ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜「1000ぶら」商店街探訪vol.52 300店舗が軒を連ねる日吉商店街の老舗店で2015年のヒット商品を探せ!

はまれぽ調査結果

酒のシゲタで海苔、マルヤで太巻きとみたらし団子を購入。生花店や文房具店では、売り上げは安定的で「一番売れたもの」を決めるのは難しかった。

ライター:藤井 涼子 (2015年12月08日)

毎年この時期になるとつい口にしてしまう「今年もあと1ヶ月か・・・早い」というセリフを言いながら、某ビジネス雑誌を眺めていたところ「2015年ヒット商品ベスト30」というのが掲載されていた。
1位は北陸新幹線で2位は『火花』だそう。
 


乗ってみたい! 北陸新幹線E7系「かがやき」(フリー画像より)


その雑誌調べの10位以内のもので、筆者がキニナったものといえば、コンビニドーナツ、ココナツオイル、ガウチョパンツ、アップルウォッチ、といった感じだろうか。

巷の商店街は、今年どんなものが売れたのだろう?
というわけで、キニナル「2015年、商店街でのヒット商品」を探しに1000円を持って日吉商店街へ向かうことに。
 
 
 
300店舗もあるのに、商店街組合加盟店は60店舗だけ!?

日吉商店街は東急東横線日吉駅を降りて、左に出るとすぐ目の前にある。駅を出ると放射状に道が広がり、それぞれの通りが商店街となっている。
 


写真左から「普通部(ふつうぶ)通り」と「日吉中央通り」
 

日吉中央通りの横に「浜銀通り」と「サンロード」がある


4つの通りすべて合わせて日吉商店街となっている、という規模の大きな商店街だ。
今回は、日吉商店街の店舗で「2015年で最も売れた商品を聞いてみる! 予算が1000円だから、買えたら買う」というテーマ。
 


駅前なので、車の通りが激しい!


数ある商店街のお店の中でも、古くからある店舗を取材してみようと考え、まずは商店街の理事長さんのところへ行き、長く商売を続けているお店はどこなのか聞いてみることにした。

お話を伺ったのは日吉商店街協同組合理事長の薄井芳夫(うすい・よしお)さん

もう「15年以上、20年くらいは理事長をやっている」という薄井さん。「お店は息子がやっているから、理事長とかボランティアみたいなものが辞められないんだ」と話す。
 


薄井ビルの2階にある「日吉ウスヰカメラ」
 

店舗が定休日だったので、ご自宅にお邪魔しました


薄井さんのお店「ウスヰカメラ」の創業は1958(昭和33)年。戦後この地にやってきて、写真スタジオとカメラ関連の商品の取り扱いを始めたそう。
 


取材当日(金曜日)は定休日だった


当時は、会社や病院などと取り引きがあり、フィルムの受注をするなど商売は繁盛していたそうだ。「奥さんのためにビルを建てたのに、先に亡くなっちゃって・・・」と寂しげな薄井さんだったが、現在は息子さんが2代目として、お店を運営している。
現在のウスヰカメラは、写真スタジオは無いそうだが、証明写真の撮影やフィルムの現像を行っているとのこと。
 


「今や、商店街で私より古い人はいないよ」


日吉商店街の歴史を伺うと「商店街の始まりとなったお店は、だいたい1950(昭和25)年ごろに開店している」とのこと。
商店街組合ができたのは1958(昭和33)年。今から57年前となる。昭和の初めに、東急電鉄が土地開発を行い、今のような駅を中心とした放射状の道ができたという。「田園調布駅も同じだよ」と薄井さん。
 


現在の日吉駅周辺(Google earthより)


日吉商店街内を歩いていると、狭い通りにもかかわらず車が多く行き来することに驚いた。「道が狭いわりには、車の通りが多いですね」と言うと、薄井さんは「昔は店の前でキャッチボールできるくらいの広さがあったんだけど。人口が増えて、車が増えたんだね」とのことだった。
 


キャッチボールできたという1968(昭和43)年当時の日吉商店街


組合ができた時から100店舗以上あったという日吉商店街。商店街組合の中には青年部があり、さまざまなイベントを企画したり、独自の雑誌を発行したり、商店街を盛り上げるために活発に活動していたそう。

「今では、盆暮れの大売り出ししかやってないな」という。現在の商店街のイベントは、夏に行うサマーセールと、12月に行うウインターセールくらいだそう。
 



取材当日は12月のセール「ウインターフェスタ」開催中であった


現在、4つの通りすべて合わせると約300店舗あるという日吉商店街だが、商店街の協同組合に入っているのは約60店舗だそう。
店主の高齢化でお店を閉めてしまう店舗が多く、新しく入ってくるお店はチェーンの飲食店が多いそう。「平成になる前は、オーナー店の方が多かったのに、平成に入ってからは『店長さん』のお店が多くなってしまった」と薄井さん。
「以前は商店街で何でもそろったけれど、今は肌着を買おうと思っても、どこにも売ってないんだよ」と残念そうだ。
 


駅前の好立地のため、閉店してもすぐに次の入店が決まるそう


商店街全体をまとめる組合だが、通り別に「通り会」というものもあり、そちらに加入しているので組合には加入しない、というお店も多いそう。
 



「商店街としては大きいけど、まとまりがないんだ」と薄井さん


今後は各通りにある「通り会」を合併させて、連合商店街会を作り日吉駅前を活性化させたい、と話してくれた。

日吉商店街の歴史と現状を伺ったところで、1000円分の買い物をすべく、薄井さんに「古くからあるお店」を数店舗紹介していただいた。
 



「ここは、うちより古いよ」


それでは、2015年のヒット商品を探しに出発。
 
 
日吉商店街の老舗店、ヒット商品とは!?

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事