ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

    21日(土)開催される「2017ふじさわ江の島花火大会」って どんな感じなのでしょう?あまり話題になっていないようですし、週末は雨の予想で おまけにこの寒さ。夏だと ブルーシートで場所取りをし、ビール...

    soraさん

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

駅構内の立ち食い蕎麦屋さんはよく見かけますが、駅のホームにあるお店はだんだん少なくなってきているような気がします。今あるホームの立ち食い蕎麦屋さんを調査してください。味も教えてください(はしのさん)

はまれぽ調査結果

JR川崎駅~大船駅のホームを歩いて調査。川崎、東神奈川、大船の3駅のホーム上に立ち食いそば屋さんがある

ライター:カメイアコ (2017年04月02日)

今回のキニナルにもあるように、駅ホーム上にある立ち食いそば屋さんって見かける機会が少なくなっているように感じる。
有名どころだと、JR常磐線我孫子駅にある山下清画伯がアルバイトをしていたという「弥生軒」があるが、はまれぽの調査エリア内にも、探せばきっと歴史のあるお店があるのではないかと期待に胸膨らませ始まる今回の企画。

 

山下清画伯(出典:ウィキメディア・コモンズ)
 

しかし・・・、物事はそう簡単に進まないわけで。綿密に事前調査してもらって、そばを紹介してもつまらない、という編集部・オビナタの提案で、ガチンコでホームの端から端を歩いて、そば屋の有無を確認するというルールが付加された。



そば×鉄道のマニアックな探訪スタート!

JR川崎駅から大船駅、調査エリア内の路線に当てはめると京浜東北線・根岸線の全16駅を1駅ずつ降車し、ホームの端から端までを歩いて調査する。駅によっては乗り換え連絡ができるJRの各線(東海道線、南武線、鶴見線、横浜線、横須賀線)のホームも含めることにした。

 

スニーカー履きました!!!(午前9時の川崎駅前)

 

一応、万歩計アプリもセット(自宅から川崎までの1675歩はマイナス計算)
  

さぁ、川崎駅から大船駅ホームで、どのくらい歩くことになるのやら。そして、ホーム上にある駅そばには何軒出会えるのだろうか(撮れ高があるかとっても心配だよ!)。

 

1番線の東海道線から調査を開始
  

さすが川崎駅。午前9時だし、ちょっと人が引いてくるころかな、と思っていたが、まだまだ通勤の足が途絶えない。人をかき分けて、ホームの端へ向かう。はやくも、「自分何やってんだろう?」感が・・・。

 

端っこ(東京側)に到着
  

これまでホームの端まで歩いたことがなかったので、ちょっとワクワクしている反面、この往復を何度繰り返せば良いのだろうという精神的ダメージが襲う。

 

踊り子号到着を横目に
 


東海道線1、2番ホーム両端(大船側)へ
 

川崎駅の駅舎は近代的なつくりだが、ホームはちょっと昭和な残り香があった。本命の駅そばは見つからず、京浜東北線のホームへ移動した。

 

何やかんやしていたら、はやくも25分経過
 

これは1日がかりになりそうだなぁ、と思っていたら、何やら良い香りが。匂いに釣られて、ホーム中央へ歩みを進めると。

 

あったー!!!! 場所は京浜東北線(3・4番線)ホーム中ほど
 

株式会社日本レストランエンタプライズがフランチャイズ展開する「濱そば」があった。

 

かき揚げそばをポチィ
 

調査に行った時間帯は女性スタッフ1名で切り盛りしているようだ
 


かき揚げそば(380円)を注文
 

出汁は、澄んだ昆布系で砂糖甘く、「田舎のお母さんの味」という感じだ。午前9時30分ごろに食べたので、朝食にぴったりだ。「これから仕事を頑張ってくるよ、おかん」と思わず口に出てしまいそうになったほど。

 

まだまだ客足が途絶えない
 

実家の祖母や母親が作ってくれるおつゆに味が似ていたので、とても懐かしくて心がほっこりとした。

お腹も満たされ、これなら最後まで頑張れるぞ! と意気込んだのも束の間・・・

 

南武線のホームへはこの階段からは行けないんだってさ
 


南武線には駅そばはなかった
 

南武線のホームにはなかったよ。だって、京浜東北線のホームを歩いている時に、隣なのだから見えているんだもの。ないことは知っていたよ。でも、「ホームの端から端まで必ず歩いて調べる」というルールにのっとり、店がないと分かっていても、最後まで歩かなければならないという地獄に、1駅目からはまってしまったと痛烈に思い知らされた。

 

気を取り直して、鶴見駅に向かうも、「あと15駅もあるよ・・・」と編・オビナタがつぶやく

 

到着
 


なし!
 

鶴見駅のホーム両端は、緑の柵があり、備品などの物置があった。

 

鶴見線へ移動。同じJRだが、乗り換え改札がある
 


始発駅だから、レールの始まりが見られる 
 

鶴見駅は、一目で駅そばがないということが分かるくらい、開放感のあるホームだった。

 

レトロな雰囲気がGOOD
 


さて、どんどん行こう、新子安駅
 


傍らを走る横須賀線や京急の電車をお見送りして、東神奈川駅へ
 

まだ3駅目だが、そもそも「駅のホームからホームを歩く必要性はどこにあるのか」と悶々としはじめる。が、編・オビナタは、「ただ電車に乗って、そばを食べるだけなら、ほかの媒体でもできるでしょ?」と、のほほんとのたまうではないか。
確かに、はまれぽらしい企画ではある。ほかのグルメ媒体なら、こちらが「ぜひ歩きたい」と懇願しても却下されるはずだ。こういう企画が通っちゃうのがはまれぽの良い所なんだよなー。

 

東神奈川駅到着
 

なんか、流れ作業になってきたが、東神奈川駅のホーム端は・・・

 

端っこにちょっぴりヨーロピアンな街灯があった
 

駅によって、ホーム端に個性があって面白い。街灯1本でも、景色が変わるとモチベーションも上がる。そして、さらに我々のテンションが上がるものを発見。

 

発見!!!! 場所は京浜東北線と横浜線(3・4番線)のホーム
 

日栄軒(にちえいけん)という立ち食いそば・うどんの店。大人5人も並べば満員というキャパも昔ながらで良い。

 

なんと創業1918(大正7)年の老舗
 

スタッフさんの話では、大正7年から駅そばやラーメン店をはじめ、チェーン展開していたという。現在は東神奈川1店舗だが、根強いファンの多い店だ。

 

オススメだという山菜そば(390円)を注文
 

つゆは、創業当時からかわらず、鰹を丁寧にこして作られる。真っ黒なつゆだが、鰹の出汁が効いていて、体がすべて飲み干したいと願うほどの強烈なうま味を感じる。駅そばの域を越えたおいしさに、驚きのあまり無我夢中ですすった。

 

鰹の出汁がガツンとくる!
 

近ごろは、女性もよく立ち食いそばを利用するようになったが、同店は特に女性のお客さんの来店が多いとのこと。それは、味もさることながら、スタッフのお母さんたちの人柄の良さも理由の一つだと感じた。

「おいしかった、ごちそうさまでした」という一声に、「ありがとうございました。またお待ちしています」との何気ないやりとりに、どうしてこんなにも心が元気になるのだろう。ほんの数分、そば1杯をすすっただけなのに、疲れや不満をすっと取り去ってくれた。

日栄軒のそばで鋭気を養ったのも束の間、いまだに駅の中で迷ってしまう、沿線最大の駅"ラスボス"横浜駅へと向かう。

 
はたして“ラスボス”のホームには!? 次のページ

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事