ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

    はま弁必要ですか?家庭弁当が基本、家庭弁当は親子の絆を深めるなどと苦しい言い訳から今度ははま弁導入したからもっと利用して欲しい利用者を増やしたいって言ってる事がめちゃくちゃな気がするんですが。当日注文...

    ちゃたろうさん

    川崎区の神奈川県議会議員が高校生をひき逃げしたというショッキングなニュースがありました。立ち去る際に1万円を渡していたという続報や、警察に連絡しなければならない義務を「知らなかった」としているのにもビ...

    mimiaさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

ラーメン道という果てしない道を走り続けるランナーたち。その生き様と渾身の一杯を店主同士のリレー形式でお届けしていく全8回の新企画!

ライター:はまれぽ編集部 (2018年03月27日)

ラーメンは奥が深い。深すぎて、深みにはまると容易に出られない。

編集部・ツノオリがラーメンに恋をしたのは、2011(平成23)年。あるラーメン店で運命的な出会いをしたことがキッカケだ。
その店は、藤沢市鵠沼にある「麺やBar 渦(めんやばー うず)」。
 


神奈川県有数のラーメン人気店

 
縁あって渦のスタッフとしてお世話になることとなったのだが、実は渦に入るまではラーメンが苦手だったのだ。

じゃあ、なんでラーメン屋さんで働くんだよ! と突っ込まれるかもしれないが、ラーメンではなくお店やそこで働く人そのものが好きだったのだ。
 


2012(平成24)年の渦花見。みんな音楽が大好きだった(右が筆者)

 
そしてその日は突然やってきた。
ほんの気まぐれで食べた「すっぴん」という、ネギやメンマなど何も入っていないラーメンが、めちゃくちゃ美味しかったのだ。
あっさりしているのにコクのある醤油スープと、しなやかでコシのある細麺。気付けば器にはスープ一滴も残っていなかった。まるで雷に打たれたような衝撃を今でも鮮明に覚えている。あれが筆者の初恋ラーメンだ。そこから筆者のラーメン人生が始まった。

・・・と、個人的な思い出話はここまでにして。
筆者に本物のラーメンを教えてくれた「麺やBar 渦」が、2018(平成30)年3月31日に閉店することとなった。
 


2006(平成18)年6月に開店してから11年余り

 
それを機に、長年あたためていた企画をスタートすることに決めた。
企画名は、「らぁ麺ランナーズ」。人気ラーメン店の店主が、“感銘を受けた美味しいラーメン店”をリレー形式で繋いでいく企画だ。
ラーメンはもちろん、店主の人柄にもスポットをあて、全8回の連載でお送りする。

その記念すべき第一走者を、「麺やBar 渦」の大西芳実(おおにし・よしみ)氏に務めていただく。
 
 
 
大西芳実
 
1977(昭和52)年11月12日、神奈川県藤沢市で産声を上げた大西氏。父は、大西氏が高校1年生のときに脱サラをして、地元・藤沢に「七重の味めじろ」というラーメン店をオープンした。
弟は、東京の巣鴨で「Japanese Soba Noodles 蔦(ジャパニーズ ソバ ヌードル つた)」というラーメン店を営んでおり、正真正銘のラーメン一家。

そんな大西氏は、2006年に小田急江ノ島線「本鵠沼駅」でラーメンとお酒を提供するラーメンダイニング「麺やBar 渦」を、2014(平成26)年には、藤沢市辻堂でラーメン専門店「麺や 渦雷(うずらい)」を開業。現在は渦雷でラーメン作りに専念している。
 


JR「辻堂駅」から徒歩9分、渦雷へとやって来た

 
取材日はお店の定休日。店内には、仏像アーティストの友人によって白衣観音や風神雷神が描かれている。
 


あたたかな光が降り注ぐ店内

 
大西氏は、厨房で仕込みと限定ラーメンを試作していた。
 


筆者の初恋(ラーメンを作った)、大西氏

 
こんな風に厨房で話をするのは何年ぶりだろうか。嬉しいような小恥ずかしいような気持ちで取材をスタートした。
 
 
ラーメン哲学
 
まず、大西氏のラーメンと向き合う姿勢をうかがう。
「目指しているのは、味の純粋さを引き出すこと。スープをひとくち飲んだら口の中ではじけるような、香りや旨味の純度を高めたいと思っているかな。とても難しいことだけど、とことん追い求めたい」と、迷いなく答えてくれた大西氏。

仕事に対しては、「一生懸命なのは当たり前で、丁寧に仕事をすることを心がけているよ。手間はかかっても丁寧な仕事を積み重ねていけば、きっと後悔しないと思うから。それに、仕事に嘘をついたらラーメンの味に出ちゃうから(笑)」とのこと。
 


ラーメンに対してはかなりストイック

 
そんな大西氏の座右の銘は、「心が技術を超えない限り技術は活かされない」。
過去の自分を振り返り、「以前と比べて食材の扱い方や考え方、ラーメンの仕上げに対する姿勢が大きく変わった」と話す。そこには、大西氏が追い求めている“一杯”が影響しているようだ。
 
 
尊敬する人
 
「親父のラーメンを未だに追い求めていると思う。尊敬する人はたくさんいるけど、やっぱり一番は親父かな」。尊敬する人に、父親の名を挙げた大西氏。
かつては父親の経営するラーメン店で修業をしていたこともあるが、「当時はラーメンを理解していなかった。親父はいろんなこと教えてくれたけど、自分の受け皿が整っていなかったと思う」という。

今までもこれからも、永遠のライバルは「弱音を吐く弱い自分」なのだとか。「朝、目覚ましが鳴った時に、『もう少し寝ていたい・・・』と思ってしまうことがある。そういう時、自分はまだまだだな、って思うね」と、ちょっと身近に感じる一面も見せてくれた。
 


技術を活かすために心を鍛えることもラーメン作りの一環

 
「麺やBar 渦」の閉店を決めたことも、今後を見据えての判断だったという。
大西氏は、「後悔はひとつもない。でも、反省点はたくさんある。閉店の理由はいろいろとあるけれど、一番はラーメン作りに集中できる環境を作りたかった。たくさんの方に愛してもらったお店を畳むことで、腹を決めることができたかな」と、前向きな気持ちを語る。
 


渦雷では念願だった自家製麺に着手している

 
人生の半分近くをラーメンに捧げてきた大西氏。そんな大西氏の渾身の一杯とは・・・。
 
 
大西氏、渾身の一杯≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事