ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

結構な頻度で行われているキリンビール横浜工場の「ビールづくり体験教室」。素人が作ったビールってどんな味になるの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

初めての参加でも1日かけて専門家が指導してくれる。おいしくできたかどうかは6週間後に再レポート!

ライター:田中 大輔 (2017年06月07日)

はまれぽでもこれまでにお伝えしてきたとおり、さまざまな企画でビールファンを楽しませてくれるキリンビール横浜工場。
 


いつもお世話になっています
 

その中のひとつに、「ビールづくり体験教室」がある。名前の通り、参加者たちが自分の手でビールを作る体験ができるという人気の催しで、以前もレポートした。

今回はビールづくり体験の様子から、実際に約6週間後、参加者の手元にオリジナルビールが届き、その味を楽しむところまでを密着レポート。その第1弾、先日キリンビール横浜工場で行われた「ビールづくり体験教室」の様子をお届けしよう。



参加困難!? 高倍率の人気イベント

このイベントは、毎週土曜日・日曜日および第1水曜日に定期的に行われているもの(そのほかに、臨時休講の場合あり)。4~6名のグループ単位での申し込みが必要で、参加費はビール代や当日の昼食代なども込みで2万円となっている。
 


参加者は、横浜工場内の建物に集合して体験スタート!
 

無料で楽しめる工場見学とは違って参加費の必要なイベントだが、それでも7倍から10倍ほどの倍率で、抽選になるほど人気を集めているそうだ。

自分たちで作ったビールは体験後、発酵や各種検査を経て、およそ6週間後に手元に届けられることになっている。体験教室に参加したその日だけでなく、その後の1ヶ月半をワクワクしながら過ごせるところも、このイベントの人気の秘密なのかもしれない。
 


完成したビールはオリジナルボトルに入れられて届けられる
 

取材に訪れたこの日は、なんと1633回目の開催。6人のグループが5組集まり、ビールづくりに挑戦した。



ビールづくり、前半戦スタート

横浜工場に集合した参加者たちは、まずは座学でビールづくりに関する簡単な説明を受ける。造るビールをピルスナー、ボヘミアンピルスナー(キリンビールでは「横浜ビアザケ」の通称で呼ばれる)、ボック、黒、赤の5種類から選ぶことができるというのも、この教室の特徴。

例えば、ビアザケは苦みが強い、赤は軽めの口当たり、ボックは重厚など、それぞれに味わいが違うので、グループごとに1種類、どのビールにするか話し合って決める。
 


まずはお勉強。どのビールを作るかもココで決める
 

キリンビールのスタッフによると、手作りの場合は同じ種類のビールを選んだとしても少しずつ違った味になるそうだから、そこもまた手作りの楽しみになりそうだ。

説明を受け、どのビールを作るか決まったら、教室に移動して、いよいよ作業に移って行く。それぞれのグループに経験豊富なビール造りのプロがインストラクターとして付くので、初心者でも安心してビールづくりを楽しむことができる。
 


グループごとにエプロンを付けて、いざ開始
 


キリン自慢のベテラン講師が各グループに付きっきり
 

まずは、大きな鍋にお湯を張り、その中に麦芽を入れて煮込んでいく。こうすることで、麦芽のデンプンを糖に変化させていくのが目的だ。

意外に力と根気のいる作業だが、合間合間でインストラクターがビールに関する知識を教えてくれたりするので、和気藹々(あいあい)とした雰囲気。
 


楽しみながら、麦芽をグルグルかき混ぜていく
 

例えば、ビールの種類によって使われる麦芽の種類が異なるが、元はすべて同じ二条大麦なのだそうだ。乾燥時の熱の掛け方によって、ピルスナー麦芽やカラメル麦芽などに分かれていくんだとか。

そんなマメ知識に感嘆の声を上げながら作業は進み、糖化が上手くできたら、大きな装置に麦汁を入れてろ過していく。
 


味見中。麦芽を煮ただけなのに甘くなる不思議!
 

ちなみに、こうしてろ過されて最初に出てくるのが、キリンの代名詞でもある「一番搾り」麦汁だ。
 


ろ過装置にドロドロの麦汁を移し換えていく
 


こちらが抽出された一番搾り麦汁
 

午前中は、ろ過した麦汁に“ビールの魂”とも呼ばれるホップを投入して作業終了だ。
 


みんなでホップを添加して、午前中の作業はおしまい
 


まだまだ続くビールづくり・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜のクラフトビールが飲める醸造所があるって本当?

横浜でビールと料理が絶品の「パブ」はどこにある?

「スプリングバレーブルワリー」でしか体験できない極上ビール