】ピザなの? ピッツァなの? どっち!?
19位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
20位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
21位
【編集部厳選】いろんな「シチュー」集めました!
22位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
23位
【はまれぽ名作選】中華街のお粥専門店「謝甜記」のトレードマークがサンタクロースなのはなぜ?
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
入手困難な横浜ブランド「浜なし」。その理由は?
26位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
27位
横浜でおいしいチャーハンが食べられるお店を教えて!
28位
横浜市内にあるアンテナショップを知りたい!
29位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
30位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

2階建てバス「ダブルデッカー」最後の1両の引退するそう。ベイサイドライン1日コースと引退イベントの取材をお願いします。また車輛の行く末もキニナル(D5000xさん/ほっけさん/浅間町9-4532さん)

はまれぽ調査結果

二階建てバスのダブルデッカー引退が決定、3月28・29日に乗客を乗せて走るラストランツアーが開催された。今後どうなるかは未定である。

ライター:すがた もえ子 (2015年04月03日)

1984(昭和59)年から運行している二階建てバス(ダブルデッカー)。
今回は1994(平成6)年から導入された二代目ダブルデッカーのラストランが決まった。バスの寿命は15年ほどで、部品の確保や維持が難しくなり、引退することになったという。

 


二階建てバスならではの素晴らしい眺めもこれで見納め


そのラストを走るコースは、横浜の観光スポットを巡る定期観光バス「横浜ベイサイドライン」の1日コース「とことん横濱」。コースは横浜駅東口から出発し、ベイブリッジや三溪園、みなとみらい地区をまわる5時間30分のコース。利用料金は大人7300円、子ども4550円、シニア(65歳以上)6860円。

さて、当日はどんな様子なのだろうか。



残念ながら、ダブルデッカーには乗れない・・・!!

だが今回の定員は各日45名。
席数の問題と最後を楽しみにしている方たちのため、乗車しての同行取材ができなかった。非常に残念ながら今回のラストラン、ダブルデッカーに乗車することはできない。
実はダブルデッカー未体験の筆者。ああ、最後に乗ってみたかった。

そんなわけではまれぽはダブルデッカーを後ろから追いかけたり、先回りしたりしながらレポートをお届けしたいと思う。

「これって、車で追いかけるということ・・・?」
編集部・小島に確認をすると、帰ってきたのは「NO」という答え! 公共の交通機関を使って、ダブルデッカーを追いかけることに。なんというか、はまれぽらしくなって参りました。
しかも筆者、折り紙付きの方向音痴である。始まる前から不安だらけの企画だ。
 


はたしてちゃんとダブルデッカーのラストランを見届けることができるのか?




午前10時30分 横浜駅東口バスターミナル14番乗場 出発

この日のために事前に、横浜駅からみなとみらいエリアが乗り降りできる「みなとぶらりチケット」を横浜駅東口(そごう地下1F)定期券発売窓口で購入。
 


大人:500円、小児:250円
 

乗車場所は横浜駅東口バスターミナル14番
 

乗客以外にもダブルデッカーの最後の姿をカメラに収めようという人達が
 

予定通り午前10時30分に横浜駅を出発


その後ろ姿を見送り、次の予定地「三溪園」で待ち受けるため早足で移動する。
午前10時36分横浜からJR根岸線の磯子行きに乗車し、桜木町駅へ。
 


桜木町駅前から横浜市営バス8系統「本牧車庫前行」へと乗り換える


バス停「桜道」で下車し、徒歩で三溪園へ到着。
駐車場にはダブルデッカーの姿は無かったが、ここにもカメラを持って待ちかまえている人々の姿が。
 


桜並木をくぐってダブルデッカーが姿を現す




午前11時20分~午後0時10分(50分)三溪園
 


三溪園


国の重要文化財建造物などを見る事ができる日本庭園で、三溪記念館内の望塔亭(ぼうとうてい)では抹茶(500円)を楽しむことなどができる。
お客さんの中には三溪園には向かわず、ダブルデッカーの撮影をする方もいた。
 


今回の乗務員の右田さん(左)と山田さん


続いて「港の見える丘公園」へ向かうために移動する。

午後0時4分発、三の谷のバス停から、58系統「横浜駅前行」で乗車。
あやうくバス停の上りと下りを間違えるところだった。道が混んでおり、予定よりも遅れて「山下橋」バス停へと到着。そこから徒歩5分ほどで「港の見える丘公園」だ。
噴水の前に停車する予定だが、まだ来ていないようだ。
 



