検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
保護タヌキのハマー君、野毛山動物園で保護活動のお手伝い!

ココがキニナル!

市内で保護されたタヌキが、車いすに乗って野毛山動物園で職員さんのお手伝いをしている!? (はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

職員さん手作りの歩行器具に乗り、日本の野生動物の現状を広めるお手伝いをしているハマー君。ガイドはハマー君の体調や天候を考慮し不定期で実施

  • LINE
  • はてな

2018年03月06日

ライター:はまれぽ編集部

野毛山動物園といえば、しろくまの家や、展示しているカメの半数が密輸保護個体どうしてゾウがいないの?など、さまざまなキニナルに回答していただいた、横浜市民の身近にある動物園だ。
 


1951(昭和26)年開園の老舗動物園

 
そんな野毛山動物園で、保護されたタヌキが車いすのようなものに乗り、職員さんのお手伝いをしているという噂を耳にした。
どんな経緯で野毛山動物園に保護されたのか、どんなお手伝いをしているのか、タヌキ用の車いすってどんなものなのか、いろいろとキニナル!

噂の真相を野毛山動物園に問い合わせると、確かに保護したタヌキが不定期で職員さんのお手伝いをしているそうだ。
 


お手伝いの日を狙って、野毛山動物園へ

 
入り口から少し進んだところに、レッサーパンダが展示してあるエリアがある。
 


写真右側がレッサーパンダのエリア

 
事前にうかがった情報によると、その隣にある大きな木の周辺がよくお手伝いをしている場所らしい。
そして、そこへ・・・。
 


獣医さんに抱っこされたタヌキが登場!


足元には「車いす」らしき用具

 
この、ちょっと不思議な光景にぞろぞろと人が集まり始める。
 


何が始まるのかな~?

 
人が少し集まったところで、獣医さんの隣にいた飼育員さんが、「これから傷病鳥獣(しょうびょうちょうじゅう)ガイドを始めたいと思います」と、話し始めた。
 


傷病鳥獣って・・・何?

 
「傷病鳥獣とは、傷や病を負った鳥や獣のことです。野毛山動物園では、人間の活動が原因で傷を負ってしまった鳥獣を保護しています。このガイドでは、その保護活動について皆さんに少しでも知っていただけたらと思っています。そして私の隣にいるのは、2016(平成28)年に市内で保護された、ホンドタヌキのハマーです」と飼育員さん。
 


「ハマーを通して、身近な野生動物への理解を深めていただきたいです」

 
どうやら、傷病鳥獣として野毛山動物園に保護されたハマー君が、同じように保護される動物たちを知ってもらうお手伝いをしているようだ。

ガイドの内容は、どういった傷病で保護されるのか、保護対象の鳥獣、保護した後の飼育についてなど、ここで聞かなければ知る機会がないようなことばかり。
 


春から夏にかけてが一番問い合わせが多いとのこと

 
ハマー君は、2016(平成28)年6月21日に西区の消防出張所敷地内でうずくまっていた所を発見されたという。日中にも関わらず、体は冷え切っており、体重は214グラムの幼獣だったそうだ。
 


小さいころのハマー君。成長過程で3回ほど瀕死の状態になったという


「現在は5kgまで体重が増えました!」

 
発見された日の翌22日に野毛山動物園へやってきたハマー君。

脳の障害があると思われ、姿勢を保つことができず、立って歩くことが難しいようだ。
 


四肢ともにそれぞれは動かすことができるため、足自体の障害ではないと考えられる

 
壁などに寄りかかって立つことはできるそうだが、立った状態でバランスを保つことが難しいため、保護当時の職員が手作りの歩行器具を作ったという。
 


ハマー君の成長に合わせて改良を重ねた歩行器具

 
これが噂の「車いす」の正体というわけだ。では、実際に歩行器具に乗ったハマー君の様子を見てみよう。
 
 
元気良く動くハマー君の様子≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

野毛山動物園は無料なのにどうやって入場者を数えているの?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

野毛山動物園で亡くなった動物の遺体ってどうなるの?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜にはどんな野生動物がいる?

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

横浜に野生のハクビシンが急増しているって本当?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

元町百段公園が伝える横浜の光と影

    • 面白かった219
    • 面白くなかった3
    • コメント1
  • 2019年06月24日

「社員寮」のある会社は働きやすい?とある横浜の建設会社の「社員寮」に潜入してきた!

    • PR
  • 2019年06月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

気功で痛みを和らげる!? 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート!

  • PR

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

独特の発想と企画力で業界の若返りを! タクシーの未来を創造する「三和交通」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 東海道貨物線の旅客化は検討が進んでいるのでしょうか。りんかい線と貨物線をつなげるだけでも、横浜から車...

  • 大口の超レトロな喫茶室「鹿鳴館」がキニナル。メニューは飲み物だけで、マスターは御年93歳という噂。

  • 東戸塚地区センター前の道路と東戸塚駅の横須賀線線路が交わる線路下トンネル付近で、コンクリートの合間や...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング