ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    港北区下田町にある「下田ショッピングセンター」について調べてください.現在営業しているのは八百屋さんだけのようですが,昔はもっと店舗が入っていたんでしょうか?

    辛抱二郎さん

    臨港パークと新港パーク、どちらも素敵な公園なのですが、残念なことに山下公園の一部だと思っている人が多くいました。実際のところ2つの公園の知名度はどの程度なのでしょうか。

    山崎団地さん

    みなとみらい地区は何故市内中心部との公共交通網(バス路線)が不便すぎるのでしょうか?東急東横線沿線からは乗り換えなしで便利も、市内各地からは横浜駅で横浜高速鉄道へ乗り換え必須です。便利に活用出来る筈の...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「5月23日今日は何の日?」
2位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
5位
急きょ開催決定! 鎌倉花火大会が中止になった理由はなんだったの?
6位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
7位
【はまれぽ名作選】東神奈川の二ツ谷の近く、半分くらい川の中に建っている謎の家、なぜこんなことになってしまった?
8位
大船駅近くにある資生堂鎌倉工場跡地はどうなる?
9位
「絶対反対」の看板がある西区戸部本町のホテル建設予定地とは?
10位
【はまれぽ名作】日本最古の現役トンネル、戸塚区と保土ケ谷区をまたがった「清水谷戸(しみずやと)トンネル」について教えて!
11位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
12位
【はまれぽ名作選】横浜市営地下鉄桜木町駅の「使われていない幻のホーム」、今もぴおシティにあるって本当?
13位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
14位
【はまれぽ名作選】京急の駅名看板、「白地に水色のライン」と「紺地に白と水色ライン」でバラバラなのはナゼ?
15位
横浜ランドマークタワーの上層階と地上で合図を送り合うことは可能?
16位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
17位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
18位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
19位
いまだに取り壊されない横浜~桜木町間旧東横線跡、旧高島町駅周辺に生い茂る謎の植物の正体は?
20位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
21位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
22位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
23位
京急エアポート急行は「主要だと思えない」駅に停まっている?
24位
これは穴場!? 休日など混雑時に使いたい! みなとみらいの駐車場を徹底調査!
25位
川崎堀之内町の『ちょんの間』ってどうなったの?
26位
【はまれぽ名作選】「京急ウィング号」が県内利用者数ナンバーワンの横浜駅を通過する理由は!?
27位
横浜―川崎間「東海道線VS京急線快特」、どっちが早く到着する?
28位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
29位
赤い弾丸、京急は最速か?
30位
モノレール「ドリームランド線」ってどうなったの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

市が尾駅前にコッペパン専門店ができました。是非とも食レポお願いします。全種類のレポートを。(もまさん、パッチョさん)

はまれぽ調査結果

みなみ北海道・木古内町が本店の「コッペん道土」の2号店。約30種類のコッペパンは具だくさんで大満足。ランチなら3個~4個で満腹になりそう

ライター:紀あさ (2017年03月07日)

コッペパン専門店「コッペンドット 市が尾店」

2016(平成28)年12月17日、『北海道木古内町(きこないちょう)で行列ができるパン屋さん「コッペん道土(どっと)」』が、横浜市青葉区にオープンした。

ところで、親愛なる読者の皆さま、行列ってどれくらいから行列と言いますか? もしその数が50人だとすると、それは木古内町の人口の1%に相当します。(参考までに青葉区民の1%が並んだら、3000人の行列です)。

・・・木古内に行列、できませんから!!!

と、筆者は、ちょっと思ったものでした。
 


木古内本店の行列(?) でも木古内町で、お店に人が並んでいるってすごいんです
 


青葉区に出店したら大行列! 市が尾店、オープン初日(写真提供:高橋健)
 



木古内ってどこにあるの?

木古内町は、南北海道の小さな町。人口は5000人弱。面積は約220平方km(青葉区の約7倍、横浜市の約半分)。現在、本州から鉄路で北海道に上陸する際の、最初の駅が木古内駅だ。
 


北海道新幹線の最初の駅・木古内駅、北東約40km先に函館がある(GoogleMapより)
 

2016(平成28)年3月26日、北海道新幹線開業。小さな町は新幹線の町になった。ところで実は、筆者ことキノアサは、北海道新幹線が開通して、木古内に新幹線駅ができたとき、いちばん最初に青函トンネルを新幹線で往復した乗客だったりする。
 


中央が筆者(北海道放送『今日ドキッ!』2016年3月28日OAより)
 

そんなわけで、道南(どうなん=函館や木古内を含む北海道の南部)情報には、きっと、はまれぽイチ詳しいはず。今回は、木古内情報もあわせてタップリお届け!



コッペん道土、木古内本店

「コッペん道土」の本店は、北海道新幹線木古内駅の開業にあわせて、鉄道駅のほど近くに作られた道の駅「みそぎの郷きこない」の中にある。

道の駅の目玉は、レストラン「どうなんde's Ocuda Spirits」(どうなんデス オクダスピリッツ)、レストランを監修するのは、山形県鶴岡市の有名レストラン『アル・ケッチァーノ』のオーナーシェフ奥田政行(おくだ・まさゆき)氏。イタリアで「世界の料理人1000人」に選ばれたこともある知る人ぞ知るイタリア料理人だ。
 


オープン初日、報道陣で溢れる木古内の「どうなんデス」
 

なぜそんな世界屈指の料理人が木古内に? その理由は明治時代まで遡る。1885~86(明治18~19)年、山形県鶴岡地区の旧庄内藩士が開拓のため木古内町に移住。町には、入植者たちが名付けた「鶴岡地区」の名が今も残る。

木古内町の大森伊佐緒(おおもり・いさお)町長によると、鶴岡市長自らが「明治時代に先人がお世話になった。今が恩返しをする時」と、奥田シェフを木古内に紹介してくれたという。
 


奥田シェフと「どうなんデス」店内
 

その奥田シェフの「レストランの隣りにパン屋さんを!」というアイデアのもと2016年1月13日、「みそぎの郷きこない」とともにグランドオープン。

「コッペん道土」は町営ではなく民間企業だが、街との協力体制が出来上がっていて、市が尾店にもパンを通じて木古内の魅力を伝える空気がいっぱい。
 


市が尾店の店内
 

大森町長は、本店や市が尾店がメディアに出る時はメールなどで知人にお知らせを送る。
 


大森町長から筆者あてのLINE
 

市が尾店を説明するべく、この放送をすこし引用しよう。
 


テレビ東京『ゆうがたサテライト』(2017年1月18日OAより)
 

「消滅可能性都市全国5位 消えゆく町(木古内)を救え」とのテロップ。
 


横浜の人がパン好きだそうなので、木古内からパンを売りに来ました
 

たくさんのコッペパン全30種類。そして2時間待ちの行列となった初日
 

その後、大森町長のインタビュー。なんだかポーズがかわいい
 

おおよそ、こんな感じであった。
 


未開の地なのか、と思いながら、大森町長に「見ましたー!」とLINEを送ると
 

かわいい大森ラインスタンプが届きました
 

こんな素敵な大森町長が、2月某日、木古内からやってきて、市が尾店を初訪問するという。
これはぜひ、現地へ行かなくちゃ!


コッペん道土市が尾店と、木古内町長を直撃!・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

2014年3月に火災があった「かもめパン」。火災の真相と現在

横浜市内のマニアックな「専門店」を探せ!

公園が見守る小さな町。はま旅Vol.65「市が尾編」