ここでも先回りに成功
 

噴水前へと追いかける




午後0時35分~午後1時00分(25分)港の見える丘公園
 


ここでは25分間の自由散策となる


ここでダブルデッカーを見守る女性に声をかけてみると、彼が乗り物好きで今回のツアーに参加したという。
 


M・TさんとK・Eさん


「2階の1番前の席なので見晴らしがいいです。狭いカーブを曲がる時なんかはスリルも感じました」というK・Eさん。
「日本に数台しかない車種がラストだというので参加しました。座席もふかふかしていて、背もたれも高いので疲れません」というM・Tさん。

ふと見回すと、三溪園でも見かけたカメラマンのグループが。今日は1日ご一緒することになるのだろう。
 


次に乗るバスの時間が迫っていた


噴水から「港の見える丘公園前」のバス停まで100メートルほど。ジャストタイミングで到着したバスに乗り込む。みなとぶらりチケットをどや顔で提示すると「お客さんどちらまで?」と運転手さんに聞かれた。なんと中華街は反対側だという。

慌ててバスを降り反対側に渡る。
バス停には数人が並んでおり、乗りたかった午後0時55分発の11系統「桜木町駅前行」のバスはまだ来ていないようだ。

しばらく待つと「あかいくつ号」がやってきた。
予定していたバスではないが、ここはぐずぐずしている場合ではない。とりあえず乗り込んで、中華街へと向かった。



午後1時15分~午後2時30分(75分)中華街

バスの停車場所、ローズホテル向かいの駐車場へと向かう。なんとか先回りすることができたようだ。
 


予定より10分ほど遅れての到着


ここでは1日コースに含まれている「同發別館」のランチをいただく人たちと、自由散策の人たちに分かれて行動するようだ。
 


バスガイドのように目印の旗を掲げる右田さん


時間が押したため、出発も午後2時30分に変更となった。



午後2時45分~午後3時00分(15分)マリンタワー、山下公園
 


中華街からマリンタワーまで徒歩で移動する


朝陽門の正面で、ダブルデッカーを狙うカメラマンの皆さんが待機していた。
山田さんによると乗客の皆さんを降ろすのはマリンタワー前の路上ということだったので、先回りしてバス停付近で待つことに。
残念ながら雨が降り出した。
 


これでは山下公園の散策は厳しそうだ
 

乗客の皆さんはマリンタワーの見学へ


筆者は予定通り、午後3時5分マリンタワー前発のバス「あかいくつ」中華街・元町ルートの「桜木町駅前行」へと乗り込んで移動する。日曜日に加えて雨も手伝い、車内は通勤ラッシュ並の混雑だった。



午後3時45分~午後4時20分(35分)赤レンガ倉庫
 


雨はあいかわらず止まない
 

スズメが水浴びを楽しむほどの雨
 

強まる雨の中、ダブルデッカーが最後の目的地へと到着


みなさん足早に赤レンガ倉庫へと向かっていく。
雨なので、バスから降りない人もいるようだった。

ここで乗客の方にお話を伺えた。
 


今回でダブルデッカーを見送るのは3回目という池田さん


「乗りなれているので、ラストだけどがっつかなくてすんだ。最後に乗れて良かった」と語ってくれた。

幸い雨は徐々に弱くなってきた。そろそろ移動しないと、横浜駅で待ちかまえることができなくなってしまう。
そう思いバス停に並ぶが、横浜行きのバスが来ない。

ようやく乗り込んだと思えば、なんと目の前をダブルデッカーが走っているではないか!

最後の最後で先回り失敗か?

少しの間前を走っていたダブルデッカーだったが、途中で道が分かれた。
乗客を乗せたラストラン、ゴールまではもう少しだ。



午後5時14分 横浜駅

道路状況により、予定よりかなり遅れて横浜駅に到着。
急いでバス停へと向かうと、ダブルデッカーの姿は無かった。
というか、カメラマンの皆さんの姿も無い。

これはやってしまったか・・・?

最後の最後で間に合わないとか、笑い話にもならない。
雨が降って気温が低くなってきたが、しばらくの間バス停で待ってみることにした。
 


すると
 


来たー!


最後のお客さんを見送り、仕事を終えた。
 


ダブルデッカーは長居をせずに移動していく


その後ろ姿は少し寂しげに見えた。
明日はいよいよ「ダブルデッカー廃車ツアー」当日となる。
 
 
つにその日がやってきた・・・廃車ツアーへ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事