ワンランク上のおもてなしをあなたに・・・ | イチオシプレミアム

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

靴専科 綱島店|横浜市港北区のシューリペア工房
町のかかりつけ医・関内編
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    昔、桜木町駅が横浜駅だった事から、京浜東北電車が桜木町どまりだった頃は、桜木町までも東海道本線の枝線だったが、磯子、大船への延伸により、横浜駅から戸籍上独立した根岸線となった。さて、計画中、建設中は桜...

    ushinさん

    センター南駅前のサウスウッドとVeLeVの境界線のタイルが明らかに他のタイルと大きさや色が違います。何か理由があるのでしょうか?

    セン南のプラモ野郎さん

    横須賀の野比の海岸沿いの道路が崩れてしまったと知ってショックです。楽しい楽しい「みういち」こと三浦半島一周のコースが被害を受けた事が残念です。復旧まで自転車は通りにくくなってしまうかな、と心配してるサ...

    タロー先生さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろ梅が見どころの季節。どのエリアに梅を見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
5位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
6位
待機児童ゼロとうたう横浜市、「保留」の扱いとは?
7位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第2弾
8位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
9位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
10位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
11位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
12位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
13位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第4弾
14位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第3弾
15位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
16位
横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大! その詳細は?
17位
コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第5弾
18位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
19位
2年続けて大荒れだった横浜市の「成人の日を祝うつどい」、今年の様子は?
20位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
21位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
22位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
25位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
26位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
27位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
28位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
29位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
30位
江の島にある児玉神社ってどんなところ?
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
「はまれぽアプリ」で新着記事をソッコーGET!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年2月

横浜のココがキニナル!

横浜の白楽のあたりで、階段を下るタクシーがあると同僚が言って譲りません。そんなもの僕はあるわけないと思うのですが、本当にあるのか調べてもらえませんか? (ださん)

はまれぽ調査結果

階段を下るタクシーを菊名(鶴見区上の宮)で確認。自動車が通り抜けられる「斜路付き階段」を鶴見区で2ヶ所、神奈川区で1ヶ所見つけた。

ライター:はまれぽ編集部 (2017年01月09日)

白楽駅周辺で探す
 
「階段を下るタクシー」がキニナル? 何それ? 思わず、車体をよじらせ、タイヤを軋(きし)ませながら、時には車の底をスリながら階段を降りてくるワイルドなスタントカーを想像してしまった。でもタクシーだよね? うーん非現実的。

ともあれ場所の情報はある。現地を調査すべく、まずは東急東横線白楽駅へと向かった。
 


白楽駅に到着
 

駅のホームは切通しになっていた。山がちな土地なのか?
 

地図で確認してみると階段が非常に多い土地であることが分かる(Googlemapより)

 
まずは東口から調査開始。Googlemapで確認しつつ、周辺を歩いてみる。すると、階段がたくさん存在する土地であること、そして階段にもさまざまなものがあることが分かってきた。
 


こんな階段や
 

住宅へ続く階段
 

ハイブリッドなたたずまいの階段

 
しかし、見て回ったどの階段も車が通るには幅が狭すぎるし、手すりなどもついており通行不可能であることは明白だ。だが、これだけ階段がたくさんある町ならタクシーが通れる階段もあるのかもしれない。そこで、スタントカーが無理やり階段を下りてくるイメージを頭から追いやり、「車が通れる階段」を探すことを念頭に調査を続けることにする。

辺りは閑静な住宅街で人通りもまばらだが地元住人の情報もほしいので、人が通りかかるたびに「自動車(タクシー)が通れる階段がこの付近にありませんか?」と聞いてみる。しかし、「聞いたことないですね」(大学生風の男性)、「そんなもん見たことも聞いたこともない」(なぜかちょっと怒っている年配の男性)と立て続けに存在を否定される。

それではと、地元に根差した不動産会社であれば何か分かるかも? と思い、店主にお話を聞いてみるも、「本当に白楽での話? この地で20年商売しているけど聞いたことないよ」と言われてしまった。
 


