検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜で世界の料理を堪能したい!Vol.3

ココがキニナル!

横浜で、世界各国の料理を堪能したいです。お店を教えてください。(雷鳥さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

今回は第三弾としてメキシコ、ブラジル、ペルーの料理を紹介します!

  • LINE
  • はてな

ライター:ワカバヤシヒロアキ

横浜で世界の料理を堪能するという、この企画。

その名の通り、横浜にある各国の専門料理店を紹介するものだが、はまれぽでは特に珍しい国の料理のみを取り扱う。つまり、中国韓国インドイタリアフランス料理など、既に数々のお店が点在している国は除いて、世界制覇を目指すのだ。

第一弾はアジア編、第二弾は北ヨーロッパ編を紹介したが、今回は中南米の料理を紹介する。




本場のメキシコ料理店へ

まずは、中南米の定番とも言えるメキシコ料理のお店から。メキシコ料理店は市内にも幾つかあるが、関内にある「アステカス」は100%メキシコ料理を謳う本格派。
 


ビルの地下にあるアステカス

 


開店の17時早々、他にお客はいなかった


メキシコビールはありますか?と尋ねると「ボヘミアが良いですよ」と勧めてくれた。
 


メキシカンビールの「ボヘミア」(800円)


コップはなく、瓶から直接喉に注ぐ。それほど苦みの無い味で、喉ごしもすっきりしている。
思わず「飲みやすいビールですね」とマスターに言うとにっこり笑って返してくれた。
 


マスターのゲレロ・エルナンデス・アルバロさん


マスターは日本に来て12年だというメキシコ人。日本へは旅行で訪れたのがきっかけで、それから料理店で働き、今のお店は1年半ほど前にオープンさせたそうだ。

100%メキシコ料理の意味を尋ねると、「メキシコ料理店は多くありますが、本物のメキシカンソースを使っていない店が多いです。うちは、代用できるもの以外のソースや唐辛子等は全てメキシコから買っているので100%メキシコ料理と言えるのです」と話してくれた。
 


メキシコ料理の王道、ブリート(900円)


トルティーヤと呼ばれる薄焼きパンで、チキンやインゲン豆、チーズ等を包んだ伝統的な中南米料理。
大きな唐辛子も一緒にかじり、辛ければ野菜で調節して下さいと言われた。何とも大胆な食べ方である。

具材とサルサが絡み合ったブリートは申し分なく美味しいのだが、唐辛子がとても辛い。
正直ブリートだけでよかったと思ったが、メキシコの人はこの唐辛子を毎日食べているとマスターは言う。
 


サボテンサラダ(800円)


続いていただいたのが、サボテンサラダ。
名前通り、あのサボテンの果肉を生で食べるのだが、これもメキシコではごく一般的のようだ。
 


人生初、サボテンをいただく


食べてみると、若干の酸味と歯ごたえが印象的だが、それほど味という味がしない。
見た目から想像した苦みはほとんど無く、むしろ海草類を食べているような感覚だ。

ただサボテンは非常に栄養価が高く、コレステロールの低下にも効果があると言う。

この他にもメニューは豊富で、今回は仕込みの関係で頂けなかった「バナナの葉に包んで蒸したトウモロコシのペスト」という料理も是非食べてもらいたいとマスターは話していた。