検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
「禁止」を減らして自由に遊ぶ! 横浜で行われる「プレイパーク」の取り組みとは?

ココがキニナル!

禁止事項をできるだけなくし子供たちに公園を開放する『生き生きプレイパーク』は、火起こしや水遊びなどやりたい放題。今どき素晴らしい試みだと思うので取り組みへの経緯や苦労などが知りたい(Dr.胡椒さん)

はまれぽ調査結果!

プレイパークは、子どもたちが日頃禁止されることも含め、さまざまな経験を積める場所。遊びを通じて子どもたちの「自分で考える力」を育む取り組みだった

  • LINE
  • はてな

2018年12月08日

ライター:田中 大輔

ボール遊びは禁止、たき火なんてもっての外。中には「遊戯禁止」や「飲食禁止」というルールまであるという、昨今の公園事情。背景にはさまざまな事情があってのことだろうが、現実問題として公園でできる遊びが減ってきているのは事実。

そんな、一昔前に比べて屋外で自由に遊べる空間が減り、家の中でできる遊びの種類が増えている時代にあって、子どもたちが屋外で思い切り遊ぶための取り組みが行われている。「極力禁止事項をなくす」を旗印に、自分の責任で自由に遊べる場所。それが「プレイパーク」だ。
 
 
 
プレイパークってどんな場所?
 
プレイパークは特定の公園を指すわけではなく、公園を会場に定期的に開かれている取り組み。
できるだけ「禁止!」を減らす方針で、公園内の地形や施設、樹木などを活用して、子どもたちがやりたいと思うことを本人たちの責任で行うことができる。
 


プレイパークは無料で誰でも自由に参加することができる

 
プレイパーク自体はほかの都市でも行われている取り組みで、元々は1940年代にデンマークで始まった活動だ。70年代に日本にも伝わり、横浜市内では現在、25の団体がプレイパークを運営しているそうだ。
この運営団体というのは地域の有志によるボランティア団体。2001(平成13)年には各団体をまとめる「横浜にプレイパークを創ろうネットワーク(YPC)」が作られ、その後YPCから市に働きかけ、現在はこども青少年局と環境創造局が協働という形で活動を支援している。つまり、市の主導ではなく、有志の市民が主導する活動というわけ。
 


25の団体のネットワークをつなぐのが、YPCの役割

 
今回は、YPCの代表であり、港南区内でプレイパークを運営する「港南台生き生きプレイパーク」の体表でもある岡野富茂子(おかの・ともこ)さんにお話を聞いた。
 
 
 
「自分で考える力」を
 
「港南台生き生きプレイパーク」の会場は港南台中央公園内の広場と斜面上の竹林で、火・水・木曜と第一・第三土・日曜に開催されている。他会場では週に一度や月に一度というところも多いそうだから、これは市内ではトップクラスの開催頻度。1日辺りおよそ100人が遊びにやってくるほどだ。
 


長年活動に携わっている岡野さん
 

港南台中央公園では広々とした空間で、思い思いに楽しむことができる

 
プレイパークではどんなことができるかと言うと、例えばたき火をしたり、砂場に水を流し込んで泥んこ遊びをしたり、木にロープを張ってブランコを作ったりとさまざま。ボール遊びもできるし、もちろん公園備え付けの遊具で遊んだって構わない。
 


思わず「危ない!」と言ってしまいそうなブランコも人気

 
「禁止事項を極力なくす」というのがプレイパーク最大の特徴でもあるから、たいていのことに挑戦ができる。
大人からするとちょっと心配もあるが、「子どもたちのやりたいと思うことができるように、というのがベースにある」と話す岡野さんは、「少しはケガをすることもあるかもしれませんが、自由に遊ぶ中で状況判断や危機管理を学んで、自分で考えることの大切さを知ってほしい」と続ける。

もちろん、大ケガにつながるような危険があれば大人が声をかける。ただ、「同じ年齢でもノコギリを上手に使う子もいれば、危なっかしい子もいる」から、“○歳以下はコレ禁止!”といった一律のルールというのは設けていないそうだ。
 


近くでお母さんが見守っていると言え、慣れた様子でたき火をつつく男の子

 
また、安全管理の方法にもいろいろな工夫が見える。
例えば、公園内の物置には縄梯子を使って誰でも上がれるようになっているが、わざと縄梯子の段差を広くして使いにくくしている。
 


実際に登ってみたが、大人でもちょっと苦労する作り

 
これだと、一定の体格や体力がないと物置に上ることはできない。大人が頭ごなしに「ダメ」と言うのではなく、本人がやってみたけどダメだった、となるような工夫が見て取れるわけだ。
 
 
プレイパークの魅力はまだまだたくさん・・・キニナル続きは次のページ≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

猛暑日でも元気に走り回れる! 汚れず裸足で虫取りができる綱島

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

子どもと一緒に思いっきりはしゃげる川崎の遊び場に潜入!

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

相鉄・JR直通線の新駅「羽沢横浜国大(仮)」周辺の開発は進んでいるの?

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

みなとみらいをメルセデス・ベンツの「連節バス」が走る「バス利用感謝デー2014」をレポート!

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

新着記事

旭硝子の社名が変わったのに横浜・神奈川区のバス停「旭硝子前」がそのままの理由は?

    • 面白かった154
    • 面白くなかった3
    • コメント5
  • 2019年06月12日

相鉄線和田町駅の「令和元気食堂」ってやっぱり新元号にあやかった?

    • 面白かった95
    • 面白くなかった2
    • コメント2
  • 2019年06月14日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

予約不要で即日修理!「iPhone修理のクイック 横浜西口店」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

臨床歴17年。延べ8万人以上の豊富な経験と口コミで評判の整体院

  • PR

押しの弱い店長におっとり奥様!?みなとみらいに隣接する横浜市神奈川区の物件なら「タウンマッチホーム」

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

結婚相談所はモテない人の集まりじゃなかった! 理想の相手を“きちんと”見つけたい人必読!

  • PR

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 厚木市にある「あつぎのえいがかんkiki」では6月15日で支配人を含めアルバイト従業員が全員退職とい...

  • みなとみらいのロープウェイや小田急多摩線の延伸、シーサイドラインとブルーラインの事故が話題になってい...

  • 野毛山動物園にいるホンドタヌキは神奈川区で保護されたそうです。背中が脱毛していて痛々しい感じです。野...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング