ワンランク上のおもてなしをあなたに・・・ | イチオシプレミアム

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

靴専科 綱島店|横浜市港北区のシューリペア工房
町のかかりつけ医・関内編
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    昔、桜木町駅が横浜駅だった事から、京浜東北電車が桜木町どまりだった頃は、桜木町までも東海道本線の枝線だったが、磯子、大船への延伸により、横浜駅から戸籍上独立した根岸線となった。さて、計画中、建設中は桜...

    ushinさん

    センター南駅前のサウスウッドとVeLeVの境界線のタイルが明らかに他のタイルと大きさや色が違います。何か理由があるのでしょうか?

    セン南のプラモ野郎さん

    横須賀の野比の海岸沿いの道路が崩れてしまったと知ってショックです。楽しい楽しい「みういち」こと三浦半島一周のコースが被害を受けた事が残念です。復旧まで自転車は通りにくくなってしまうかな、と心配してるサ...

    タロー先生さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろ梅が見どころの季節。どのエリアに梅を見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
5位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
6位
待機児童ゼロとうたう横浜市、「保留」の扱いとは?
7位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第2弾
8位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
9位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
10位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
11位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
12位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
13位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第4弾
14位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第3弾
15位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
16位
横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大! その詳細は?
17位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第5弾
18位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
19位
2年続けて大荒れだった横浜市の「成人の日を祝うつどい」、今年の様子は?
20位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
21位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
22位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
25位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
26位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
27位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
28位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
29位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
30位
江の島にある児玉神社ってどんなところ?
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
「はまれぽアプリ」で新着記事をソッコーGET!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年2月

横浜のココがキニナル!

横浜の中華学校に日本人児童の入学希望者が増えていると聞きましたが本当ですか?(まるさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

中国の国際社会での台頭と、国際人育成やバイリンガル教育に目を付けた
日本人保護者のニーズが重なり、10年ほど前から増え始めていた。

ライター:広田 調 (2010年12月01日)

横浜にある2校の中華学校

全国でも珍しく、市内に横浜中華学院(幼稚園~高校)と横浜山手中華学校(幼稚園~中学)の2校の中華学校を擁する横浜では、密かにそこへの入学を画策する日本人父母が以前からいたようだ。中国は国土の広さ、人口、何よりその国民性から今世紀中にはアメリカと比肩する経済大国へと成長することは言うまでもないだろう。

これに敏感な横浜周辺の父母の間で、将来わが子がビジネスにおいて有利となるには中国語が必須だと、中国語への関心が高まってのことだろうと想像できる。しかし本当に、純粋な日本人児童が中華学校に押し寄せるようなことになっているのだろうか。またその児童数はどれほどなのだろうか。実際に2校の中華学校へ伺い調査を進めることにする。



「お受験」の舞台と化す横浜の中華学校
 


1897年開設の横浜中華学院
 

陳志文 先生(学輔課長)(左) と 施恵珍 校長(右) 

 
我々はまず、横浜中華学院へ向かい施恵珍校長と陳志文先生に話を伺った。

1897年開設の横浜中華学院は開校当初から華僑のための学校という風潮もあり、各学年に日本人の在籍者は少なく、せいぜい 1人か2人だったという。ところが、10年ほど前から学校の教育方針に興味を持った日本人の入学希望者が増え始めたというのだ。

どちらかというと、横浜中華学院は入学希望者の国籍をあまり気にしないで受け入れていたため、純粋な日本人に対しても門戸を閉ざしていたわけではなかったという。すると入学希望者は急激に増加、6年前には1クラス38人の定員に60名以上の入学希望者が集まることになり、小学校で入学試験を行わざるをえなくなったというのだ。

この結果、現在小学校において純粋な日本人は33%(64人)にも達している。
具体的には日本国籍を持つ華人は全体の51%、台湾系の生徒は10.8%、大陸系は4.1%、その他1%(2010年5月当時)。純粋な日本人が3割を超していることに正直驚かざるをえなかった。
 
 



横浜中華学院 小学部学生の国籍比率(2010年5月)


これでは中華学校とは名ばかりで、華人学校の日本人校になってしまうのではないかとも思えるほどだ。横浜中華学院側によると、現在も華人・華僑の入学を優先させているが、時代の流れに合わせて日本人児童の入学も歓迎しているということだ。



横浜にいながらの国際人育成

日本人児童の入学希望増加に対して受け入れ体制はあるとしても、華人・華僑を優先しているということは、日本人児童にとって狭き門であることに間違いはない。それでも中華学校にわが子を入れたいと思う理由はどこにあるのだろうか。さらに、横浜中華学院の教育方針を伺ってみた。
 


1年生の中国語の授業風景


同学院の教育方針は国際人の育成だという。

もともと華僑のための教育機関として設立された経緯があるため、アジア系であるならば国籍や出身に関してはおおらかな傾向があったようだ。そのため、学校全体が家族的な雰囲気で、日本の学校にみられるような陰湿ないじめは全くないらしい。

この‘国籍に対しておおらか’という校風がグローバル化の傾向に従って、注目されるようになり、中華文化を中心に国際人を育成しているという評価につながったのだ。
 


 

中国語と日本語の掲示物が混ざる小学部の教室前


そして、その中心には語学教育がある。

学校側も入学希望者増の最も大きな要素は語学教育だと把握して、これを中心に世界に通用する国際人の養成を教育方針に据えたという。小学校で使用される教科書の言語の割合は中国語11:日本語4:英語1、それぞれ科目ごとに言語が決められ、中国語は台湾の教科書、日本語は日本の教科書が使用されている。



国際人の進学先は日本の大学!?

しかし、中学、高校になるにしたがい、日本語の時間数が増えていく。これは、現地である日本の学校への進学を意識しているためだ。実際、国際人の育成という教育方針の割に、台湾を始め国外の大学進学は意外に少なく毎年数えるほどなのだ。

逆に、日本語と中国語の双方を習得させ、進学傾向も国内の学校が多いことが日本人児童も安心して預けられるという父母の信頼につながることになった。在学中は台湾との交換留学を勧め、進学は日本国内、という方針なのだ。事実、日本の大学への進学率は高い。例年の合格実績をみても、慶応、明治、法政、中央、明治学院、日本大学等名門校ばかりだ。


中華学校に我が子を通わせたい理由を伺うと・・・ 次のページ≫


最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

本牧の間門小学校、水族館が設置された経緯とは!?

横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?