ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    磯子区上中里町にある杉田バッティングセンターがネットを下ろし解体するような感じになっていました。1ゲーム200円で安く昔よく通ってました。ついに閉業してしまうのか、それとも改装して復活するのか?気にな...

    ねこみくさん

    宮城出身の祖母は「神奈川はヤブ医者が多い。横浜市大の先生しか信用しない」といいます。神奈川県は東海大聖マリアンナ大北里大の先生が多いですが、この3医大は今でこそ優秀な高校生が入っていますが祖母が若い頃...

    はなつきづきさん

    先日発表されたYahoo!検索大賞2017ですが、ローカルカテゴリーの神奈川県部門は「神奈中バス時刻表」でした。他の地域では、スポーツや特産品、アミューズメント施設などが受賞していて、これが普通かなと...

    かにゃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

本牧の小港にある印鑑屋さんが気になる。ここで印鑑を作ると出世したり、会社が大きくなったり、宝くじで当たった人が続出しているらしい。取材を!(横浜橋のラッキーさん)

はまれぽ調査結果

小港の風間印房では銭洗弁財天に参拝後、印鑑彫りの仕事が順調になり購入者のなかに宝くじ当選者や出世した人が現れるようになった。

ライター:細野 誠治 (2015年09月15日)

一見、ごく普通のハンコ屋さん。果たして店内は・・・

ありますね、ハンコ屋さん。

新山下から本牧へ向かう途中、ワシン坂入口手前にポツンと。言われれば、あるあると。確かに筆者も佇まいがキニナってました。

 


投稿の通り、美濃屋あられ製造本舗の目の前、小港歩道橋のそば
 

新山下から小港・本牧方面へ向かう途中。場所は分かりやすいですよ

  

URのビューコート小港を過ぎてすぐ、北斗タクシーの手前です。
 


このオレンジの庇(ひさし)が目印
  

屋号は「風間印房」
  

前面に運気アップを知らせるポスターが

  

「芸能人御用達」や「宝くじ当選者」という謳い文句が踊るも、外観は街中によくあるハンコ屋といった佇まい。
ここが本当に、そんなご利益のあるお店なんだろうか? さっそく店内へ。
  


自動ドアを潜ってなかへ。10畳ほどのスペースにさまざまな物がいっぱい
 

壁には三文判が並び、ショーケースには高級印に象牙が並ぶ

  

店内も至って普通だ。

  


と、ここで店主の風間秀規(かざま・ひでき)さん登場。いろいろ聞いてみよう

 

まずは店のこと、店主の風間さんについて。
こちらの風間印房は1965(昭和40)年創業で、今年で50周年。秀規さんは2代目にあたる。

1962(昭和37)年生まれの秀規さんは今年で53歳。若いころは二輪・四輪両方のレーサーを志していたそうだ。
  


国内A級、海外B級ライセンスの持ち主。店に工具セットが飾られていた
 

ハーレー・ダビッドソンのオーナーでもあるとか

 

そんな秀規さんが父親の跡を継いだのが25歳のとき。

「レースで転んで両腕を骨折してしまって・・・」と秀規さん。5年間の修行を経て、30歳で店を任されるように。

「学生のころから親父の隣で手伝いをして(印鑑を)彫っていたので・・・。まぁ、独学ですね」と。

  


店では印鑑の傍ら、中古カメラの買取・販売も行っている

 

なるほど。「門前の小僧、習わぬ経を読む」って感じですかね。それではキニナルを解いて行こう。

「こちらの風間印房でハンコを作ると運が開けると聞いたのですが、一体ナゼなんでしょう?」

この質問をぶつけると秀規さんから、今も続く波瀾万丈なエピソードが次々と飛び出してくることに・・・。

  

大きく動いた1年前。源頼朝にまつわる何か
 
聞けば購入者に舞い込んだ“幸運”はごく最近、立て続けに起こったそうだ。

「昨年(2014<平成26>年)のお正月なんですが、段々と仕事の量が減ってしまって、兼業できる仕事なので保険調査員として働く予定だったんですよ」

外に働きに出ようとしていた矢先、友人から「銭洗弁財天に行ったらどうか?」と勧められたそうだ。

「ちょうど正月で、鎌倉に初詣に行こうとしていたので」と秀規さん。

  


鎌倉市にある宇賀福神社(銭洗弁財天)
  

「実際に行ってお参りをして、社務所に名刺を置いていったんです。その帰り道、銭洗弁財天の隣に佐助稲荷神社があるんですね。そこにもお参りして、同じように名刺を置いていったんです」
 


佐助稲荷神社はいくつもの鳥居が立ち並ぶ
 

鳥居を抜けると社とともに無数の狐の像

   

奇しくも2社はどちらも源頼朝が建立した社。
 
銭洗弁財天(宇賀福神社)は鎌倉幕府開闢(かいびゃく)後、争いの絶えなかった街の住人に頭を悩ませていた頼朝の夢枕に老人(宇賀福)が現れては場所を示し、湧き出た水を街に渡すように告げたという。
 
一方の佐助稲荷神社は「商売繁昌と出世」にご利益があるとされている。平家討伐の時期を、夢に現れた狐が教えたという逸話がある。

 


源頼朝(1147〈久安3〉~1199〈建久10〉)

 
その月の月末、ある日。
保険調査員の研修を受けている真っ最中に、ある大企業から一本の電話がかかってくる。

「社名を変更するので、使う印鑑をすべて作ってほしい」

会社の名前は、聞けば誰もが知っている大企業だ(残念ながら企業名はNG)。筆者は帳面に押印されたものを見せてもらった。
(横浜発祥の会社でテレビCMを提供している)

  


思わぬ幸運が転がり込んできた!
 

「親父の代のときに印鑑を作った関係で依頼がきて。すべて象牙、それも開運書体で作ってほしいと。それで保険調査員の仕事を辞退して制作に取りかかって。これだけで1年分の収入が来ちゃいましたね・・・」

ここで「開運書体」について少々。開運書体とは古来より伝わる、吉相(きっそう)として良いとされる文字の画数にするためにアレンジされた独特の書体を指す。

  


写真右下の吉相体が開運書体

  
「ご利益か!?」と考えた秀規さんは再度、2社に赴き「お礼参り」をする。ここでも名刺を置き、また自分の身に降りかかった幸運を話し感謝の印(しるし)として佐助稲荷神社に印を奉納する。

するとこの直後、今度は佐助稲荷神社がテレビの取材を受け参拝者が殺到。

宮司の方から「良いことが起こりました」と神社関係者を紹介され、さらに仕事が舞い込んだそうだ。

 


短い期間に次々と仕事が舞い込むことに
  
 

さらに仕事は増える。今度は銭洗弁財天(宇賀福神社)から御朱印制作の依頼が舞い込む。

「あなた、神社に名刺置いていったハンコ屋さんでしょ?  御朱印を新しくするから」と制作期間2ヶ月に及ぶ大仕事を請け負うことに。
 
 


制作した御朱印の押印第1号が店に飾られています
  

銭洗弁財天(宇賀福神社)で購(あがな)えるものすべてに押されている印は風間印房製

 
  
怖いほど当たる!?ご利益の内容が明らかになる!・・・キニナル続きは次のページ≫
  

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事