「20年商売しているけど聞いたことない」とのこと
 

次に西口を調査する。こちらでもまずはGooglemapを頼りに階段がある場所を探す。
 


西口を出ると「六角橋商店街」だ
 

商店街のメインストリートは「旧綱島街道」
 

手すりが両側にあるタイプの階段
 

手すりが真ん中にあるタイプの階段

 
西口は商店街があるためか、東口に比べると人通りがずいぶん多い。今度は地元の道路に詳しいと思われる方々にターゲットを絞って聞き取りする。まずは電気店。地元のお客さんがメインだろうし配達なんかできっとこの町のことも詳しいはずだ。が、お聞きしてみると「知らないねー東口のほうじゃない?」とバッサリ。今行ってきたばかりなんですけど・・・。
 


商店街にある電気店
 

次に商店街にトラックを止めて荷物の積み下ろしをしていた宅配便のお兄さんにも聞いてみる。が、「知らないです(とても忙しそうだ)」。うーむ。

配達中の郵便局の方にも声をかけてみる。「車が通れる階段? 知っていますよ。住宅地の中でもいいんですよね?」「マジですか?(思わず本音が・・・)。」やった! ついに発見か? 「場所を教えてください!」とお願いすると、さすがは郵便局の方、すぐに住所を番地付きで教えてくれた。プロフェッショナルである。さっそくスマホで検索する。おお! ここか。丁重にお礼を申し上げ、教えてもらった住所に向かう。

教えられた住所の近くまでやってくると、まずは坂道が見えた。そして・・・
 


坂道の向こうに見えるのは!
 

おお!
 

これは車が通れる!
 

階段の先に車が止まっていることからも通行できることが分かる

 
確かに車が通れるようだ。探していた場所はここなのか? しかし、「車が通れる階段」であるのは間違いないが、住宅への取り付け道路というべきもので、通り抜けることはできない。

この場所で「階段を下るタクシー」という状況を考えてみる。

住人がタクシーを利用し自宅前まで乗り付け降車したと仮定。その後「階段をタクシーが下る」という状況。もしくは、タクシーを自宅前まで呼んで乗車したと仮定。その後「階段をタクシーが下る」という状況。

しかしどちらもちょっとニュアンスが違うように感じる。「階段を下るタクシー」という言葉からは「通り抜けられる」ことが必須であるように思うのだ。
 


振り返るとこんな感じ

 
少しがっかりしつつ駅に戻ろうと歩き始める。すると途中にまた階段が。

 

これは・・・もしかしたら車が通れる?
 

階段を上っていき確認してみることにした。しかし・・・
 


右へカーブ。タイヤを載せる(推測)スペースがなくなる
 

階段を上がりきってみると住宅が。車は止まっていない
 

やはりこの階段も車が通るには無理があると思いつつも、近くに喫茶店があったので店主にお話を伺ってみる。すると、「あの階段を車が通るなんて聞いたことはないし、このあたりの車は違う道があるので、みなさんそちらの道路を使っています」とのことだった。
 


階段のすぐそばにある喫茶店
 

次にタクシー乗務員の方にお話を聞こうと白楽駅まで戻る。白楽駅にタクシー乗り場はなく、駅前の道路は商店街&一方通行なので路上駐車し客待ちをしているタクシーも皆無だ。しかたがないので、「止まれ」の標識のそばで、一時停止したタクシーに突撃することにした。

しばらく待っていると、タクシーが一時停止したので、窓をノックしてドアを開けてもらう、明らかにお客さんだと思われている。「すいません。タクシーで階段を走ることってありますか? 白楽周辺でのことなのですが」と聞くと、「乗らないの? そんなの知らないよ」とのお答えをいただいた。
 


白楽駅周辺にいるタクシーに聞き込み

 
次のタクシーを待つ。すると今度は、お客さんが降車する瞬間に遭遇したので、すかさず質問をぶつけると「菊名駅の近くだったら知っていますよ」とのお言葉が! 「本当ですか? タクシーで通り抜けできますか? 住宅への取り付け道路ではないのですか?」と、矢継ぎ早に聞いてみると、「通り抜けることもできるし、取り付け道路ではない」との証言をいただいた。

このまま、このタクシーで現地まで乗せてもらおうかとも考えたのだが、あたりはすっかり暗くなってしまっており、写真撮影することも考慮して、ここまでで本日の取材は終了することにした。


菊名で階段を下るタクシーを見つけられるのか? ・・・続きは次のページ≫

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~

記録更新なるか!? 横浜で一番急な坂はどこ? 2014冬・前