検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

新羽駅前のガード下にある極小のプレハブ小屋みたいな立ち食い寿司屋が気になります。なぜあんな場所にあんな建物? 個人店のようですが、土地の契約とかどうなってるの?(ときさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

港北区のお寿司屋「下田寿司」の社長が、立ち食い寿司に興味を持ち1年前にオープン。土地は市営地下鉄管理で、交通開発株式会社と契約している。

  • LINE
  • はてな

2015年06月29日

ライター:山崎 島

山崎は伊豆の海の方出身なのだが、24年半、ずっと生魚が食べられなかった。

「えーもったいない、人生の半分損してるよー」とよく言われ、うるさいなあ、いいんだよかっぱ巻きをたべるからさ、と思っていたが、はまれぽでライターを始めたあたりから急にお刺身をいただけるようになり、なんてもったいないことをしていたんだろう・・・と悔いている。

その悔しさを糧に、横浜市営地下鉄新羽駅のガード下にあるという、立ち食い寿司を取材してきた。



横浜市営地下鉄新羽駅の改札を出て徒歩1分
 


こちら新羽ー
 

新羽駅の改札を出てまっすぐ行くと
 

そのお寿司屋さんはある


投稿には「プレハブ小屋みたいな」とあったが、近くで見ると小さいながらもしっかりした建物なのが分かる。外観の印象は、なんというか、カジュアルな感じ。小さいお寿司屋さんて何回か街中で見かけたことがあるけど、小さければ小さいほど威厳があって入りにくそうだが、ここはふらっと気軽に立ち寄れそう。

引き戸をガラッと開けると・・・
 


こんな感じ


店内は山崎の部屋よりも少し広い、およそ10畳ほどのこぢんまりとしたスペースに、カウンターとネタのケース、そして板場となっている。

立ち食いってなんとなく、乱雑としているというか、味わい深いというか、雑多なイメージがあるが「下田寿司」の店内は明るく清潔で、入りやすく気品がある。
 


この日お話を伺ったのは


店長の山本さん。口数少ない日本の良き職人のお兄さんでした。宜しくお願い「板」します。

「下田寿司」は、横浜市港北区下田町に本店を構える、創業47年の老舗のお寿司屋さん。
 


すっごい立派な本店!!(下田寿司HPより)


まさかまさか、本店がこんなに本格的なお寿司屋さんだったなんて・・・でも入った時に感じた品格を考えると、確かに頷けるなあ。

新羽店であるこちらの店舗ができたのは2014(平成26)年6月。テレビや雑誌などで、立ち食い寿司に興味を持った現社長が始められたそう。

「以前この場所は、ご夫婦で経営している焼き鳥とお弁当屋さんでした。調理環境もありましたし、飲食店を引き継いだ方が都合のよいことが多かったので、ここを選んだそうです」と山本さん。土地については、路線バスの運行などもしている、横浜市が株主の横浜交通開発株式会社と契約しているのだそう。
 


なるほど


老舗のお寿司屋さんが立ち食い寿司の店舗を展開する。江戸時代、寿司は屋台の食べ物だったとテレビかなんかで昔見たけど、逆にこれは原点回帰なのだろうか。

この日板場に立つ山本さんは、元々は建築関係の職人さんをやっていたそうで、3年前から「下田寿司」で板前さんとして働き始めたのだとか。「今も本店とここと掛け持ちしています。本店の従業員もローテーションで新羽店に入ったりしますよ」とのこと。ネタは本店が川崎市宮前区の中央卸売市場北部市場から仕入れ、新羽の店舗に持ってきており老舗の味を気軽に味わうことができる。
 


しかも
 

リーズナブル


これは・・・新羽の寿司消費量に大きく貢献しそう。回転寿司よりも気軽に入って、おいしいお寿司をいただけるなんて、こんなにうらやましいことってない。客層はお勤め帰りの方が多いそう。昼営業(午前11時30分~午後2時)もやっているが、夜営業(午後5時~午後11時)の方が混むのだとか。カウンターには5~6人が並んで食事をすることができ、混雑する際は利用客が斜めになって8人入ったこともあるとか。
 


それでも入りきらない場合は外でも呑むことができる
 

ちなみに、1貫だけ食べていく利用客もいるみたいで「“昼にどうしてもサーモンだけ食べたくなって”と言って来られた主婦の方もいました」ですって。どうしてもサーモンだけ食べたくなっちゃうことってあるよね。うんうん。立ち食い寿司ならではのエピソードですな。
 


ランチすっごい豪華
 

おおー


と、お話を伺っている間にも、次々と利用客が来店した。
 


黙々と握る山本さん
 

鮮やかな手捌き。8貫を約2分で握る


山崎がいた時に来店した利用客のほとんどの方は、テイクアウトの注文だった。
お仕事終わりの男性利用客にお話を伺うと「週1で来ています。安いし、スーパーで買うよりも断然おいしいので。妻もよく買っています」とのこと。開店してちょうど1年だが、着実に常連客がついているよう。
 


取材時は一周年キャンペーンで超絶お得だった


主婦と思われる方は、注文してから近くのスーパー「ローヤルよつや」に買い物をしに行かれた。「そういう方も多いですね」と山本さん。
 


海苔は「つた金」のものを使用

 
 
いよいよお寿司をいただきます!!
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

毎週土曜日に三崎港の新鮮なまぐろが食べ放題!?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

港北区新羽町で作られていた「寒そうめん」について教えて!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

【ニュース】スリーエフの「もちぽにょ」にあずきと生クリームを使用した新商品!

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

【編集部厳選】夏だ! カレーを食べよう!

店の縁、人の縁。関内駅前にある、行けば何かが待っている愛嬌酒場「えにし」

  • PR

新着記事

居酒屋のキャッチについて行ったらどうなる?その1

    • 面白かった644
    • 面白くなかった13
    • コメント6
  • 2018年10月18日

宮川町と福富町で1000ベロはしご酒。ほぼ300円、酒屋さん直営、角打ち、〆ラーメンを堪能!

    • 面白かった94
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2018年10月19日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

ママだって、“ママ”に助けてもらいたい! 家事・整理収納の家事代行サービス「Copier(コピエ)」

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 非常用LEDライトを気前よく無料配布している会社があります。港北区にあるペガソス・エレクトラを取材し...

  • 横浜駅から雨に濡れずにどこまで行ける?という企画があったとのですが、みなとみらい駅や川崎駅もどこまで...

  • 肌寒い季節、温かい食べ物が身にしみるようになりましたね。温かいものと言えばラーメン。鎌倉市、江ノ電七...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント