ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
7位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
8位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
11位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
12位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
16位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
17位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
18位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
19位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
24位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
25位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

先日散歩してて見つけた桜木町駅前の橋の上のこの看板。どこからのメッセージ?(gekiatsusibosanさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

ヨコハマトリエンナーレ2011の作品の一つでした。作者はベルリン在住の
美術家・島袋道浩さん。東日本大震災への想いが込められた作品です。

ライター:吉岡 まちこ (2011年10月14日)

(この記事は2011年10月14日の再掲載です)

誰もが一瞬思うのは…「もしかして宗教?」

 


キニナル投稿で送られた実際の画像


青い文字が、なんだか宇宙からのメッセージのように、妙な違和感で心に残る。
キニナルへのこの投稿を見た時に、筆者が考えたのは、視界に入っているうちにいつしか心に訴えかけるサブリミナル効果を狙った宗教活動。もしくは、自己啓発セミナーの宣伝。

何事もきっと儲け主義につながっているに違いないと、疑ってかかってしまう自分が悲しい。
でも“看板”というものは、そういうものだと固定概念があるし、きっとそんな風に思った人も多いのでは?

看板の管理者がわかれば、広告主がわかるのではと思い、看板を探しに行く。
すると、ランドマークから桜木町方面に向かう動く歩道の途中で、はるか遠くに小さく青い文字が見える一瞬があった。
ランドマーク方面に向かっているときには見えにくいのだ。
 


動く歩道脇から。実際は小さ~く見えるが、望遠で撮るとこんな感じ


何がどうチャンスなんだ!? ものすごくキニナル。気になってしかたない!



たどり着いて、初めてわかること

よほど大きいのか、見た目よりも遠くにあってなかなか近づけない。蜃気楼を追っている気分だ。
 


高速と川をまたいでまだまだ先・・・
 

看板は北仲橋のたもとにポツンと佇んでいた


結局、馬車道駅の近くまで来てしまった。立っていたのは大岡川の脇のコンクリートの空き地の中。
川沿いの歩道にはゴミが散らばり、荒涼とした気配のなかに、青空みたいな文字の色がくっきり浮かんでいる。
 


やっぱりなんだか宇宙的だ。裏側もまったく同じだった


「広告のご相談は○○まで」という文字を探すまでもなく、看板の中の小さなグレーの字に目が行く。
「島袋道浩 横浜トリエンナーレ 2011」、そして左下には「The Chance to Recover Our Humanity」の文字。
作品!? 活字が美術作品であるわけない…と予想もしていなかった自分はどれだけ固定概念に縛られているんだろう。
 


島袋道浩さんという方の、トリエンナーレの出品作品だったのだ


ところでこの場所は、横浜市の都市整備局企画課の管理地らしい。
 


字体が似ている


「立入禁止」の札にあった電話番号にかけてみてわかったことだが、3年前までここにあった中古車販売の店がなくなってからは、看板はまっしろのまま、何にも使われていなかったらしい。


どういう理由でこの作品が作られたの?作者に聞いたその思いは、次のページ ≫

 

作品の奥にある、強いメッセージ

実際に足を運ぶまでは、――看板の所有主に連絡し新興宗教の道場に取材に行き勧誘されて困っている図、を頭に描いていたので、美術作品であったことにびっくりしたが、内心どこかホッとして笑ってしまった。
でも、看板の両脇に書かれた作品の主旨を読んで、胸が熱くなる。
 


東日本大震災へのメッセージだったのだ

島袋道浩
人間性回復のチャンス
2011

16年前、当時僕が住んでいた神戸で大地震が起きました。たくさんの家や建物が壊れ、たくさんの人が怪我をし、そして亡くなりました。
そんな悲しく大変な状況でしたが、地震直後にはいいこと、美しいこともありました。知らない人同士が本当に自然に声をかけあい助け合ったこと。人間が人間を本当に思いやったこと。
しかし時間が経つにつれ、そういう良かったことも急速に無くなっていきました。
以前のように会社や学校に通う人たち。地震があった町から出ていく人たち。そして救援のために初めてこの町にやってくる人たち。そんな人たちが行き交う電車の線路の脇、やはり壊れてしまった友達の家の屋根に、当時僕は「人間性回復のチャンス」という看板を掲げました。
そ して東日本大震災を経験した今の日本を思うと、やはりまた「人間性回復のチャンス」ということを考えます。大変なことが起こったら、それをただ悲しんだ り、なかったことにしてしまうのではなく、逆にこれからより良くするためのチャンスとしてもとらえてもらえればと思うのです。ピンチはチャンスです。


