検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

「世界初の餃子自販機」は都筑区にあるとのこと。そんも冷凍餃子は味も本格的?!都筑区、龍山坊さんの餃子自動販売機、中の仕組みはいったいどうなっていうのでしょう?(HyperNattohさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

餃子自販機は実在。アイスクリームの自販機を活用した世界初のもの!手作りの餃子が完成後すぐに急速冷凍され販売。本格餃子を自宅で味わえる。

  • LINE
  • はてな

2016年05月02日

ライター:万田 ケサトシ

いつもお世話になっている自動販売機。

日本自動販売協会のサイトによると、日本の自販機の売り上げは年間約5兆円でなんと世界一!

ちなみに同協会によると、現存する日本初の自販機は、明治時代に発明家・俵谷高七(たわらや・こうしち)が作った「自働郵便切手葉書売下機」というもの。切手と葉書の自販機で、ポストも兼ねたアイデア製品だったそう。


自販機の歴史が分かる(日本自動販売協会HPより)
 

日本における自販機の歴史がスタートしてから100年以上経った今日。投稿にあるように「世界初」という自販機界に新たな歴史が刻まれているのだろうか。

横浜市営地下鉄ブルーライン・センター南駅から徒歩5分、中国小皿料理「龍山坊(ろんさんぼう)」へ向かった。
 


駅からのルート(同店HPより)
 

到着
 

店舗に近づくと龍山坊の看板や紹興酒の瓶、清涼飲料水の自動販売機が見えてくる。

そして「餃子」「24h」「年中無休」という文字が書かれた黄色い看板が2つもあるではありませんか。
 


いよいよご対面
 

店舗の正面に回ってみると黄色い自動販売機が! これが世界初の餃子自販機なのか・・・。詳しいお話を店長さんに伺ってみることに。
  


よろしくお願いします
  

取材にご対応いただいた店長の山田正仁(やまだ・まさひと)さん。同店は1997(平成9)年からこの地で19年続いており、オーナーは山田さんの高校と専門学校時代の同級生の方。山田さんご自身は築地や銀座の中華料理店で長年働いていたそうだが、5年前にオーナーが別の業種に転身するということで同店を店長として引き継いだ。
  


手作り餃子、世界初、いつでも買える、冷凍自動販売機
 

餃子自販機の第1号機が設置されたのは2013(平成25)年6月。前出のオーナーが「やってみたい」ということで、アイスクリームの自販機を加工して世界初の餃子自販機を制作依頼。

さらに「うちの店頭以外にも置いてありますよ」と山田店長。
  


都筑区荏田東1丁目の住宅街に佇む2号機
  

1号機がデビューしたその後すぐに2号機、3号機が同時期に設置されたそう。

どんなところにあるのか実際に足を運んでみると、2号機は住宅街の中の歩道沿いに、3号機は都筑区役所の付近の人通りが多いところに、いずれも同型の自販機がお店から徒歩圏内にあった。
 


3号機は都筑区役所駐車場入口近くの「はまゆう薬局店頭」に
 



自販機で販売される餃子のラインアップは!?
 


特別にフタを開けていただいた
 

世界初の餃子自販機で販売されているのは手作り餃子・肉餃子(12個入り各1000円)、焼売・水餃子(8個入り各880円)、小籠包(6個入り1200円)の5種類。

いずれも全て山田さんの手作りだ。
 


それでは実際に買ってみましょう!
 

自販機で1000円クラスのお買い物っていうと、その昔は周りの目を気にしてドキドキしながら買ったものですが、年齢を重ねてもかなりテンション上がります。その様子は動画でどうぞ~。
 

こちら
   


ホントに餃子が出てきた!
   

人気ナンバーワンは手作り餃子。地産地消を大切にしており、餃子の材料は神奈川区の農家、餅田(もちだ)さんのキャベツを使用。朝イチでとれたてのキャベツを使って餡を作り、ランチの後に皮に包む。山田さんが1人で作業し3時間くらいかかるそう。
 


持ち帰りやすいようにビニール袋もあります
 

完成した餃子は急速冷凍され、美味しさそのままに自販機に補充。基本的に賞味期限は1ヶ月だがその前に完売する。ちなみに売り上げナンバーワンマシーンは1号機で、お正月が特に売れるそうだ。
 
 

自販機ギョーザは美味いのか?≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

立ち飲み屋「はなみち」の日本酒が特別な理由は?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

横浜自販機大全 Vol.1 「ホウレンソウ」

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

横浜のソウルフード崎陽軒の「シウマイ」。市民で食べたことがない人っているの?

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ?「伊勢佐木町・阪東橋」編

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった87
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった67
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

優雅な空間で最高の施術を。3000人以上に指導してきたエステ業界のプロフェッショナルが貴方を美に導く

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング