ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

    ushin さん(2017.11.17 PM6:14)貴方が答えて下さっても皆様の知識にはなりませんので「はまれぽさんが記事にする」事を希望しています。そして狐猫のキニナルは「IC改札機がある 無人駅...

    狐猫さん

    狐猫 さん 2017.11.14 AM10:25 建前は「有人改札で乗車駅から現金で支払って、入場記録消去」ICカードの取扱い自体不可能な場合は、その旨の証明を貰えるので、自分の近所の駅で入場記録消去...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
10位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
11位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
12位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
13位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
17位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
18位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
19位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
20位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
21位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
29位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
30位
2学期制って良くなかったの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

三ツ沢から片倉町にいく道路の左側に「コーヒーとカレーの店 ポパイ」というお店があり、夜は混んでます/昔ながらの喫茶店メニューにカレーがあります。おいしいカレーのお店を知りたい(やいさん/もやもやさん)

はまれぽ調査結果

片倉町の「ポパイ」と戸塚駅前の「自家製焙煎珈琲モネ」を紹介。どちらも絶品カレーとコーヒーが味わえ、マスターの接客にも感服。

ライター:山口 愛愛 (2017年05月09日)

家の外で味わう「コーヒーとカレー」。大人の心をくすぐる絶妙なコンビにはなんともいえない美味しさがある。筆者は横浜で生まれ育ったが、子どものころはどちらも楽しめるような喫茶店などが多くあったように思う。

近年、駅周辺はコーヒーチェーン店が席巻し、カレー専門店なども増えているが、美味しいコーヒーとカレーの両方が味わえる店は珍しいのでは。今回は郷愁を誘うような居心地の良い店2店舗を紹介しよう。



温かみのある手料理に人が集まる「ポパイ」

まずは投稿をいただいた「ポパイ」を目指し、編集部・小島とともに神奈川区片倉2丁目へ向かった。

 

横浜市営地下鉄ブルーライン片倉町駅から徒歩7分
 

投稿には「夜はいつも混んでいる」とのことで午後7時におじゃました。この日はあいにくの雨で先客は1人。「まぁ、のんびり休んでいきなさいよ」とマスターの吉野優(よしの・まさる)さん。

 

ヒゲをたくわえた吉野さんの穏やかな口調と笑顔に和む
 

木の温かみを感じられる店内は、カウンター席と2人掛けの小さなテーブル席のみ。

常連さんの写真や本などが雑多に置かれている。そんな風景にも古き良き時代の面影を感じる。ザ・昭和の雰囲気が漂うが、意外にもオープンは1998(平成10)年9月8日とのこと。

 

吉野さんの趣味の旅行や絵画の本などがある
 

目の前で淹れてくれるコーヒーを味わいながらお話を伺う。ホットのコーヒーはアメリカンコーヒー(300円)のみ。

コーヒーへのこだわりを聞くと、「1人でやってるから、アメリカンコーヒー1種類しかないんですよ」と吉野さん。こだわりなんて語らせるのはヤボといわんばかりに微笑みをたたえて出してくれた。

 

飲みやすいアメリカンコーヒー
 

口あたりは良いが、のど越しでしっかりとコクを感じる。ほんのりと柔らかい酸味があり、後味はすっきり。花冷えの4月に体の芯から温めてくれた。

続いて、店の名が付いている冠メニューの「ポパイカレー(800円)」をお願いした。カレーはこのほかに、ローストビーフカレー(800円)やチキンカレー(700円)などもある。オムライス(800円)やバターロールのローストチキンサンド(1個150円)なども人気だ。

 

カウンター上のメニューをチェック
 

フードが充実しているのは、吉野さんが以前に東京都内の恵比寿などで、サインドイッチ店やレストランを営んでいた経験があるから。

「大きな規模でスタッフを雇うといろいろと経営が大変だからね。地元の横浜に帰って好きなように1人でこぢんまりとした店をやろうと思ったんですよ」と語る。

 

こぢんまりとした山小屋のような雰囲気
 

吉野さんは1人ですべてを切り盛りしているが、休みは不定休で1ヶ月~2ヶ月に1日程度しか休んでいないという。「気付けば最高で278日(約9ヶ月)続けて営業していたことがあって、自分でもビックリした(笑)。海外旅行をするときにまとめて休むときはありますけどね」と、吉野さん流の営業スタイルを貫いている。

5分少々でポパイカレーが運ばれてきた。「ポパイ」とはそういうことか。ふわふわの玉子とベーコンと相まったホウレン草が主役ともいえるカレーだ。

 

ホウレン草を食べ「ポパイ」のように元気が沸いていくる
 

ちなみに店名の「ポパイ」の由来は、先に奥さまが「オリーブ」という飲食店を営んでいてつけたという微笑ましい理由がある。

「口では甘めに感じ、のど越しで辛味がくるようなルーに仕上げているんですよ」と吉野さん。

ほろほろっとルーに溶け込んだような牛肉の旨みがあり味わい深い。バターの風味が漂うホウレン草と塩コショウで味付けされたベーコンと玉子。1つひとつは素朴な味わいだが、カレーと一緒に口に入れるとそれぞれの素材の美味しさが掛け合わされる。

 

ふわとろの玉子とホウレン草がカレーに合う
 

「美味しい! ありそうでなかった味わい」と小島
 

小島と絶賛していると「いやぁ、家庭でも作れそうな味でしょう」と謙遜気味の吉野さん。フードのレシピをお客さんに聞かれたら、惜しみなく教えているそうだ。ペロリと完食すると「お粗末さまでした」と小さく言いながらお皿を下げた。

それから「いい子にしていると出てくるんですよ」と、サービスのデザートを出してくれた。

 

サービスで出している、リンゴとレーズンのケーキはやさしい味
 

「ホットケーキに具材を入れて作る要領で、簡単にフライパンでできるからね」と教えてくれた。
吉野さんの料理のアイデアは海外旅行などで美味しいものを食べたときに受けたインスピレーションを大切にしているとのこと。可愛らしい手書きの旅行記に食したものが記されていた。

 

イラスト入りの食日記を見せてくれた
 

海外の画家ミュシャ(チェコ)の話などしてくれた。教養が増えるよう
 

旅行や絵画、革細工などの話を楽しみ、デザートまで食べている間に訪れたお客さんは合計4人。驚くのは、吉野さんが全員の名前や食事の好みを覚えて接していること。

常連さんにはホワイトソースの入ったオムライスの「裏メニュー」を特別に用意していた。
「初めてのお客さんで『裏メニューありますか?』という人がいるけど、本来裏メニューは常連さんの好みを知った上で先回りして出すものだと思うんですけどねぇ」と苦笑い。

「それ、美味しそうだね」と、隣に座ったお客さん。常連さん同士がカウンターで話に花を咲かせていた。

 

常連さんの好みに合わせて調理
 

2杯目は違うカップで出されるのも面白い
 

「1人で来る方が多いんですが、この店で知り合って結婚したお客さんが4組いるんですよ」と嬉しそうに吉野さんが話す。

美味しいメニューはもとより、マスターの人柄にお客さんが集まり縁ができているようだ。まさに片倉町のオアシスであった。

 

ほとんどのメニューがテークアウトできるのも嬉しい
 

 
続いては、戸塚にある老舗コーヒー店に!
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事