ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
4位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
9位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
10位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
17位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
20位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
23位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
26位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
27位
【はまれぽ名作選】50代続く江の島の老舗旅館「岩本楼」に突撃!
28位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
29位
【I☆DB】ファイナルステージ進出決定! ハマスタに訪れたファンの様子は?
30位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月12日~10月18日)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

岸谷に2号店をオープンした蔦重さん。デカ盛りチャレンジ2000円はいつも売り切れですが、いつ始めて、どれくらいの量なの?/二号店は家系でした。違う味を提供する理由は?(マクドさん)

はまれぽ調査結果

土鍋に入った家系ラーメン5人前総重量約3.2kgのラーメンの完食結果は本文参照。2号店を家系専門店にしたのは以前からの念願

ライター:はまれぽ編集部 (2016年10月23日)

はまれぽ.comは2016年11月1日で6周年を迎える。これまで「体を張って徹底検証」をテーマに数々の挑戦をしてきた。

一般人にもかかわらず食べきれない量のチャレンジメニューがあると聞きつけては、果敢に挑む。しかし、その勝率たるや2割。情けなし。
 


僕は食いしん坊なんです、大食いじゃないんです、ごめんなさい

 
過去を振り返り「勝率を上げろ!」「だらしない!」と怒り狂う編集長・吉田。見計らったように、投稿を発見し、こう言い放った。
 


「蔦重(つたじゅう)」でデカ盛りチャレンジだ! 小島!

 
・・・この期に及んでなお人に命じ、高笑いしながら「オレ最近はロカボ食中心だから」とおやつに低糖質のパンを買いに行ってしまった。

いくら低糖質食を選んでも、おやつにコンビニパン文化がある人は痩せないと思います。



生麦事件

さて、向かう先は京急線・生麦駅。
 


開かずの踏切を眼下に歩道橋を越え

 
今回投稿のあった「蔦重(つたじゅう)2号店」は生麦駅より徒歩10分ほど。閑静な住宅街のなかにある。
 


あんた、これからデカ盛り食うのに何で余裕なの

 
以前小島は吉田の指令により、1号店でしこたまラーメンを食べた。二郎系と家系のハイブリッドのラーメンを提供する1号店のメニューは美味いが、山盛りの具材が乗ったラーメンを2杯食べるという行為は、凡人のキャパシティーを越えるものだった。
 


むん・・・

 
じつはこの取材後、小島には、記事に書けないあんなことやこんなことが起こった。赤恥青恥で、もう二度と経験したくないことだ。だから、こう、心に決めたそうだ。

「今回は毛むくじゃらの心臓をした編集長に食べてもらいます」



編集長・吉田の「はじめて」
 


決戦の地へ到着


カウンター5席、テーブル席4×2で計13席。以前は居酒屋だった


券売機の上には・・・


土鍋

 
まずは、めでたく2号店を出店したオーナーの角田隼人(つのだ・はやと)さんに2号店オープンの経緯と、奇天烈に設置された土鍋の正体を伺おう。
 


かゆいところに手が届くサービスを心掛けています

 
2016(平成28)年5月1日に、いつか地元・岸谷に「家系ラーメン」に特化した店を出したい、という念願をかなえた角田さん。実は2号店は、1号店と屋号が違うのだ。
 


家系だから、麺「家」蔦重

 
投稿にあった「チャレンジメニュー」のルールは制限時間30分で、成功すると賞金3000円。ラーメンが2000円なので、実質1000円のキャッシュバックだ。

始めたきっかけは「僕が“デカ盛り好き”だから。10年ほど前は関東各所のチャレンジメニューを食べ歩き、ギョーザ100個を完食したこともあります。あ、投稿された方がいつも売り切れ、と言っているのはおそらく、はじめたばかりのころだったのかもしれませんね。実はチャレンジメニューを始めようと思ったのはいいものの、器がなくて・・・。今は常に用意しています」とのこと。
 


「すり鉢とか大盛りのどんぶりとか、普通だとつまんない」と思った

 
5人前という分量にしたのは「10人前だと無理そうだけど5人前だと“いけそう”だと思ってもらえるかな、と考えた」とドSな発想から。ちなみに普通の家系ラーメン店の麺の量は1玉150グラムだけど、同店は180グラムと多めなんだそう。ちなみにこれは、ゆでる前の麺の重さ。ゆでたらもっと重くなるのでは。恐ろしや・・・。しかも完食の条件は「スープまで完飲」。ちょっと変態ですよ、角田さん!

今までの戦歴は「お店の8戦8勝」で、チャレンジしているのは体格のよい体育会系男子学生。今まで一番健闘した猛者は麺のみ完食、という結果だったそう。うーん、どうなることやら。

この時、小島に「1杯だけラーメンを食べましょうよ」と誘われた吉田は、ブルンブルンとおなかをゆらしながら、生麦駅から猛ダッシュしていた。
 


腕時計はないが腹時計で時間が分かる能力の持ち主

 
ロカボ食に飽きたのか「家系ラーメン! 食べる!」という吉田。それをせせら笑うがごとく、小島は食券を購入。
 


チャレンジメニューは向かいの席にお願いしまっす!!


普通の~「らーめん」はあ~僕の席へお願いしまあ~す

 
「5人前+1人前で、“6”周年。縁起がいいでしょ」、そう小島は角田さんに自慢する。
 


おまっとさんです! ラーメンは? できたて食べたい!!

 
鼻息荒く店に突進してきた吉田。同時に厨房からよい香りがしてくる。
 


すげえ量だな、小島、お前これ食べきれるのか

 
角田さんに根回し済みの小島は冷静な表情だが、「ジャバア」という音をたて土鍋に滝のように流れ込むスープを見て固唾を飲む。
 


地元の女性・ファミリー層が来店するため、さらっと食べやすい乳化系スープ


麺は中太麺より少し太め


わし


化学調味料無添加だというチャーシューは一晩つけ、その後一晩ねかされたもの


めんが2倍の重さになると仮定し・・・総量約3.2kgのラーメンがドドン

 
と、吉田の席の目の前にラーメンが着丼・・・ではなく着鍋。

店内に「オレかよ!」という声が響き渡る。
 


オレは編集長なんだぞ

 
吉田は「誰だと思ってるんだ!」「編集長だぞ!」という謎のセリフをさんざん連発したあげく、ラーメンの湯気と香りの誘惑に負けたのか、じっと鍋を見つめた。
 
 
編集長がんばって!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事