ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    羽衣町にワンタンスープ専門店「くぬぎ屋」があります。券売機を見たら雲呑麺は無く雲呑スープだけがある事がわかりました。何故スープだけなのかがキニナリます。

    bjさん

    三ツ境のOKストア裏手にある「イレブン」というお店は、カラオケだけでなく骨盤矯正を売りにしている模様で前を通るたびにキニナります。更に結婚式を無料で挙げられる!らしいのですが、果たして実績があるのか、...

    町田県民さん

    横浜駅の東急線改札の上にいつの間にか出来てる「ロイヤルラウンジ 横浜」。あれは何でしょう?何もない場所にラウンジとは?ちょっと近寄りがたい雰囲気なので調べて欲しいです。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

今年の横浜DeNAベイスターズは何位? CS出場可能?

まだあきらめない! ここから優勝でしょ!
2位に入って、目指せ! 本拠地CS開催!
今年も3位で、CS出場!
4~5位に転落するかも!?
まさか・・・最下位?
興味ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
3位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
4位
【随時更新】横浜市長選挙の詳細をレポート!
5位
日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!
6位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
7位
横浜市の住民税って高いの?
8位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
9位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
10位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
11位
横浜市職員の給料は高いのか!?
12位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
13位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
14位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
15位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
16位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
17位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
18位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
19位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
20位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
21位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
22位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
23位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
24位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
25位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?
26位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
27位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
28位
本郷台駅の公務員住宅「南小菅ヶ谷住宅」跡地はどうなる?
29位
川崎と横浜とのイメージの違いとは?
30位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

結構な頻度で行われているキリンビール横浜工場の「ビールづくり体験教室」。素人が作ったビールってどんな味になるの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

初めての参加でも1日かけて専門家が指導してくれる。おいしくできたかどうかは6週間後に再レポート!

ライター:田中 大輔 (2017年06月07日)

はまれぽでもこれまでにお伝えしてきたとおり、さまざまな企画でビールファンを楽しませてくれるキリンビール横浜工場。
 


いつもお世話になっています
 

その中のひとつに、「ビールづくり体験教室」がある。名前の通り、参加者たちが自分の手でビールを作る体験ができるという人気の催しで、以前もレポートした。

今回はビールづくり体験の様子から、実際に約6週間後、参加者の手元にオリジナルビールが届き、その味を楽しむところまでを密着レポート。その第1弾、先日キリンビール横浜工場で行われた「ビールづくり体験教室」の様子をお届けしよう。



参加困難!? 高倍率の人気イベント

このイベントは、毎週土曜日・日曜日および第1水曜日に定期的に行われているもの(そのほかに、臨時休講の場合あり)。4~6名のグループ単位での申し込みが必要で、参加費はビール代や当日の昼食代なども込みで2万円となっている。
 


参加者は、横浜工場内の建物に集合して体験スタート!
 

無料で楽しめる工場見学とは違って参加費の必要なイベントだが、それでも7倍から10倍ほどの倍率で、抽選になるほど人気を集めているそうだ。

自分たちで作ったビールは体験後、発酵や各種検査を経て、およそ6週間後に手元に届けられることになっている。体験教室に参加したその日だけでなく、その後の1ヶ月半をワクワクしながら過ごせるところも、このイベントの人気の秘密なのかもしれない。
 


完成したビールはオリジナルボトルに入れられて届けられる
 

取材に訪れたこの日は、なんと1633回目の開催。6人のグループが5組集まり、ビールづくりに挑戦した。



ビールづくり、前半戦スタート

横浜工場に集合した参加者たちは、まずは座学でビールづくりに関する簡単な説明を受ける。造るビールをピルスナー、ボヘミアンピルスナー(キリンビールでは「横浜ビアザケ」の通称で呼ばれる)、ボック、黒、赤の5種類から選ぶことができるというのも、この教室の特徴。

例えば、ビアザケは苦みが強い、赤は軽めの口当たり、ボックは重厚など、それぞれに味わいが違うので、グループごとに1種類、どのビールにするか話し合って決める。
 


まずはお勉強。どのビールを作るかもココで決める
 

キリンビールのスタッフによると、手作りの場合は同じ種類のビールを選んだとしても少しずつ違った味になるそうだから、そこもまた手作りの楽しみになりそうだ。

説明を受け、どのビールを作るか決まったら、教室に移動して、いよいよ作業に移って行く。それぞれのグループに経験豊富なビール造りのプロがインストラクターとして付くので、初心者でも安心してビールづくりを楽しむことができる。
 


グループごとにエプロンを付けて、いざ開始
 


キリン自慢のベテラン講師が各グループに付きっきり
 

まずは、大きな鍋にお湯を張り、その中に麦芽を入れて煮込んでいく。こうすることで、麦芽のデンプンを糖に変化させていくのが目的だ。

意外に力と根気のいる作業だが、合間合間でインストラクターがビールに関する知識を教えてくれたりするので、和気藹々(あいあい)とした雰囲気。
 


楽しみながら、麦芽をグルグルかき混ぜていく
 

例えば、ビールの種類によって使われる麦芽の種類が異なるが、元はすべて同じ二条大麦なのだそうだ。乾燥時の熱の掛け方によって、ピルスナー麦芽やカラメル麦芽などに分かれていくんだとか。

そんなマメ知識に感嘆の声を上げながら作業は進み、糖化が上手くできたら、大きな装置に麦汁を入れてろ過していく。
 


味見中。麦芽を煮ただけなのに甘くなる不思議!
 

ちなみに、こうしてろ過されて最初に出てくるのが、キリンの代名詞でもある「一番搾り」麦汁だ。
 


ろ過装置にドロドロの麦汁を移し換えていく
 


こちらが抽出された一番搾り麦汁
 

午前中は、ろ過した麦汁に“ビールの魂”とも呼ばれるホップを投入して作業終了だ。
 


みんなでホップを添加して、午前中の作業はおしまい
 


まだまだ続くビールづくり・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事