検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
保護タヌキのハマー君、野毛山動物園で保護活動のお手伝い!

ココがキニナル!

市内で保護されたタヌキが、車いすに乗って野毛山動物園で職員さんのお手伝いをしている!? (はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

職員さん手作りの歩行器具に乗り、日本の野生動物の現状を広めるお手伝いをしているハマー君。ガイドはハマー君の体調や天候を考慮し不定期で実施

  • LINE
  • はてな

2018年03月06日

ライター:はまれぽ編集部

野毛山動物園といえば、しろくまの家や、展示しているカメの半数が密輸保護個体どうしてゾウがいないの?など、さまざまなキニナルに回答していただいた、横浜市民の身近にある動物園だ。
 


1951(昭和26)年開園の老舗動物園

 
そんな野毛山動物園で、保護されたタヌキが車いすのようなものに乗り、職員さんのお手伝いをしているという噂を耳にした。
どんな経緯で野毛山動物園に保護されたのか、どんなお手伝いをしているのか、タヌキ用の車いすってどんなものなのか、いろいろとキニナル!

噂の真相を野毛山動物園に問い合わせると、確かに保護したタヌキが不定期で職員さんのお手伝いをしているそうだ。
 


お手伝いの日を狙って、野毛山動物園へ

 
入り口から少し進んだところに、レッサーパンダが展示してあるエリアがある。
 


写真右側がレッサーパンダのエリア

 
事前にうかがった情報によると、その隣にある大きな木の周辺がよくお手伝いをしている場所らしい。
そして、そこへ・・・。
 


獣医さんに抱っこされたタヌキが登場!


足元には「車いす」らしき用具

 
この、ちょっと不思議な光景にぞろぞろと人が集まり始める。
 


何が始まるのかな~?

 
人が少し集まったところで、獣医さんの隣にいた飼育員さんが、「これから傷病鳥獣(しょうびょうちょうじゅう)ガイドを始めたいと思います」と、話し始めた。
 


傷病鳥獣って・・・何?

 
「傷病鳥獣とは、傷や病を負った鳥や獣のことです。野毛山動物園では、人間の活動が原因で傷を負ってしまった鳥獣を保護しています。このガイドでは、その保護活動について皆さんに少しでも知っていただけたらと思っています。そして私の隣にいるのは、2016(平成28)年に市内で保護された、ホンドタヌキのハマーです」と飼育員さん。
 


「ハマーを通して、身近な野生動物への理解を深めていただきたいです」

 
どうやら、傷病鳥獣として野毛山動物園に保護されたハマー君が、同じように保護される動物たちを知ってもらうお手伝いをしているようだ。

ガイドの内容は、どういった傷病で保護されるのか、保護対象の鳥獣、保護した後の飼育についてなど、ここで聞かなければ知る機会がないようなことばかり。
 


春から夏にかけてが一番問い合わせが多いとのこと

 
ハマー君は、2016(平成28)年6月21日に西区の消防出張所敷地内でうずくまっていた所を発見されたという。日中にも関わらず、体は冷え切っており、体重は214グラムの幼獣だったそうだ。
 


小さいころのハマー君。成長過程で3回ほど瀕死の状態になったという


「現在は5kgまで体重が増えました!」

 
発見された日の翌22日に野毛山動物園へやってきたハマー君。

脳の障害があると思われ、姿勢を保つことができず、立って歩くことが難しいようだ。
 


四肢ともにそれぞれは動かすことができるため、足自体の障害ではないと考えられる

 
壁などに寄りかかって立つことはできるそうだが、立った状態でバランスを保つことが難しいため、保護当時の職員が手作りの歩行器具を作ったという。
 


ハマー君の成長に合わせて改良を重ねた歩行器具

 
これが噂の「車いす」の正体というわけだ。では、実際に歩行器具に乗ったハマー君の様子を見てみよう。
 
 
元気良く動くハマー君の様子≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

野毛山動物園は無料なのにどうやって入場者を数えているの?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

野毛山動物園で亡くなった動物の遺体ってどうなるの?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜にはどんな野生動物がいる?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

横浜に野生のハクビシンが急増しているって本当?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

神奈川県がワインの生産量日本一って本当? その理由とは

    • 面白かった139
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年10月15日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

30年以上前に横浜を席巻したブランド「FREEWAY428」の期間限定イベントを徹底レポート!

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

走ることが自己表現だった、あの頃・・・当時のバイクをビンテージとして復刻する「スキャン」

  • PR

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市の指示通り、プラごみの分別を徹底していますが、そのプラごみが結局どうリサイクルされているかは誰...

  • 今年も小机城趾市民の森にて10月27日(土)に17時~20時に竹灯籠まつりが開催されます。5,000...

  • 関内にある梅香亭が閉店してから、かなり経ちますがまだ店が時間止まったように建物ごと残っています。なる...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント