ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ここ最近の保土ケ谷駅前の衰退が激しいです。庄や、ソフトバンクショップ、TSUTAYAなどが立て続けに撤退しまいした。同駅の周辺状況は、横浜の縮図の様なものだと思います。この件についてキニナルので調査し...

    choberyさん

    お酒はどこで飲む?のアンケートで、思い出したので追加、限りなく公園に近そうなのですが、ズーラシアや金沢動物園隣のののはな館レストラン、野毛山動物園にシーパラダイスでも飲みます。やっぱりその他かな?

    ホトリコさん

    川崎区追分にある油そば伊太郎と言う油そば屋が気になります。客層や味を調べて下さい。川崎区には油そば専門店はないので!宜しくお願いします。

    マサヒコさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜駅西口の幸川沿いにある12軒のおでん屋台、今月いっぱいで廃業するそうですね。約60年の歴史があるそうですが、その最後とこれからを取材していただけますか?(輪太郎さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

2010年におでん屋台が市長に提出した誓約書は、実は店主全員の同意ではなかった。3月3日には残り1軒の屋台に行政代執行が行われる予定

ライター:山崎 島 (2016年03月01日)

戦後の闇市から生まれ、約60年間も横浜駅西口の路上で非合法に営業を続けて来たおでん屋台。昭和の風情を色濃く残す屋台の群れは、2016(平成28)年1月末で退去と言う形でその歴史を終えた。

残されたおでん屋台の店舗は、本当にこのまま無くなってしまうのか。前回は行政に取材をし、1月末から2月半までの動きや、今後についての話を聞いてきた。
 


屋台の残骸
 

行政に話を聞いても釈然としなかったため、なんとしてでも屋台側にも話を聞きかなくては、ということで店主の1人に連絡をとった。
 


おでん屋台の店主のはなし

多くの問題を抱える中、屋台が無くなった今、本当は何があったか多くの人に真実を知ってもらおう、と取材に協力してくれた。

話を聞いた店主は、あの場所で1978(昭和53)年からおでん屋台をやっていた。「20代からお店に立って、あそこで私は青春を送った」と懐かしそうに昔をふり返る。その店もつい先日、2月15日にはご店主自らの手で取り壊した。崩れていく屋台を見て、涙が止まらなかったという。
 


再び、2月17日。灯りの無い屋台
 

2010(平成22)年に提出した誓約書の内容について、納得している店主は少なかったのだそう。

「営業許可証を更新するとき、屋台の周りの囲いを取り外して動かせるようにしていたんだけど、ある1軒の屋台がその時どうしても改良できなかったみたいで。それで仕方なく5年後に営業をやめるっていう誓約をしちゃった。みんなに相談なんかなかった。当時は組合があって、組合内の1軒がそういっちゃったし仕方ない、ということでみんな従うしかなかった」

誓約書を提出したにもかかわらず、退去していない人がいるのは、おでん屋台側の中でも事情があったからなのか。退去に従った店主は、体調不良や店の譲歩の関係など、何らかの事情で退去せざるを得なかった人だった。

 


メッセージが書かれている屋台も
 

2月以降については「2月2日に生活衛生課に店をこれからも営業したい、と相談しに行った。『移動できるようにすれば引き続き営業ができる』と言われ、急いで店を直して8日に確認してほしいと電話した。そしたら『やっぱりだめだ』と言われた。その後1度店を出そうとしたら、警察や西土木の職員がたくさん来て見張っていた」とのことだった。

生活衛生課の担当者が本当は何と言ったのか、今となっては確認のしようがないが、確実に誤解が生まれているのが分かる。
 


2月23日。現場にはオレンジのフェンスが張り巡らされている
 

「行政は言ってることがいつも違う。生活衛生課衛生管理係だけでなく、林市長も選挙の時はここに来て『おでん屋台を守ります』って言って私たちともお客さんとも握手していった。けど結局こうなった。何もしてくれなかった」とご店主は悔しそうに話す。

店主の中には体調不調で通院している人もいる。高齢のため働くところもなく、これからどう生きていったらいいのか、毎日不安に苛(さいな)まれているそう。
 


かつてのおでん屋台のにぎわい
 

そんな中、店主を元気づけようとたくさんの常連客が集まり、毎月1回店主を囲んでの飲み会を計画しているらしい。親子2代で屋台に通っていた常連客など、あの場所を愛する人たちはたくさんいて、それが店主の心の支えだという。

おでん屋台がなくなっても、そこで育まれた人間関係はいつまでも続いてほしいと思った。
 
 
整備のうえ共存という選択肢をつくった福岡市≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事