その阪神淡路大震災に遭ったときの島袋氏の作品がこれだ。
 


作品の詳細はこちら


写真の撮影日が3 .11というのは偶然だろうが、目に見えぬ縁のようなものを感じてしまう。



作者の、島袋道浩さんというひと

作者についていろいろ調べているうちに、島袋道浩さんというかたは、鹿がいなさそうな町で「鹿はいませんか?」と訪ね歩いたり、自分と似た名前のシマフクロウと出会うために鹿児島から北海道までヒッチハイクしてみたりして、個展のスポンサーになってくれたビール会社までひたすらカヌーを漕いでビールをもらいに行ったりする人だとわかった。

そして、その途中での人との出会いを収めた映像を、個展や展覧会の空間で発表。絵画や彫刻ではなく、こういう空間そのものを作品にする芸術をインスタレーションというが、島袋さんはその作風で国際的に活躍する美術家なのだ。

世界中を旅しながら、やってみたい・伝えてみたいと心に浮かんだことを冒険に挑むようにチャレンジするのは、美術は美術館に訪れる人だけとのコミュニケーションではなく、出会った人みんなが観客なのだという考えからだ。ユニークで楽しくて、それでいて人間の生き方や、行動の意味がずしりと伝わって来る。
 


“本の形をした展覧会”をコンセプトに、20年間の代表作を写真に収めた『扉を開ける』
(出版/リトル・モア 2010年)3,990円


今回「はまれぽ」取材ということで本人に連絡をとった。作品に関して、そして「横浜の印象を」と尋ねたところ、恐らくベルリンかどこかからメールをくださった。

島袋氏は、横浜トリエンナーレの準備で6月頭に横浜を訪れた時、所々で節電はされていたがそれでも自分が生活するベルリンのショッピングモールよりも明るいと感じられたそうだ。
そして出会った人が、あまり地震のことを話さないことにも驚いたという。その頃ベルリンではまだフクシマの話題が頻繁にされている時だっただけに…。

「それで横浜ではあえて地震のことに触れる作品を作ろうと思いました。横浜美術館で展示している『ハムはできるか? 復興と発酵』や馬車道の『人間性回復のチャンス』。東海道新幹線沿線の『たちどまる』です。」
「しかし、あまり直接的、そして命令的にならず、何人かの人々にとって考えるきっかけになればと思いこれらの作品を作りました。だから厳密にいうとメッセージのちょっと手前みたいなところを目指したのです。僕にとってはいわゆるメッセージよりも、なんだろうと思わされるようなきっかけの方が自分が考え行動に結びつけることができると思うので。そしてそれこそが美術のできることだと思います。」(メール原文)

さらに「あの場所はいい場所だと思います。看板は両面になっているので、道路を行き来する車に乗っている人にも見てもらえます。まわりの会社の入っているビルの喫煙所からもよく見えて、煙草を吸いながらサラリーマンの人がなんだろう?と話題にしてくれているとも聞きます。横浜トリエンナーレを見に来ない人にも見てもらえる、画期的な方法と場所だと思っています」(抜粋)。
そして、「まずなんだろう?と思ってもらって、どうしても気になるなら近くまで行って見に行く、それぐらいの時間のゆとりがあった方がいいと思うのです」と結んでいる。



取材を終えて

twitterでも「何だあれ?」という書き込みが多いこの看板。
実は美術作品で、しかも震災に寄せるエールだった、と何段階も驚かされた。
「気になるなら見に行く」――、簡単に情報を得られる時代に、私たちは足で体験することを忘れかけてはいないか、と考えさせられた。

そして、仮に、震災を乗り越えてがんばろうという想いを広く誰かに伝えたいと願った時、twitterやブログでつぶやくなど術はいろいろあるが、そこにあるだけで元気づけられる「美術作品」には、なかなかかなわないと痛感した。

なお、作品は、トリエンナーレが11月6日に終わっても、撤去までの数日間はそこにあるという。
実際に足を運び、作品を体験してみてはいかがだろうか。


― 終わり ―
 

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 343 面白くなかった 20

おすすめ記事


owlさん2015年06月13日 07時47分
みなとみらい線に乗ろう!!
そう思う 3 そう思わなかった 4
港署のゆうじさん2011年10月14日 10時17分
5か6月くらいからありましたっけたしか。Net・webに訴えても何も反応がない。ってことは、宗教関係だと私も思ってました。
そう思う 25 そう思わなかった 5