ワンランク上のおもてなしをあなたに・・・ | イチオシプレミアム

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

靴専科 綱島店|横浜市港北区のシューリペア工房
町のかかりつけ医・関内編
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    オーケーストアみなとみらい店に自社経営の焼肉屋さんがオープンしたようです。エブリデイ・ロープライスが同社のモットーなんで期待大です。でも、なんでオーケーが焼肉屋?とも思います。取材してそこらへん教えて...

    毘沙門67さん

    池子の近くの石切り場跡が面白いと聞いたので気になります。マップでも「池子石の石切場跡」として載ってました。鎌倉周辺には石切り場が多いそうですが、池子の石切り場は見た目的に地下施設みたいで面白そうです。...

    タロー先生さん

    回収されなかったゴミが開封され私のポストにぶら下げられてました。8年住んでますが、引っ越してきたばかりの時は、私の銀行残高の記載された紙と共に「○○さん分別して下さい」と壁に貼られてました。犯人は近所...

    しろくろさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろ梅が見どころの季節。どのエリアに梅を見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
ターミナル駅ではない港南台に髙島屋がある理由って?
2位
関内駅前のセルテで火災発生! 現地の様子は?
3位
JR桜木町駅に新しい改札ができるって本当?
4位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
5位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
6位
JR戸塚駅と大船駅をつなぐ県道、一部区間が未整備の理由とは?
7位
横浜市と山梨県道志村で幻の飛び地合併計画があったって本当? 前編
8位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
9位
計画決定から45年、JR大船駅東口の再開発事業の現状は?
10位
石川町にある厳重に封鎖された公園。実際に遊べるの?
11位
CKB横山剣さんのご両親も!? 個性的な店が集まる中華街にある「横濱バザール」とは?
12位
横浜市と山梨県道志村で幻の飛び地合併計画があったって本当?後編
13位
京急にも反町駅があった!? 二つの反町駅の歴史にせまる!
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
新子安駅から見える極端に細い橋脚は強度的に問題ない?
16位
舘ひろしさんも登場した鶴見区總持寺の「節分会」の様子をレポート!
17位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
18位
磯子区杉田は江戸時代に、梅の観光名所だったって本当?
19位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
20位
湘南モノレール大船駅の広場にある謎の塔の正体は?
21位
横浜駅近くで個性的なオーナーが運営する女性起業支援に特化したコワーキングスペース「ヨコハマホップ」を徹底取材!
22位
駅が無い!東戸塚~生麦間線路、その真相は!?
23位
横浜市営地下鉄の運賃は何故高い?
24位
歩いて体験する博物館? 保土ケ谷区の「まちかど博物館」を巡る!
25位
【はまれぽ名作選】市営地下鉄の定期券割引率が他社線に比べて低いのはどうして?
26位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
27位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
28位
JR横浜駅の横須賀線ホームに潜む3つの謎に迫る!
29位
【速報】石原軍団も登場! 鶴見区の總持寺で行われた「節分会」の様子を速報!
30位
横浜市内に「立って乗れる」高速道路を利用したバス路線がある?
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
「はまれぽアプリ」で新着記事をソッコーGET!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年2月

横浜のココがキニナル!

昨季限りで現役を引退した三浦大輔さんが横浜DeNAベイスターズのスペシャルアドバイザーに就任したそう。いったい、どんなことをするの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

「野球」「横浜」「横浜DeNAベイスターズ」を軸に活動を展開。メジャーリーグなどを視察して球団にフィードバック。横浜のまちづくりにも貢献

ライター:はまれぽ編集部 (2017年01月28日)

帰ってきた番長!

2016(平成27)年9月30日、横浜DeNAベイスターズの一つの歴史が終わりを告げた。

25年の長きにわたってチームをけん引し続けた「ハマの永遠番長」三浦大輔(みうら・だいすけ)投手がユニホームを脱いだ。
 


最後は背番号と同じ18回、ハマスタを舞った

 
その番長が球団に帰ってきた。最後のマウンドから3ヶ月以上経った2017(平成29)年1月27日付で、球団が新設した「スペシャルアドバイザー(SA)」に就任。同日、球団事務所で就任式が行われた。
 


トレードマークのリーゼントは健在!

 
就任式には岡村信悟(おかむら・しんご)球団社長も同席。「横浜の象徴として活躍をつづけた三浦さんこそ、ふさわしい。契約できたことを嬉しく思う。チーム一筋だった三浦さんと、新しい関係を築いていきたい」と話した。
 


横浜の象徴として球団に「復帰」

 
SAとしての三浦さんの役割は「野球」「横浜」「横浜DeNAベイスターズ」という3つの軸から、球団が標榜する「スポーツ×クリエイティブ」をコンセプトとした「横浜スポーツタウン(YST)構想」を進めていくこと。
 


YST構想の起点となるのが3月オープン予定の「
THE BAYS

 
具体的には、子どもと野球の未来に貢献することを目的に、球団主催の野球教室への参加のほか、教育機関やアマチュア野球の現場視察を通して魅力的な野球環境の構築を目指す。
 


球団創立5周年には神奈川県内72万人の子どもにキャップを配布した(C)YDB

 
チームに対しては米・メジャーリーグをはじめ、野球のみならず国内外のスポーツを三浦さんが直接視察し、フィードバック。これによって「野球をきっかけに集い、コミュニケーションをとれる場所」を目指す、球団の「コミュニティボールパーク」化構想をさらに推し進める。

さらに、球団内だけでなく、YST構想に基づいて、横浜のにぎわいづくりにも積極的に関与していくという。
 


球団内外にかかわらず幅広い活動が期待される三浦SA

 
 
三浦SAの意気込みは?・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!

ハマの「永遠番長」三浦大輔投手引退セレモニーの様子は?

ハマの番長、三浦大輔投手の引退会見をレポ―ト!